【必見!】未経験からWebデザイナーへのキャリアパスを徹底解説!転職活動の方法や身に着けるべきスキルを紹介します。

実績やキャリアが無くても未経験からのWebデザイナーになる事が実現可能です。資格いらず&キャリアパスが誰でもいつでもおこなえる理由を紹介します。一般的に知られている業務から知られていない業務まで、他にも転職&キャリアパスする上での働き方を3つ紹介。また、Webデザイナーを志す者が習得できるスキルを紹介致します。

 

身に付く2つの力

 

①相手の希望を読み取る力&提案力

 

 

主な仕事はクライアントから依頼された依頼内容通りにサイトページのデザインを任せてもらい、仕事をこなしていくのがWebデザイナーの主な業務内容です。

そのためクライアントの要望を聞き、その希望に合ったWebサイトを作るデザイン能力や聞き取る能力も身に付きます。

他にもフリーで活躍する人であれば営業力を身に付けることができSEOなどのマーケティングスキルを活かした提案などが重要だと気づける人材にもなり、提案内容とその質も実践を積んでいくことにより向上し身に付けることが可能です。

更に対面時ではなくネット上でのメールやチャットでの提案力も向上する力が見込め非常に魅力的な力です。

 

②コーディング力&言語力

 

 

「HTML」&「CSS」はもちろん「javascript」や「PHP」などの言語も習得でき、様々な分野に応用可能な上に、現在進行系でこういった言語の需要も増加傾向にあり、身に付けて損はしない力といえます

更に言語を打つこむコーディング作業ではスピードが実績と作業量に応じて正確とスピードが向上し、Webデザイナーとしてのスキルはもちろんのこと、他の分野にもすぐ対応することが出来ることも魅力の一つです。

 

3つの働き方を紹介

 

①インハウスデザイナー

 

 

インハウスデザイナーに転職するメリットは「社内Webデザイナー」と言われる社内で自社の商品などを紹介販売するためのWebデザインを手がける職種です。

この雇用形態では特に記事の投稿頻度と新規サイト立ち上げが多いのが特徴的でジャンルも絞られた運営が多いのも珍しくありません。

この職種の存在理由として挙げられる要素はスムーズな打ち合わせが可能かついつでも作業状態や作業者の体調などを把握でき仕事の完成見込みや、進行状態の把握がスムーズな点にあります。

もちろん外注での仕事の方が仕事の質もスピードも早い方もいますが、安定して外注した人が同じクオリティーで同じスピードを実現することは非常に不安定といえます。

その点、自社でデザイナーを雇うことにより、お金はかかりますが一から説明すること無く会社の方針を汲み取って作業の水準を安定させることができます。

ただ、「インハウスデザイナー」は非常に人気ですので、スキルに自信がない方にはあまりお勧めできません。

 

②制作会社

 

 

主に制作会社や広告代理店の社員として働く方法です。この働き方は専門ジャンルなどを絞らない幅広い視点での制作が求められます

ジャンルを絞らないことによりありとあらゆる仕事が舞い込んできますが、クライアントが求めるレベルや質は様々なものが多く柔軟性が必要です

様々な案件や内容に応じて柔軟なアイディアや技術が求められる傾向にあり、非常にスキルアップに有効的な職種です。関わる人たちも様々な人と触れ合うためコミュニケーション能力も自然と身に付きます

メリットは多いですが人とあまり話したくないなど作業を中心にしたいと言う方には向いていない職種と言えるでしょう

 

③フリーランス

 

自由な時間と場所で働けるのがフリーランスです。

デメリットを上げるとしたらはじめの頃は仕事が取れないということが挙げられます。

会社に務めると常に仕事がある状態が当たり前で新人に任せてもらえることもあり、非常に魅力的です。

フリーランスの場合は仕事の質が収入に直結してくるので、良い案件などはスキルが上がらないと任せてもらえないし、実績や仕事の質が認められると良い案件をもらうことができます

とても大変な部分ではありますが、その分仕事をもらえた喜びは務めていた頃と比べ物になりません

他にも仕事を取るための営業力が必要になってくる職種になります。1人で仕事をしているので会社が営業してくれていたありがたみもフリーランスになってみると大きく感じるはずです

未経験から始めるなら会社に所属するか、アルバイトなどで実績や経験を積んでフリーランスになると言う方法が数多く推奨されています。

クラウドソーシングでコツコツ実績を積み、その実績を武器にして提案し仕事をもらうと言う方法がわかりやすく始めやすいかと思います。

仕事をどうしていくかと言うプランニングスキルも非常に重要となってくる職種になります。いずれにせよ仕事を受注するためのアプローチが必要になってくるのが他の職業と大きな差になります。

 

Geekly Media ライター

0