カテゴリから探す
Geekly
コラム
技術・
テクノロジー
職種・
ポジション
Web・
ゲーム
転職準備
転職活動
  1. HOME
  2. Geekly Media
  3. 職種・ポジション
  4. システムコンサルタントの仕事内容・求められるスキル・将来性を紹介
  • 職種・ポジション

システムコンサルタントの仕事内容・求められるスキル・将来性を紹介

システムコンサルタントという職業を聞いたことはありますか?本記事ではシステムコンサルタントの仕事内容・働くうえで求められるスキル・将来性について徹底解説していきます。また、システムコンサルタントの年収や目指そうと思う人へのアドバイスについても紹介しております。他にもシステムコンサルタントとよく似た業種である上流階級エンジニアやシステムアナリストとの区別について等幅広く紹介しております。

システムコンサルタントとは?

 

  

コンサルタントとは

 

まずコンサルタントという職種を知る必要があります。コンサルタントとは企業の抱える課題に対して情報収集/分析を行い専門的な知識や方法で解決に導くためのアドバイスをする職業です。

例えば、「ある飲食店の利益を伸ばしたい。」という依頼が入った場合、現状の売り上げや人経費などのコストのデータを分析しボトルネックをとなる部分を見つけます。もし人経費が要因と分かれば、それを論理的に説明したうえで仕組化する方法などを提案します。

コンサルタントにも経営コンサルタント、シンクタンクコンサルタント、総合コンサル等非常に多くの領域があります。その中の1つがシステムコンサルタントです。

 

システムコンサルタントとは

 

システムコンサルタントは名前の通りシステムやITの分野を専門としたコンサルタントの職業を指します。ITの技術を用いて課題解決をするため、ITに関する深い知識や経験が必要になります。またプロジェクトによっては「エンジニア」や「プログラマー」などの「下流工程」の人をまとめる役割を担うため「上流工程」であるPM(プロジェクトマネージャー)やシステムアナリストとよく似ている役職になります。

上流工程を担当する上でシステムコンサルタントとシステムアナリストの区別する明確な決まりは実際にはなく、どちらか一方が最上流工程を担当することになります。

 

仕事内容

 

①企業の売上向上

 

 

システムコンサルタントは提示された依頼の企業情報を元に企業の売り上げを向上させることを目的としています。高度な細かいアドバイスをすることがシステムコンサルタントのおおまかな役割になってきます。

簡単にいうとビジネスの利益向上のために深い知識と情報と思考力で成功の道を探求するのがシステムコンサルタントです。

知識を活用して売上向上を主軸に他の要素にも触れていき仕事をしていく万能な職種といえるでしょう。

 

②企業の悩み解決

 

 

もっとピンポイントに仕事を割り振るとヒアリングやプレゼンテーションなどの業務をおこなって企業の売り上げを伸ばすための重要ポイントと課題ポイントを割り出し提示します。それに加えて必ずデメリットなども割り出し、「ハイリターンハイリスク」の明確なビジョンを示し、「ハイリターンノーリスク」に近づけるための問題となるポイントの解決策を提示します

提案した仕事内容が上手く軌道に乗っているか確認し、上手くいかない場合は状況によって柔軟に判断を切り替え、売上向上のルートにシフト移行する事も業務として入ってくる内容になります。

企業の売上が伸びない悩みを解決していく事がシステムコンサルトの役割になるので、企業の先行きに大きく関わってくる責任重大な仕事と言えます。

 

③仕事内容のまとめ

 

 

提示内容を理解した企業が課題などを解決していき悩みを解消し、ビジネスを軌道に乗せることが目的とした役割となっています。

上記のまとめとして企業の仕事をこなす仕事案件の始まりから終わりまでをサポートし、場合によってはアドバイスや助言以外にも業務などを積極的にこなしていく職業となっています。

 

求められるスキル

 

①専門知識と論理思考力

  

 

論理的思考能力や物事を整理したりまとめたり構成するなど、情報をいかに一括にまとめ効率良く回せるかというPCでイメージすると分析解析ツールのような役割を果たすのがこの職種になります。

