カテゴリから探す
Geekly
コラム
技術・
テクノロジー
職種・
ポジション
Web・
ゲーム
転職準備
転職活動
  1. HOME
  2. Geekly Media
  3. 職種・ポジション
  4. アカウントプランナーの仕事内容とは??必要なスキルから将来性まで徹底解説!
  • 職種・ポジション

アカウントプランナーの仕事内容とは??必要なスキルから将来性まで徹底解説!

アカウントプランナーのお仕事内容を徹底解説していきます!アカウントプランナーの仕事内容から始まり、必要なスキルまで解説します!アカウントプランナーの年収にも踏み込んで行き、情報を届けていきます。最後にはアカウントプランナーに挑戦していく人にアドバイス項目も設けておりますので、ぜひ見ていってください!

アイキャッチ アカウントプランナー

アカウントプランナーとは

 

 

アカウントプランナーとは、「広告の企画営業」を意味しています。

広告営業は、顧客のニーズに合わせて最適な広告を打ち出し、収益に繋げる役割を担っています。

「TV」「雑誌」「新聞」を始め多くの広告のプラットフォームを獲得し、広告スペースに広告主に販売していきます。

現代では、インターネット業界のイメージや全体の収益が増加傾向にあり、「記事」や「動画」など多くの広告スペースに広告を載せていくため、こういったネットビジネスに力を入れる企業も増えてきました。

 

多くの企業や会社に売り込みをしていくため、「売る能力」が求められてきます。また、従来では広告スペースに広告を載せる事が大きな目的でしたが、現代では幅広く多種多様なニーズが存在しています。

ニーズを絞りターゲットを明確化し、どのプラットフォームが適切で、どんな広告を打ち出して行けば有効的なのか戦略を練るという、企画の営業も同時に必要になってきます。

そこで、必要になってくるのが、「アカウントプランナー」です。

 

広告の企画内容は、社内、時には社外で話し合いをして導き出します。更に、顧客窓口や広告配信の管理を行います。

広告企画から配信、配信後までを管理を進め、アフターフォローまでを行うのがアカウントプランナーの仕事です

 

アカウントプランナーは一見難しそうに聞こえる職業かもしれません。ですが、現場ではしっかり仕事の先輩や「トレーダー」などの人と相談しながら企画していくことが多くあります。周囲の先輩に助けてもらえる環境が整っているため、安心しながら仕事に打ち込めます。

自分ですべての業務をこなすといった感じではなく、「全体の意見や傾向を参考にして、より良い企画にしていく」ことができる人に向いている職業です。

また、実際の現場は積極的に自分のやりたいことをやらせてもらえる環境が多く、挑戦していきたい人にはとても良い環境があるため、幅広く柔軟に立ち回る事ができるでしょう。

 

アカウントプランナーの仕事内容

 

求められている仕事内容

 

 

仕事内容は、「会社の売上を伸ばす効果を生み出す広告」を打ち出していくのが主な役割となります。広告に関する「制作」「運用」「コンサルティング」など幅広い業務をこなしていきます。

アカウントプランナーの主な仕事内容は「広告出稿計画」を考えることです。広告枠を売り込むだけではなく、実際に広告の効果を最大限に発揮できるメディアやプラットフォームを選定し、狙ったターゲットに広告を見てもらい購買意欲に繋げる仕組みづくりが求められます

ここで、広告の分類を紹介します。

 

・純広告

・ネット広告

・リスティング広告

・SNS広告

 

上記の広告の違いに応じて、広告の打ち出し方や集客手法が異なるため、それぞれ広告やターゲット層によって戦略を変えていかなくてはなりません。

しかし、アカウントプランナーに求められるスキルは、広告の分類に問わず同じです。

下記の「アカウントプランナーに求められるスキル」に記載した内容を参照してください。

 

アカウントプランナーに求めるスキル

 

最先端のデバイス&メディアを活用して、クライアントの課題解決のために「広告」「宣伝」「販売促進」など総合的に企画&提案できる人材が求められています。

・デジタルマーケティングチームでの企画&立案

・社内でのディスカッションやクライアントとの信頼構築

 

上記の項目で企画立案はビジネスの軸を決める大きな要素なため、アカウントプランナーにとって最も重要な仕事と言えるでしょう。

意外に仕事と捉えている人が少ないのがディスカッションやクライアントの話し合いをしていくスキルで、コミュニケーションスキルが求められてきます。この時に重要なのが信頼される相手になれる会話ができるかです。

