40代でも転職は可能か?成功する人と失敗する人の決定的な差とは?

40代だからといって転職するのを諦めていませんか?確かに20代や30代と比較すると、申し込みをする会社に不利な条件に感じる気持ちは良くわかります。そこで今回は大手量販店での人事採用経験と民間企業に2回転職経験がある筆者が、40代で転職に成功する人と失敗する人を徹底的に解説します。一体どのような違いがあるのでしょうか?

 

40代の転職の失敗パターン③ 年収を気にしすぎている!

 

面接をして必ず聞かれる質問が前職での年収です。

実は、40代の方を受け入れる会社も、年収にはかなり気を遣っています。

実績がなく入社したばかりであるのに、破格の待遇で迎え入れるのが大半。

しかし、そのことに気づかずに短期スパンでしか判断できないと、いつまで経っても就職できません。

筆者は2回転職しましたが、2回とも初年度の年収は前職よりも下がりました。

しかし、翌年に1.5倍、翌々年に2倍の年収を得たこともあります。

目の前にある「年収」という短期的な判断材料で、自らその道を遮断。

採用する企業は入社後の働きで、あなたの年収に整合性があるかを判断します。

 

40代の転職で良くある3つの成功パターン

 

 

40代の転職を成功させる人は、どのような傾向があるのでしょうか?

失敗パターンだけではなく、成功パターンも知りたいですよね。

そこで40代の転職を成功させる理解・分析・アピールについて解説します。

40代の転職に失敗する方と何が違うのでしょう。

 

40代の転職の成功パターン① 自分のことがわかっている

 

ここでいう自分のこととは、申し込みをする会社にとってデメリットとなることです。

40代という年齢には必ずデメリットとなる要素があります。

メリットについては、ある程度想定してから面接に向かうでしょう。

しかし、デメリットに関しては意外と想定していない方が多いです。

デメリットがあるのは確かなこと。40代の転職を成功させる方は、これを如何にプラスに転じる方向へと言葉にするのが上手です。

 

40代の転職の成功パターン② 応募企業を良く分析できている!

 

 

40代の転職を成功させる方は、応募する企業が求める人物像とのベネフィット上手です。

応募をしている企業ごとに、今回の求人において求める人材像が違います。

この人物像を把握していなければ、企業が求める要素へと落とし込みできません。

40代の転職を成功させる方は、その要素にメリットとデメリットを使いプラスへと導きます。

応募企業の概要を知っているのは当然のこと。

40代の転職を成功させるのに大切なのは、募集背景をどの程度深読みできるかという点にあります。

 

40代の転職の成功パターン③ アピール上手

 

40代の転職を成功させる方は、自分のことをわかっているのでコメントが明快です。

あなたが自社で働いている姿を、採用する担当者が想像しやすいコメントを返します。

具体的にイメージできる応募者を、採用する候補に残すのが担当者の基準です。

何かしら高額な商品を購入する際の気持ちをイメージするとわかりやすいでしょう。

 

ここが重要!40代の転職を成功させる3つのポイント

 

 

40代の転職で失敗と成功する3つのパターンを解説しました。

ここからは棚卸し・アピール方法・デメリットをテーマにして、40代の転職を成功させるポイントの解説です。

 

Geekly Media ライター

SHIN

3+