【必見!】未経験からWebデザイナーへのキャリアパスを徹底解説!転職活動の方法や身に着けるべきスキルを紹介します。

実績やキャリアが無くても未経験からのWebデザイナーになる事が実現可能です。資格いらず&キャリアパスが誰でもいつでもおこなえる理由を紹介します。一般的に知られている業務から知られていない業務まで、他にも転職&キャリアパスする上での働き方を3つ紹介。また、Webデザイナーを志す者が習得できるスキルを紹介致します。

 

Webデザイナーになるには【未経験でキャリアパス】

 

 

未経験でキャリアパス可能なWebデザイナーとしてゼロから経験とスキルを積む方法は仕事を取る場所を決めること&勉強することの2点

これを頭に入れていれば時間はかかるかもしれませんが仕事をすることが可能です。

仕事を取る場所を決めるアルバイト、正社員、クラウドソーシングが一般的です。勉強では学校に通う、ネットで勉強、本で勉強、が挙げられます。当然ではありますがこの2点をクリアできれば自然と道は開けます。

Webデザイナーとしての経験やスキルがありそのスキルを発揮することにより、高単価も実現可能なWebデザイナー。逆に考えれば高単価でなければスキルが低くなり、低くなればなるほど初心者に優しい案件になるということです。

まず高望みをせずに、小さい仕事からコツコツこなしていくことで実績とスキルが上がり、信頼度が上がることにより、良い仕事がこなせるようになります。

コツコツやっていく人であればクラウドソーシングをおすすめします。

特別なスキルや資格は必要ありません。ですがWebデザイナーを目指す場合はHTMLとCSSに関する基本的な知識&スキルとデザインに使用する「Illustrator(イラストレーター)」や「Photoshop(フォトショップ)」の使い方を学ぶことができれば基本的な仕事はこなせます。

プログラミング言語には関しては難しいと感じるかもしれませんが、基本的な簡単な所だけ学ぶ事でWebサイト作成が可能です。

デザインに関しても表現力など絵を描く人なら感覚で学べることができるので、気構える必要はありません。

更に今の時代はどちらのスキルも書店に行き本を買って独学で学ぶ事ができるため再現力が高い職業となっています。

ただプログラミングとイラストの発想空想性などが求められるのでそういったことに関して乏しいと思う方は知り合いや学校でスキルを習得する方法もあります。

自分にあった方法で一歩一歩スキル習得を実現しましょう

 

Webデザイナーの将来性

 

 

Webデザイナーの平均年収は350万前後と言われています。

またフリーランスは仕事を探すことに時間を費やす必要があるため、収入はもう少し少ないことが多く、またクリエイティブな仕事ということもあり、実力世界という側面も持ち合わせており、平均はあてにならない傾向にあります。

海外だと最低450万円以上が平均。日本と異なりSEO対策やWebサイトのアクセス解析などを行えるのが前提という事もあり、その分報酬も高めになります。

Webデザイナーの将来性は非常に高く「デザイン」や「言語」他の言語「javascript」や「ライティングスキル」も平行に習得できる可能性があり、専門性が高いスキルを同時に学べる事により高い人材になることが可能です。

近年ではスマホなどのネット環境が飛躍的に向上を見込める現代となっており、IT関連の業界は増え続ける傾向にあり、比例してIT業界の人材も不足傾向にあります。

さらに中小企業の多くは自社専用のWebサイトを持っていない事が多くそういった現状に対応できるWebデザイナーは求められていく時代となるでしょう。

 

まとめ

 

 

Webデザイナーの仕事はコミュニケーションの面、仕事の面、クリエイターの面などありとあらゆる面でバランスが取れている職業と言えます。

Webデザイナーになる人は、自分はどういう働き方で働きたいのかイメージを明確にし、そのイメージにたどり着くためには何をしなければいけないかを逆算することにより、やるべきことが見えてくるはずです。

なので「自分がどうなればWebデザイナーになれるのか」は「自分がどういう働き方をしたいのか」を逆算すれば見えてくるので自分の理想の働き方をイメージすると良いでしょう。

イメージすることも大事ですが本当に大切なのは「逆算」です。イメージすることだけだと高望みになってしまい周りからは口ばっかり&成果なしになりがちなので注意しましょう!

Geekly Media ライター

4+