【転職ブランク】ブランクは許されるのか?その後のリカバリー方法まで徹底解説!

ブランクがあると企業は採用してくれない?いいえ、そんなことはありません!リカバリー方法は存在します。ブランクがある理由は人それぞれですが、押さえるポイントは一緒であることをまずは知りましょう。今回はブランクはあるが転職活動したい人に向けて、リカバリー方法からブランク理由別の対策方法もお伝えしていきます。

 

ブランクが長くても納得できる理由があればリカバリー可能

 

基本的にブランクがあったとしても、面接官が納得すれば問題ありません。

あとは自身の能力や実績をもとに採用するかどうかが決まります。

 

ここで覚えていただきたいのが、仮に面接に落ちたとしても下を向かないでください、ということです。

 

「やっぱり、ダメだった」「ブランクが長いから落ちたんだ」という思考になると行動意欲が下がってしまいます。

ブランクのあるなしに関わらず、会社に必要な人材であるか?会社の風土に合うか?など多岐に渡る項目で審査しているためです。

 

極論になれば、面接官が「私はこの人と一緒に仕事をしたいと思うか?」という理由だけで決定することもあります。

場合によっては「性格が合わなさそう」という理由で落ちることもあります。まさかと思うかもしれませんが、意外とあります。

不公平と感じるかもしれませんが、逆にそういう会社に採用が決まらなかったことを幸運と思いましょう。

 

採用側は意気込みや姿勢を見ている

 

面接官が見たいのは意気込みや姿勢です。

スキルや実績も大事ですが、会社のために働くことができる人材であるかを見極めたいのが本音です。

採用した人材が簡単に辞めてしまい、また面接の機会を作るのは避けたいです。

中途採用といえど、自社のルールを教えたり、ノウハウを教えたりする必要があります。中途採用を繰り返すと、同じ作業の繰り返しになり面倒です。

 

だからこそ、会社のために働く意気込みや姿勢があるかを重点的に見ます。ブランクのあるなしは関係ありません。

 

【ブランク/理由別】面接対策を解説

 

 

ブランクがある理由は人それぞれです。

そこで、ブランクの理由別に面接対策をレクチャーしますので、参考にしてください。

 

資格取得によるブランク

 

取得した資格にもよりますが、転職先の業務において役に立つ資格であれば前向きに捉えてくれる可能性は高いです。

難易度が高い資格であればあるほど、納得感が強まります。

この場合は気後れする必要はありません。自身の能力やアピールポイントをドンドン出していきましょう。

 

伝え方のポイントとしては「資格を取得した目的」を簡潔に言えれば問題ありません。

「キャリアアップを目指し、専門性のある○○の資格を取得しました」などであれば納得してくれることでしょう。

 

ケガ・病気によるブランク

 

 

長期休暇を余儀なくされるようなケガや病気の場合は面接官も理解をしてくれます。

しかし、面接官として気になるところは「きちんと働くことができる状態なのか?」です。

面接時には「○○の病気が理由で長期間療養していました。現在は完治しており、業務を行うことに問題はありません」と元気よく答えましょう。

 

出産・子育てによるブランク

 

出産から幼児期の育児は想像以上に時間を取られてしまいます。

常識として働く時間を取ることが難しいことは多くの人が理解してくれることでしょう。

しかし、ブランク期間があるため知識や勘が鈍っている点があるか気になるところです。対応策としては下記などを参考にしてみてください。

 

「会社業務として仕事をする時間は取れませんでしたが、クラウドソーシングを通して○○の仕事をしていました。」

「出産や育児の合間に○○の資格を勉強し取得しました。」

以上のように、合間の時間でやってきたことを会社にアピールすれば問題ありません。

 

Geekly Media ライター

gibson

3+