システムコンサルタントを徹底解説!仕事内容から求められるスキル、今後の動向まで幅広くご紹介します!

システムコンサルタントの仕事内容からスキル&今後の仕事の動向まで徹底解説していきます。ほかにも年収やシステムコンサルタントを目指す人へアドバイスなど独自の視点から動向まで幅広く記載しています。システムコンサルタントとよく似た上流階級エンジニアやシステムアナリストの区別などもまとめてご紹介します。

 

今後の動向&年収

 

①【動向】

 

 

IT業界はこれからも成長していき伸び続ける業界です。

システムコンサルタントに大いに役立つ資格もあり、取得することで技術や知識情報はもちろんのこと年収も上がりやすい傾向にあります。「コンサルタント資格認定試験(ISC)」や「ITコーディネータ」などの資格があり、ほかにも役立つ資格が数多くあります。

こういった資格を取ることによって日本だけではなく、世界でも活躍できる人材として世界に自分をより売り込むことができます。高難易度の仕事でもスムーズに対応できることになり、年収も仕事内容と比例して向上していくことが見込めます。今後のシステムコンサルタントの動向は明るくなるでしょう。結論資格をとって年収をあげましょう!

 

②【年収】

 

 

よくいわれているのが10年前後のシステムエンジニアの業界スキル経験がないとシステムコンサルタントにはなれないと一般的にはいわれています。

ステップとしては「システムエンジニア」「マネージャー」「システムコンサルタント」というステップアップのしかたが一般的で年収は約600万円から1000万円の間といわれています。

一般的なIT業界のエンジニアの中では高収入が期待できる職種となり、人によっては1000万円を越えるひともいます。

 

向いている人&向いていない人

 

 

システムコンサルタントといっても、まず「システム(専門知識)」技術を持っている人でなければ「コンサルタント(教える立場の助言)」することができません。

なので、まずシステムを極めた人材になり、次に人に教えるアドバイザーの知識や経験を積み重ねていくことで自然な流れになります。逆に向いていない人と言うよりは難易度が高い人は初級編や中級者から技術を学ぶ人です。やはり2つの職業の技術を学ばないといけないため非常に難しく困難な場合が多い傾向にあります。

知的な情報の探求を満たすのが喜びになる努力家や理論的に物事を進めることが好きな人はこれから頑張る人でも可能性があります

 

システムコンサルタントを目指す人へ

 

これからチャレンジする人にアドバイス

 

技術やコンサルのアドバイスセンスなどもありますが、やはり人にものを伝えることがうまいなど知識や経験以外の物事を整理建てて簡潔かつ端的に説明する能力が常に問われてくる職業です。

常に物事を端的に考え相手に伝える努力を惜しまない人になるのが、自然と早く上達するシステムコンサルタントになる近道だと思います。

可能であれば家族や友人などにプレゼンテーション形式のボードやプロジェクトなどで企画やビジョンを発表説明して自分なりに教え方の工夫をしていきましょう!

まとめ

 

システムコンサルタントはエンジニアのトップクラスの立ち位置でなおかつ大手企業と対等に立ち振舞うため、知識や経験が武器となる高度な職種です。IT業界で極めたい人は技術と知識をとことん極めましょう!

Geekly Media ライター

1+