【徹底比較!】QA vs テスター!それらの仕事内容から求められるスキルまで、両者の違いを解説します。

ITサービスにおいても高い品質が求められるようになりました。ソフトウェアの品質といえば、バグを無くすためにテスターが活躍していましたが、セキュリティなども含めた全体的な品質保証が必要になったのです。そして今、QAが注目されています。そこで今回は、QAとテスターの違いを、仕事内容やスキルといった観点から解説します。

 

QAとは

 

QAとは「Quality Assuracne」の略称で、品質保証を意味します。また、エンジニアとしては、ITサービスやソフトウェアといった成果物の品質を保証するエンジニアを指す名称です。

QAは、バグが無いことだけを保証するのではなく、ソフトウェアなどにおける開発プロセスやテスト工程、テスト結果の分析、顧客へのサービスなど、成果物に関わる全ての品質保証を担います

ただし、社内のエンジニアポジションとして明確に「QA」という名称を示している企業は少ないかもしれません。テストエンジニアという職種がQAの業務を含む場合もあるからです。これが、QAとテスターの違いが明確に意識できない原因になっています。

QAの重要さが認知されてきたのも近年ですので、掲載されている求人でもQAという名称が使われていない場合も多いのではないでしょうか。

その場合は、「テストエンジニア」や「品質管理」といった文言で検索することで、QAの業務を含む職種を見つけることができるはずです。

 

テスターとは

 

 

テスターとは、システムにおけるテスト項目を実施し、バグがあれば報告する業務を専門とします。

テストには単体テストや結合テスト、総合テストといった段階で、テストエンジニアが作成したテスト項目書をもとに、テストを実行してきます。

主な成果は“バグをなくすこと”です。システム規模が大きければそれだけ多数の項目を検証しなければなりませんし、途中でバグがあった場合には”再現性“を正確にトレースしなければなりません。バグの改修が終われば、もう一度テストを行います。

非常に根気の必要な作業ですが、製品として通用する品質レベルまで上げるためには絶対に必要な工程です。

 

QAとテスターの仕事内容の違い

 

 

QAとテスターの仕事内容が明確に分類できないという人もいます。それは、明確に業務内容が分かれていない企業も多いからです。QAに注目が集まる前は、そのほとんどをテストエンジニアが行なっていました。そして、テストエンジニアとテスターの違いすら意識できない環境も多かったのです。

QAとテスターの仕事内容の違いを簡単に表現すれば以下のようになります。

 

QA:完成した商品が実際の運用に耐えられる品質であることを保証する

テスター:完成を目指す商品の細かな不具合を見つけフィードバックする

 

順番としては、テスターが各工程のテストを実施し、バグのない製品をQAが実運用に近い環境で品質を保証するという流れです。もちろん、テスト設計書の品質に関してもQAが監督し、テスト項目の質もQAが担保します。

 

QAは品質保証

 

 

QAは、ソフトウェアなどの製品の品質保証をするエンジニアを指します。品質を保証するためには、製品が作られる工程もしっかりと監督する必要があります。ですので、品質計画という工程では、テスト設計書が目標とする品質を達成するために適していることも保証する立場にあります。

QAにおいて行うテストは、主に完成した製品の”品質“を試すものです。ですので、納品するお客様の運用環境と同じ条件下で業務に沿ったテストを行います。それは、仕様通りの動作であったり耐久性であったり、あるいはセキュリティレベルの品質を確かめます。

それぞれのテストを経て、品質を保証するのがQAなのです。

 

テスターはテストケースの実施

 

 

テスターは、テストエンジニアが作成し、QAが監督したテスト仕様書を元に作られたテストケースを、項目ごとに実施していきます。

その業務には、単体テストや結合テスト、総合テストまでが含まれ、仕様通りの結果にならないバグを発見した場合にフィードバックします。

テスターはそれら工程を繰り返すことで、製品の質を上げていくポジションです。

ソフトウェアを含むITシステムには、必ずバグがありますので、テスターは必要不可欠な存在なのです。

 

 

Geekly Media ライター

佐久森

3+