40代でも転職は可能か?成功する人と失敗する人の決定的な差とは?

40代だからといって転職するのを諦めていませんか?確かに20代や30代と比較すると、申し込みをする会社に不利な条件に感じる気持ちは良くわかります。そこで今回は大手量販店での人事採用経験と民間企業に2回転職経験がある筆者が、40代で転職に成功する人と失敗する人を徹底的に解説します。一体どのような違いがあるのでしょうか?

 

40代の転職を成功させるポイント① 自分の経歴の棚卸し

 

あなたを上手にアピールする準備として、これまでの経歴を棚卸ししなければなりません。

ここでは上手な棚卸しの方法を紹介します。

まずは1枚の紙を用意してください。

そこに時系列であなたが出生した時点から、経験したことを箇条書きします。

どんなことでも構わないので、思いついた順に全て記載。

この作業を複数回、書くことがなくなるまで繰り返します。

そして仕上げに箇条書きの項目をカテゴリー分け。

そのカテゴリーがあなたの強みとなります。

 

40代の転職を成功させるポイント② 心をつかむアピールの仕方!

 

 

採用担当者の心をつかむには、あなたを採用することで生じるメリットをイメージさせる必要があります。

これはデメリットも含めての話。

一番効果的な方法は、あなたが採用担当者の目線に立つことです。

視点を変えることで口から出るコメントも変わります。

相手が想像しやすい明確な回答は、あなたの転職を成功させるのに大切な要素です。

 

40代の転職を成功させるポイント③ デメリットをプラスに!

 

40代という年齢だけでもデメリットからのスタートです。

採用されるためには、考えられるデメリットをメリットに結びつける思考が必要になります。

ここでも視点を柔軟にすることが大切。

一見デメリットに感じることでも、違う視点ではメリットに変わります。

このデメリットがあるけれども、これまでの経験でこのようなメリットをもたらす。

こんな考え方であれば、自ずと回答もできて転職も上手くいくでしょう。

 

40代でも転職しても大丈夫!

 

 

40代だからといって、転職を諦める必要はありません。

なぜならあなたは、20代や30代にはない経験という強力な武器を持ちます。

この武器を上手に見定めると、あなたの転職は驚くほどに上手くいくようになるでしょう。

 

最後に

 

 

これまで40代の転職における失敗と成功、ポイントを解説してきました。

年齢は転職ではデメリットともなり、メリットともなり得るもの。

あなた自身をしっかりと見つめ直して、素敵なステップアップとなる転職が成功することを切に願います。

 

Geekly Media ライター

SHIN

3+