『人事』ってどんな役割?仕事内容は?面接の時に何を見てるの?分かりやすく解説します!

人に関わる仕事をしている”人事”の仕事。”人に関わる”というと、全体がボヤっとして、どんな仕事をしているか具体的に内容を掴めないですよね。人事の仕事を理解できれば、人事がどんな仕事をして、どんなところを面接時のチェックをしているかなど面接対策も可能になります。人事の仕事が気になる人も是非参考にしてください。

 

人事の仕事内容④ 労務関係

 

 

近年、労働環境が社会問題になるほど、意識が高まりつつあります。

有給休暇の取得義務が厚生労働省から発表されたのを皮切りに、今後ますます労務の役割・重要性が高まると予想されます。

労務関係の主な仕事役割を早速チェックしていきましょう。

 

入退社手続き

 

社員スタッフが、入社・退社する時の事務手続きを担当します。

雇用契約書の作成・各種書類チェックなど、機密情報・書類を取り扱う業務のため情報の取り扱いには注意が必要な業務です。

 

給与計算

 

社員スタッフの勤務実績や評価に応じ給与計算を行います。

企業によっては、経理部・総務部などと連携して行うこともあります。

社員スタッフの生活費・信頼に直結するため正確な給与計算・支払日の厳守が必要になります。

 

労務トラブル対応

 

労務上に起こったトラブルに対して、人事部が中立的な立場に入り対応します。

関係者が円滑に解決するための、両者の話を聞きながら時には板挟み状態になることも。

法律が関係することがほとんどな為必要に応じ、弁護士などの第三者を挟んで解決への対応することもあります。

 

その他手続き対応

 

健康保険・産休育休申請・就業規則の変更手続きなど労務に関する業務は幅広く、この事務作業も行っています。

また、法律の専門的な知識も求められるため社会保険労務士の資格をもっていると業務上有利です。

 

 

面接時に何を見ている?人事のチェックポイント

 

 

先述では人事の仕事の役割をご紹介しました。

人事の仕事の中の「採用面接」実際にどのようなところを見て採用可否の判断をしているのでしょうか?

早速チェックしていきましょう。

 

チェックポイント① 第一印象

 

 

第一印象は最初に会って3秒で決まると言われています。

接客業など直接お客様と接する時間が多い仕事でなくても会社に所属する以上、必ず人と接します。

その所属するセクション・もしくはお客様と接する中で、第一印象が良いほうが業務がスムーズに進むため、人事もまず第一印象をチェックします。

面接時には、特に最初は明るく・ハキハキと笑顔でいることを意識すると第一印象がアップするでしょう。

 

 

チェックポイント② 外見

 

 

「人は見た目が9割」と言われるほど、外見が重要になります。

面接という場に相応しい服装・髪型をしているかどうかなど、TPOを意識したビジネスパーソンとしての一般常識・外見が出来ているかチェックしています。

 

Geekly Media ライター

Yuri-m

0