なぜならビジネスでのコミュニケーションでは信頼構築が最も重要で、クライアントはもちろんですが社内のチーム全体に信頼される企画や立案内容を提示し、提案者も同時に信用される必要があるからです。

 

仕事で身につくスキル

 

【仕事で身につくスキル】

・最先端のデジタルマーケティングスキル

・コンサルティングでの「企画」「管理」「営業」スキル

・コミュニケーションスキル

 

求められるスキル

 

インターネットを活用した最先端のデジタルマーケティングスキルと営業時に必要な交渉の能力・コミュニケーション能力をもった人が求められる傾向にあります。また、アカウントプランナーの求人条件では大卒以上などある程度の勉強や下積みが必要な場合が多い傾向にあります。

 

広告知識

 

 

広告の仕事をするには、まず基本的な広告の知識を持っていなくてはなりません。なぜなら「プロモーション」「リスティング」「ディスプレーネットワーク」など様々な形式の広告に対応して仕事をこなしていかなくてはならないからです。

結果として多くの知識を蓄えていることで、良いビジネスプランを立てることができます。そのため、広告に関する知識がなければ良い企画立案ができないため最低限の広告知識が必要です。

蓄えた広告知識があれば、良い広告戦略を打ち出せることになります。

 

企画&立案

 

次に紹介するスキルは、「企画を立案するスキル」です。この能力はアカウントプランナーにとって大きな役割の仕事と言えるでしょう。

企画&立案のスキルはとても重要で、仕事以外にも活用できます。

例えば、「友人との旅行」を例として説明します。旅行先で友人と旅のプランを練ったり、一人で今日の予定をプランニングしたりと、企画し立案する事で旅の満足度も異なって来るようにビジネスでも同じです。

 

ただ立案すればいいのではなく、効率の良い手段で企画を成功させるためには、多くの状況を想定し、様々な要素を追加しながら進めてかなければなりません。

つまり、今ある現状から多くの事象を想定した状況下でも、スムーズに進行する良い企画&立案をすることがアカウントプランナーに求められるスキルとなります。

 

コミュニケーション

 

他にもコミュニケーション能力が求められます。広告に限らず多くの営業時では、コミュニケーションをしながら営業を効率良く進めていく必要があります。

また、社内での打ち合わせややり取りをスムーズに行ったり、社外のクライアントや取引先に営業に出向く際にはコミュニケーションが必要不可欠なスキルといえるでしょう。

更に、外回りをする際は歩き回る足腰の強さや状況に応じて最適な方法を見つけ出すことができるフットワークの軽さも武器になるでしょう。

 

アカウントプランナーの年収

 

 

企業によって年収は異なりますが、平均的に下記の傾向が多く見られます。

新卒一年目 約300万円

それ以降は経験や実績に応じて一般的な会社と同じく年収が増加する傾向にあります。また、会社の利益に貢献した人材には、ボーナスや成果によってインセンティブなど支給される事もあります。

このような待遇は営業職ではよくあることで、貢献度が高い人材は500万円から800万円程収入が増加することもあります。

 

アカウントプランナーを目指す人へ

 

チャレンジしていく人へアドバイス

 

これからアカウントプランナーを目指す人は、数多くのビジネスに触れることで、企画力と立案力を中心に様々な多くのスキルを身につけることが可能です。また、企画と立案の工程は多くのビジネスで必要な工程です。数多くのビジネス成功の鍵を握る工程でもあるわけです。

アカウントプランナーは他の職業にも通じるビジネスの基盤を構築することができます。アカウントプランナーの経験を通して身につけた力によって多くの知識とスキルを磨いていきましょう。

 

まとめ

 

 

現代のIT業界や様々な職種に必要となってくるのがアカウントプランナーです。今後も注目されていくマーケティング業です。また、ビジネスの企画&立案を中心に仕事をこなしていくため、起業して行くことを考えている方にもおすすめの職業と言えるでしょう。

Geekly Media
ライター

アイキャッチ アカウントプランナー

この記事が気に入ったら
シェアしよう!

  • twitter
  • facebook
0

関連記事

求人数×IT業界での紹介実績数で、納得の転職をサポート。IT業界専門だからこそできる提案力を実感してみてください。