【徹底比較!】QA vs テスター!それらの仕事内容から求められるスキルまで、両者の違いを解説します。

ITサービスにおいても高い品質が求められるようになりました。ソフトウェアの品質といえば、バグを無くすためにテスターが活躍していましたが、セキュリティなども含めた全体的な品質保証が必要になったのです。そして今、QAが注目されています。そこで今回は、QAとテスターの違いを、仕事内容やスキルといった観点から解説します。

 

 

QAに求められるスキル

 

 

品質保証は製品を世に送り出す上で非常に重要なものです。ユーザーが製品を扱った際にクオリティの低さを感じれば“使えない”という評価になります。また、ただ評価が低いだけではなく、その製品に関連して引き起こされるセキュリティ状の問題や、既存サービスとの機能競合による不具合につながってしまう可能性もあるのです。

QAは、製品だけでなく、製品を利用する環境も把握して品質に気を使わなければなりません。そこで求められるスキルには以下のようなものが挙げられます。

 

・ユーザー視点に立つスキル

・コミュニケーションスキル

・プログラミングに関するスキル

 

などです。

 

ユーザーの視点に立つスキル

 

製品のクオリティは、利用するユーザーが評価するものです。QAはユーザーが使った時にどのような評価になるかを想定して、製品の品質をコントロールしなければなりません。

製品が仕様通りに動作することは大前提ですが、ユーザーの利用方法によっては想定外のオペレーションが発生することもあるでしょう。

仕様通りの動作であっても、ユーザーの行動が考慮できなければ満足度は得られません。もちろん、不可能なオペレーションを解決するという意味ではありません。

しかし、製品の“扱われ方”をユーザーの視点に立って検証することは、品質保証の一環でもあるのです。

 

コミュニケーションスキル

 

 

QAが行うテストのひとつには、完成した製品を実際の動作環境でオペレーションがあります。この時、仕様通りに動かなければもちろん開発エンジニアへのフィードバックが起こりますが、ユーザーを意識した上での“使いにくさ”や”品質の低さ“が見られた場合にも、どのように改善するかをフィードバックしなければなりません。

その際に必要なのは、コミュニケーションスキルです。品質を向上するために”どのような点をどのように改善“するのかを伝えるには、エンジニア同士のコミュニケーションが最も重要なものとなります。

 

プログラミングスキル

 

QAはプログラミングスキルも必要です。実際にQAがソースコードを書くようなことはありませんが、ソースを読むことで気付けることも多いのです。

プログラミングの経験を豊富に持つことで、プログラムの組み方を見ただけでシステムの歪み(バグ)になりそうな部分を早期発見できることもあるでしょう。脆弱な部分は早く発見できるほど、開発を効率化できるのです。

 

QAが取得したい資格

 

 

QAエンジニアが取得しておきたい資格もチェックしておきましょう。ここでは、代表的な3つの資格を紹介します。

 

JSTQB認定テスト技術者資格

 

JSTQB認定テスト技術者資格は、世界的な「ISTQB」と連携したテスト技術者資格として認定を行なっています。

テスト技術力を向上させることで、ソフトウェア業界における技術力向上を目指している資格試験です。

 

ソフトウェア品質技術者資格

 

ソフトウェア品質技術者資格は、システム開発に関わる全てのエンジニアが「品質向上」についての知識を有することを目的にしています。

もちろんQAエンジニアにとっては、取得しておくべき資格試験です。

 

IT検証技術者認定試験

 

IT検証技術者認定試験は、テストエンジニアの技術を認定するための資格試験です。QAはもちろん、テストエンジニアとしての能力は必須の職種ですので、IT検証技術者認定試験も取得しておくことをおすすめします。

 

まとめ

 

 

QAとテスターの違いは、システムの検証レベルの違いです。また、テスターが行うテストケース自体の品質もQAの管理下にあるといっても過言ではないでしょう。

テスターはシステムが完成するまでの一つ一つの機能を検証し、QAはそれら全体を監督しながら、完成したシステムに対してより実践的な角度から検証をし、品質を保証するのです。

QAというポジションを目指す場合には、テスターやプログラマーからスタートすることで、QAに最低限必要なスキルを身につけることができます。QAとテスターの違いを意識して「QA」を目指すことで、必要な視点も身につけられるでしょう。

Geekly Media ライター

佐久森

3+