『動画クリエーター』を徹底解説!気になるなり方から必要なスキル、仕事内容まで分かりやすく解説します。

多くの人がスマートフォンやパソコンで動画を楽しんでいる今、動画を制作する「動画クリエーター」という職業が注目されています。自分のアイディアを形にできる動画クリエーターに憧れを感じる人もいるでしょう。そこでこの記事では、動画クリエーターの仕事内容や必要なスキル、またどうしたら動画クリエーターになれるかを紹介します。

 

動画クリエーターとは

 

映像制作に関わる仕事が動画クリエーター

 

 

動画クリエーターとは、動画や映像の制作に携わる職業です。動画クリエーターの中でも職種はとても多く、動画を撮影するカメラマンから動画にエフェクトや効果音をつける編集者まで様々な役割を果たす人が動画クリエーターと呼ばれています。

また、動画クリエーターが活躍するジャンルは主に以下の通りです。

 

・テレビ番組

・映画

・アニメーション

・インターネットメディア

・ゲーム

・ミュージックビデオ

 

これらの中で使用される動画の撮影や編集を行うのが動画クリエーターの仕事です。例えばテレビ番組では、どのように撮影した動画を組み合わせてエフェクトや効果音を加えるのかを考えます。ゲームでは、オープニングシーンやイベント時の映像を制作します。

 

動画クリエーターのやりがい

動画クリエーターの仕事は、企画した内容に基づいてアイディアを出し、映像や音を創り出します。自分のアイディアやひらめきを形にできるのが動画クリエーターのやりがいのひとつです。自分が悩みながら時間をかけて作り出した映像や音を多くの人に観てもらえると嬉しいですよね。

また動画クリエーターは、クライアントが世の中に伝えたいイメージを動画で表現します。クライアントの望み通りのメッセージを多くの人に発信すると、動画を観た人たちから共感を得たりコメントをもらえたりします。

そんな貴重な役割を果たす動画を、自分の手で作り出せるのが大きな喜びでもあるわけです。

 

 

動画クリエーターの仕事内容

 

 

 

動画クリエーターの仕事は、クライアントからの依頼を受けて企画する作業から始まります。そして、企画をもとに制作スケジュールを作成し必要な人材を確保します。

素材となる動画を撮影したら、次は編集作業です。動画をトリミングしてつなぎ合わせ、音楽・効果音を加えます。テレビ番組やYouTubeでよく見るテロップをつける作業も動画クリエーターの役割です。

また、動画にCG(コンピュータグラフィックス)を加える場合は、CG作成ソフトを活用します。主にCGによる動画を作り出す動画クリエーターは、CGクリエーターとも呼ばれています。

 

 

動画クリエーターになる方法

 

 

動画クリエーターの多くは動画・映像制作を学べる大学や専門学校を卒業しています。大学では美術系・情報系・工学系の学部で動画クリエーターを目指せる学科を設置している場合が多いです。専門学校も写真や動画、CG、音楽など動画制作に必要なスキルを総合的に学べる学校が増えてきています。

また、ハローワークの職業訓練でも動画・映像制作やCG制作を学べる訓練コースを用意している自治体も多く、社会人になってからスキルを身に着ける人もいます。動画クリエーターという職種に関しては学歴をそれほど重視しない会社もあるため、スキルさえ身につけておけば誰でも目指せる仕事です。

動画制作スキルの基礎を身に着けた後、映像制作会社やテレビ局、広告代理店などに正社員として就職する人もいますが、未経験であればアルバイトとして入社する人も多いです。派遣社員として、まずはアシスタント業務に就く人もいます。

 

 

動画クリエーターの求人

 

 

動画クリエーターは学歴よりもスキルや経験が重視される職業です。そのため、動画制作の経験もなく、スキルも持ち合わせていない人が動画クリエーターの職に就くのは難しいでしょう。

もしも完全未経験から動画クリエーターを目指すなら、大学・専門学校に通うか、今の仕事を続けながらスクールに通いスキルを身につけるのがおすすめです。

スクールには仕事終わりや土日に通学するタイプや自宅でマイペースに学べる通信教育があります。スクールで学ぶと提携している企業や組織の求人に応募でき、採用されやすいのがメリットです。

動画制作の経験やスキルを持ち合わせているなら、転職サイトや地元のハローワークを活用して自分に合った求人を見つけましょう。

 

Geekly Media ライター

やまりえ

0