『週休2日制』と『完全週休2日制』の違いとは?企業選びで抑えておきたいポイント!

週休二日と完全週休二日の違いについてご存知ですか?
名前は酷似していますが、実は全くの別物なんです。知らないと痛い目を見るこの二つの違いについて徹底解説していきます!休日出勤したはずなのに残業代が増えている、などのよくありがちな悩みの正体を、元人事部勤務の筆者が徹底解説します!

 

法定休日と所定休日で割増賃金が異なるカラクリ

 

 

所定休日の話に戻りましょう。

所定休日が八日ある企業を仮定してみます。八日のうち四日までは法定休日、上乗せされた四日は所定休日となりますが、この上乗せされた四日は企業が独自に定めた休日です。

この所定休日を削って休日出勤を命じる場合にも割増賃金を支払わなければなりません。

しかし、実は所定休日を削る場合、法定休日とは計算方法が異なるのです。

所定休日を削って出勤した場合、基本給の時給換算に一.二五をかけた金額を支払うことが定められています。

気づいた方も多いと思いますが、これは残業代の計算方法と同じです。

ここから分かることは、休日出勤とは、あくまで法定休日を削った場合にのみ適用される概念で、所定休日を削っただけでは週四十時間を超えた残業、という区分になってしまうということ。

なんと休みを返上しているのに残業扱いになるんです、ちょっと腑に落ちませんよね。

 

休日出勤になるのは法定休日を切ったときだけ!

 

 

悲しいかな、これが現実ですので制度を変えない限り待遇は変化しません。

しかし、法定休日や所定休日のカラクリを理解したあなたは休日マスターに一歩近づきました。

これから企業を選ぶときには、こうした休日の区分けを知っているとかなり企業の本質が見抜きやすくなります

「週休二日制でプライベートも充実!」という文言に躍らされることもなくなりますね。選ぶときには完全週休二日制の企業を優先的に選ぶとワークライフバランスが保てるでしょう。

 

話題のブラック企業を見分ける簡単な方法を伝授!

 

 

休暇などの待遇面を質問するのはすこしはばかられますが、やはり面接時に聞きにくいことをあえて直接尋ねるのが一番良いでしょう。

そこで口ごもったり、週休二日制だけど連休が取れる、などと言い訳じみたことを言う企業は少し危険です。

そもそも週休二日の企業であっても週四十時間を超えた労働時間分の残業代は支給されますので、企業側はなにもやましく感じる必要はありません。堂々と説明すればいいだけなのに、そこで口ごもるというのはなにか裏を感じてしまいますよね。

残業しているのに未払いだったり、こちらが知らないのをいいことに、違法な労働を強いている可能性があります。

ブラック企業でなくとも、残業が多い会社は存在しますが、仕事に熱中したい方はむしろこうした週休二日制の企業の方が成長できるかもしれません。

お金も稼げますし、成長にも繋がります、求めているキャリアを実現できそうな企業を選びましょう。

ミスマッチを防ぐためにも休日の制度についてはしっかり聞いておきましょう。

あとから嘘だとわかった場合には、すぐに労働基準監督署へ相談に行くことをおすすめします。

 

もう騙されない、年間休日の落とし穴とは?

 

中には年間休日を多く見積もって新卒や転職者を誘い込む企業もありますが、こうした企業も質問をすることである程度見破ることができます。

そもそも週休二日制で年間休日を百二十日以上確保するのはほぼ不可能です。

有給を使わずに公休だけで連休を何度か取得させなければ実現できません、社員が年に何度も長期休暇を取得する必要が生まれ、現場にかなり負荷がかかります。

企業の実情を知るためには、年間休日よりも週休二日か完全週休二日かを確かめたほうが確実です。

 

週休2日か完全週休2日かを見極める

 

 

転職エージェントを通して転職する場合には、エージェントに相談するのが一番確実で手っ取り早い方法です。

企業をスクリーニングする時点で休日制度をはっきり指定しておけば、確実に希望にあった休日制度の企業を紹介してもらえます。

むしろ重要なのは自分自身の求めるワークライフバランスを実現するためにはどちらの休日制度を選ぶか、といった点でしょう。

 

Geekly Media ライター

4+