カテゴリから探す
Geekly
コラム
技術・
テクノロジー
職種・
ポジション
Web・
ゲーム
転職準備
転職活動
  1. HOME
  2. Geekly Media
  3. 職種・ポジション
  4. マークアップエンジニアとは??Webコーダーとの違いから必要なスキルについて徹底解説
  • 職種・ポジション

マークアップエンジニアとは??Webコーダーとの違いから必要なスキルについて徹底解説

マークアップエンジニアという職種をご存知でしょうか?似たような職種としてフロントエンドエンジニアやWebコーダーが違いはあるのでしょうか?本記事ではそれらの職種との違いや、必要なスキル、年収についてご紹介します。

アイキャッチ-マークアップエンジニア

マークアップエンジニアとは

 

 

マークアップエンジニアの仕事内容

 

マークアップエンジニアはWebデザイナーが作成したデザインを元に、HTMLやCSSの言語でコーディングして、テキストや画像を配置しブラウザ上で表示できる形にする仕事になります。

マークアップエンジニアはディレクターやデザイナーが考えたサイトの構造を把握したうえで構造化していき、検索エンジンにも最適ばマークアップを意識したコーディングが求められます。

 

マークアップエンジニアとよく混同されやすいのが、Webコーダーとフロントエンドエンジニアです。違いは以下の通りです。

※企業によって、それぞれの職種の定義も曖昧で異なる為、例えWebコーダーでもマークアップエンジニアでも同様のスキルを求められる場合もあります。参考程度にご覧ください。

 

Webコーダーとの違い

 

Webデザイナーのデザインをコーディングすると言った点では、Webコーダーとマークアップエンジニアは同じです。しかし、マークアップエンジニアの方が考慮する点が多く、より高いスキルを求められます。

Webコーダーはデザインを忠実にコーディングしていくのに対して、マークアップエンジニアはサイトの構造や意図を理解する必要があります。そのうえで、SEOやユーザービリティを考慮したコーディングが求められます。

マークアップエンジニアはWebコーダーがランクアップした職種と言えるでしょう。

 

フロントエンドエンジニアとの違い

 

マークアップエンジニアとフロントエンドエンジニアほとんど同じ意味で扱われることが多いです。厳密に分けるとすると、フロントエンドエンジニアはマークアップエンジニアよりも、JavaScriptやPHPなど他の言語にも知見を持っており、Webサイトを構築できるような人を指す場合が多いです。

 

マークアップエンジニアに求められるスキル

 

 

サイト制作に使う言語の知識

 

Webサイトをブラウザ上で表示するための言語である「HTML」と「CSS」の知識は必須になります。

それだけでなく、サイトに動きを付ける「JavaScript」「JQuery」の知識についても知っておくことで、サイトに動きを付けることも可能になるため、より上のマークアップエンジニアを目指すことが出来ます。

さらに欲を言えば、「PHP」等のサーバーサイドの言語についても知っておくことで、Webサイトに表示するまでの流れを把握できるため非常に役に立つでしょう。

 

SEOの知識

 

マークアップエンジニアはSEOを考慮したコーディングが求められます。そのため、最低限のSEOについては知っておく必要があります。例えば、”h1タグ”はどのように使うべきなのか、それぞれのタグがどのような意味を持っているのか、マークアップはできているのか、などの知識が必要です。

SEOをしっかり把握した上でコーディングすることで、サイトが上位に表示されアクセス数をしっかりと集められるサイトを作る事が可能になります。

 

意図を読み取る力

 

Webデザイナーやディレクターの意図をデザインやワイヤーからしっかりと読み取り構造化させる能力が必要があります。

サイトの目的やコンセプトなどの意図を読み取ったうえで、「検索エンジンに分かりやすい」「ユーザーが使いやすい」ようなサイトになるようにコーディングすることで、より質の高いサイトを作成することが出来ます。

もし、不明な場合はその部分を、確実に聞き出すと言ったコミュニケーションの能力も必要になります。

 

ユーザー目線

 

サイトを作成する上でユーザビリティの優れたサイトを作成する必要があります。例えば文字のサイズであったり、ボタンの色であったり些細な部分でユーザーの反応は代わり、離脱率やCV数は変わってきます。

「どうすればユーザーにとって使いやすいか」についてユーザー目線に立って考慮した上でコーディングを行う能力が必要です。

 

マークアップエンジニアの平均年収

 

 

マークアップエンジニアの平均年収は約390万円ほどです。

年収を上げるためには、下記のスキルが必要となってきます。

 

①高速かつ正確なコーディング

②ユーザビリティーについても考慮したコーディング

➂SEOの知識も熟知してコーディング

➃サイトのディレクション

 

未経験の方はまずWebコーダーから始め、HTMLやCSSの知識を蓄えた上で、①の高速かつ正確なコーディングが出来るようにするのがよいでしょう。

また、マークアップエンジニアとして経験を積んだ後に、より平均年収の高いWebディレクター等の職種にジョブチェンジするのも1つの手です。マークアップエンジニアで培った、「ユーザー目線」や「意図を読み取る力」はディレクションを行う上でも必ず役に立ちます。

まとめ

 

 

Webコーダーやフロントエンドエンジニアとの違いや、必要なスキル、年収について紹介させて頂きました。

マークアップエンジニアはエンジニア未経験でも始めやすい職種です。

まずは、HTMLやCSSを学ぶためにも1つ自分のWebサイトを作ってしまうのも手です。もしくは未経験からの応募も受け付けているWebコーダーから始め、知識を深めていきマークアップエンジニアを目指すのも良いかもしれません。

もし、何から始めればよいのか分からず、不安な方は是非転職エージェントにご相談ください!

応募ボタン

geekly

Geekly Media
ライター

アイキャッチ-マークアップエンジニア

この記事が気に入ったら
シェアしよう!

  • twitter
  • facebook
0

関連記事

求人数×IT業界での紹介実績数で、納得の転職をサポート。IT業界専門だからこそできる提案力を実感してみてください。