取得したさまざまな情報をもとに仕事成功の企画やビジョンを見出し、的確で効率の良い仕事の構成スケジュールを設定します。

設定した専門的な情報を違う分野のエンジニアやプログラマーたちにもわかりやすく説明しないといけません。そのため、インプットした情報をアウトプットする力も必要になってくるため、相手に伝える力も必要なスキルとなってきます

 

②アウトプットとリーダーシップ

 

 

システムコンサルタントは企業の仕事が成功するための道筋を論理的かつ明確なビジョンをイメージしてもらうためにプレゼンテーションなどで、「知識」「思考」「仕組み」などを共有しなければなりません。

そのためコミュニケーション能力やプレゼンテーションなどの人前に立ちスピーチする能力も必要となり、協調性も比較的必要な職種となってきます。

論理的思考能力は身に付けているが、論理的思考能力を人に伝えるすべがなくてはコンサルできません。システムエンジニアはクリアしたもののコンサルタントとしてはいまいちとなってしまいます。コンサルの肩書は伊達ではありません。

インプットした情報をだれもが理解しやすい明確なビジョンにアウトプットし、その情報を伝えていくリーダーシップ性も必要になる高度な職業です。

 

将来性&年収

 

①将来性

 

 

IT業界はこれからも成長していき伸び続ける業界です。

システムコンサルタントに大いに役立つ資格もあり、取得することで技術や知識情報はもちろんのこと年収も上がりやすい傾向にあります。「コンサルタント資格認定試験(ISC)」や「ITコーディネータ」などの資格があり、ほかにも役立つ資格が数多くあります。

こういった資格を取ることによって日本だけではなく、世界でも活躍できる人材として世界に自分をより売り込むことができます。高難易度の仕事でもスムーズに対応できることになり、年収も仕事内容と比例して向上していくことが見込めます。今後のシステムコンサルタントの動向は明るくなるでしょう。結論資格をとって年収をあげましょう!

 

②年収

 

 

よくいわれているのが10年前後のシステムエンジニアの業界スキル経験がないとシステムコンサルタントにはなれないと一般的にはいわれています。

ステップとしては「システムエンジニア」「マネージャー」「システムコンサルタント」というステップアップのしかたが一般的で年収は約600万円から1000万円の間といわれています。

一般的なIT業界のエンジニアの中では高収入が期待できる職種となり、人によっては1000万円を越えるひともいます。

 

向いている人&向いていない人

 

 

システムコンサルタントといっても、まず「システム(専門知識)」技術を持っている人でなければ「コンサルタント(教える立場の助言)」することができません。

なので、まずシステムを極めた人材になり、次に人に教えるアドバイザーの知識や経験を積み重ねていくことで自然な流れになります。逆に向いていない人と言うよりは難易度が高い人は初級編や中級者から技術を学ぶ人です。やはり2つの職業の技術を学ばないといけないため非常に難しく困難な場合が多い傾向にあります。

知的な情報の探求を満たすのが喜びになる努力家や理論的に物事を進めることが好きな人はこれから頑張る人でも可能性があります

 

システムコンサルタントを目指す人へ

 

これからチャレンジする人にアドバイス

 

技術やコンサルのアドバイスセンスなどもありますが、やはり人にものを伝えることがうまいなど知識や経験以外の物事を整理建てて簡潔かつ端的に説明する能力が常に問われてくる職業です。

常に物事を端的に考え相手に伝える努力を惜しまない人になるのが、自然と早く上達するシステムコンサルタントになる近道だと思います。

可能であれば家族や友人などにプレゼンテーション形式のボードやプロジェクトなどで企画やビジョンを発表説明して自分なりに教え方の工夫をしていきましょう!

まとめ

 

システムコンサルタントはエンジニアのトップクラスの立ち位置でなおかつ大手企業と対等に立ち振舞うため、知識や経験が武器となる高度な職種です。IT業界で極めたい人は技術と知識をとことん極めましょう!

Geekly Media
ライター

この記事が気に入ったら
シェアしよう!

  • twitter
  • facebook
2+

関連記事

求人数×IT業界での紹介実績数で、納得の転職をサポート。IT業界専門だからこそできる提案力を実感してみてください。