【知っておきたい!】上流工程のエンジニアに求められるスキルを徹底解説!そのなり方も含めて分かりやすく解説します。

エンジニアは上流と下流に別けられどちらも大切な仕事になります。主にイメージしやすいエンジニアのコーディング作業型は下流工程。上流工程はそのエンジニアたちの作業のスケジュールや、クライアントの打ち合わせなど、調整管理職のような立ち位置の職種。この職種のスキルやなり方などに注目し分かりやすく徹底解説していきます。

 

②知っておきたい知識と情報【年収】

 

 

上流工程のエンジニアの年収はやはり技術面、経営面、柔軟性面など数多くのスキルを必要とするため、年収も難しさや専門的な分野になってくると向上する傾向にあります。

目安の年収としては約600万円前後といわれており、もちろん実力や経験に応じて収入も増加し、年収1000万円前後も可能となる職業といわれています。

年収を上げたい人であればとてもよい転職先が上流工程エンジニアなので考えてみるのもよさそうですね。

 

向いている人&向いていない人

 

 

自然と客観的に見る能力をお持ちの人は、ベースとなる思考が自然と備わっているため、潜在的能力を磨く知識とスキルを身に付けましょう

上流工程エンジニアの思考能力をスムーズに取得できることが予想されます。

自然と客観的に見る力を持っていない人であっても、大半はその代わりとして集中する力をお持ちの人が多いため、集中力を生かし客観的思考能力を勉強しましょう。潜在的な客観能力をカバーすることができます。

なので、どちらの人であってもメリットとデメリットを持っているため、なりたいという気持ちさえあればどちらの人でも問題ありません。

 

上流工程エンジニアを目指す人へ

 

これからチャレンジする人にアドバイス

 

 

まずは自らのスキルに自信のない人であれば、下流工程エンジニアとしてのスキルと技術を徹底的に磨きましょう。その後に経営の思考力や、コミュニケーション能力、相手の考えを読み取りこちらから提案する能力などを身に付けましょう!

 

まとめ

 

 

もし1人でどうすればいいかわからない人は、まず未経験からでもできるエンジニアの募集案件に応募しましょう。その後に他の能力を学んでいくのが流れ的には、スムーズにいくことが多いので、焦らず着実と一歩一歩進んでいきましょう!

Geekly Media ライター

2+