カテゴリから探す
Geekly
コラム
技術・
テクノロジー
職種・
ポジション
Web・
ゲーム
転職準備
転職活動
  1. HOME
  2. Geekly Media
  3. 転職準備
  4. 【完全週休2日制】と【週休2日制】の違いとは?企業選びで抑えておきたいポイント!
  • 転職準備

【完全週休2日制】と【週休2日制】の違いとは?企業選びで抑えておきたいポイント!

週休2日制と完全週休2日制の違いについてご存知ですか?
名前は酷似していますが、実は全くの別物なんです。知らないと痛い目を見るこの二つの違いについて徹底解説していきます!休日出勤したはずなのに残業代が増えている、などのよくありがちな悩みの正体を、元人事部勤務の筆者が徹底解説します!

 

週休2日制と完全週休2日制は全くの別物!

 

イメージ画像-休日を楽しむ少年

 

週休2日っていうくらいなんだから、週に2回休みがあるんでしょう?

そんな風に考えている方はいませんか?

実は週休2日制と完全週休2日制は全くの別物。プリンとプリン体くらい違います。プリンがもらえたら嬉しいけど、プリン体は全然嬉しくないですよね。

的はずれな比喩はさらっと流して、まずは週休2日制とはどういうものなのか、見ていきましょう。

 

週休2日制ってどういうもの?

 

 

週休2日制は、「一ヶ月のうち最低一週は休みが二回ある週が存在している」ことを意味します。つまり休みが一日しかない週が三回続いても、一週だけ二日の休みが取れれば週休2日制と名乗っていいわけです。

なんて紛らわしいんでしょう。実質月に五回しか休めていなくても週休2日制と名乗れてしまうんです。

次に完全週休2日制を見てみましょう。

 

完全週休2日制ってどういうもの?

 

 

完全、という名の通り、週2日の休みが完全に確保されているのが完全週休2日制です。

4週間のうち1週でも休みが2回とれなかった場合は、完全週休2日制と名乗ることができなくなります。選ばれし労働条件なんですね。

ところで、休日は二種類存在しているってご存知でしたか?

完全週休2日制と、週休2日制を理解しただけではまだまだ序の口。

休日マスターになるためには法定休日と所定休日の違いまで完璧に理解しておく必要があります。

というのは冗談ですが、真面目な話、企業選びの基準や残業代の未払いを防ぐためにも休日の種類を知っておくとかなりためになりますので、あわせてこの機会に知っておきましょう。

 

法定休日と所定休日の違いって?

 

 

実は労働者に認められている休日は月4日しかありません。知っていましたか?

4日 × 12ヶ月 で、年間48日の休みしか取らせなくても、法律上なんの問題もありません。これはかなり極端な例ですが。

そしてこの月4回の休みは法定休日と言います。もう1つの休日は所定休日、企業が独自に定めた休日のことです。

それぞれどういった休日なのか、解説していきます。

 

法定休日は法律で定められた労働者の権利

 

 

労働基準法では月4回の法定休日を設けることを定めています。

これを勝手に減らすことは認められていませんし、月4回の休みを取らせずに働かせることは歴とした犯罪行為です。

しかし、実は4回の休みを取らせずに働かせる裏技も存在します。

その裏技については後ほど詳述します。

ひとまず、最低限月4回の休みが法律で定められている、ということを理解しておいてくださいね。

 

所定休日は会社が独自に定めた休暇のこと

 

 

法定休日以上に設けられている休日は全て企業が独自に定めた休日になります。

これを所定休日といい、あとから勝手に増減させることはできません。

例えば年間休日が120日あるというアナウンスを聞いて入社したのに、実は100日を切っていた、という状況は明らかな詐称になります。

会社が用意したカレンダー通りの休みが取得できなかった場合、会社は割増賃金を支払わなくてはなりません。

いわゆる残業代や、休日出勤手当などです。

どうしてこんな紛らわしい休日の話なんぞをはじめたのかというと、休日の種類を知らないとこうした割増賃金の計算方法が絶対に分からないからです。

 

労働者が最低限身につけておくべき基礎知識ですので、もう少しだけお付き合いください。

 

休日出勤なのに残業扱い?給与計算のワナとは!

 

 

先ほど法定休日の話をしましたが、覚えていますか?

法律によって定められた、月4回の休日のことでしたね。この休日を削ることは許されていません、基本的には。

しかし、基本給を時給換算し、その時給に1.35倍の割増賃金を支払うことで法定休日を削っての出勤を命じることができるのです。

この説明を見て、中には「そういえばこのあいだ休日出勤したのに、休日出勤が付いていなかった、イカサマだ!」と憤っている方もいらっしゃるでしょう。実はそこに給与計算のカラクリがあります。

 

 

法定休日と所定休日で割増賃金が異なるカラクリ

 

 

所定休日の話に戻りましょう。

所定休日が八日ある企業を仮定してみます。八日のうち四日までは法定休日、上乗せされた四日は所定休日となりますが、この上乗せされた四日は企業が独自に定めた休日です。

この所定休日を削って休日出勤を命じる場合にも割増賃金を支払わなければなりません。

しかし、実は所定休日を削る場合、法定休日とは計算方法が異なるのです。

所定休日を削って出勤した場合、基本給の時給換算に一.二五をかけた金額を支払うことが定められています。

気づいた方も多いと思いますが、これは残業代の計算方法と同じです。

ここから分かることは、休日出勤とは、あくまで法定休日を削った場合にのみ適用される概念で、所定休日を削っただけでは週四十時間を超えた残業、という区分になってしまうということ。

なんと休みを返上しているのに残業扱いになるんです、ちょっと腑に落ちませんよね。

 

休日出勤になるのは法定休日を切ったときだけ!

 

 

悲しいかな、これが現実ですので制度を変えない限り待遇は変化しません。

しかし、法定休日や所定休日のカラクリを理解したあなたは休日マスターに一歩近づきました。

これから企業を選ぶときには、こうした休日の区分けを知っているとかなり企業の本質が見抜きやすくなります

「週休2日制でプライベートも充実!」という文言に躍らされることもなくなりますね。選ぶときには完全週休2日制の企業を優先的に選ぶとワークライフバランスが保てるでしょう。

 

話題のブラック企業を見分ける簡単な方法を伝授!

 

 

休暇などの待遇面を質問するのはすこしはばかられますが、やはり面接時に聞きにくいことをあえて直接尋ねるのが一番良いでしょう。

そこで口ごもったり、週休2日制だけど連休が取れる、などと言い訳じみたことを言う企業は少し危険です。

そもそも週休2日の企業であっても週四十時間を超えた労働時間分の残業代は支給されますので、企業側はなにもやましく感じる必要はありません。堂々と説明すればいいだけなのに、そこで口ごもるというのはなにか裏を感じてしまいますよね。

残業しているのに未払いだったり、こちらが知らないのをいいことに、違法な労働を強いている可能性があります。

ブラック企業でなくとも、残業が多い会社は存在しますが、仕事に熱中したい方はむしろこうした週休2日制の企業の方が成長できるかもしれません。

お金も稼げますし、成長にも繋がります、求めているキャリアを実現できそうな企業を選びましょう。

ミスマッチを防ぐためにも休日の制度についてはしっかり聞いておきましょう。

あとから嘘だとわかった場合には、すぐに労働基準監督署へ相談に行くことをおすすめします。

 

もう騙されない、年間休日の落とし穴とは?

 

中には年間休日を多く見積もって新卒や転職者を誘い込む企業もありますが、こうした企業も質問をすることである程度見破ることができます。

そもそも週休2日制で年間休日を百二十日以上確保するのはほぼ不可能です。

有給を使わずに公休だけで連休を何度か取得させなければ実現できません、社員が年に何度も長期休暇を取得する必要が生まれ、現場にかなり負荷がかかります。

企業の実情を知るためには、年間休日よりも週休2日か完全週休2日かを確かめたほうが確実です。

 

週休2日か完全週休2日かを見極める

 

 

転職エージェントを通して転職する場合には、エージェントに相談するのが一番確実で手っ取り早い方法です。

企業をスクリーニングする時点で休日制度をはっきり指定しておけば、確実に希望にあった休日制度の企業を紹介してもらえます。

むしろ重要なのは自分自身の求めるワークライフバランスを実現するためにはどちらの休日制度を選ぶか、といった点でしょう。

 

 

労働基準法は最低限備えておくべき知識

 

 

労働者には多くの権利が認められていますが、そうした権利を主張できない方が多く存在しています。

企業が認めてくれない、という声をよく聞きますが、あなたの権利を認めるのは企業ではなく国や法律です。

権利を正しく履行するためにも、まずは最低限の知識を身につける必要があります。

適切な知識が身につくと、面接や企業研究の時点で自分にあった企業を見つけられるようになるでしょう。

 

自分に合った企業を見つけてQOLを向上させよう

 

 

一概に週休2日の企業が悪いというわけではありません。

実際に筆者が知っている社会人の男性は完全週休2日制だとお金が稼げない場合が多いといって、わざと休日が少ない会社に入社し、バリバリ働いています。

本人がどのように人生を豊かにしていくか、という観点で企業を選ぶと良いでしょう。

最近は休みが多く残業が少ない企業がもてはやされていますが、それだけが全てではないようにも思えます。

こうした労働に関する基本的な知識をしっかり身につけて、QOLを高めていきましょう。

 

 

Geekly Media
ライター

この記事が気に入ったら
シェアしよう!

  • twitter
  • facebook
5+

関連記事

求人数×IT業界での紹介実績数で、納得の転職をサポート。IT業界専門だからこそできる提案力を実感してみてください。