【転職ブランク】ブランクは許されるのか?その後のリカバリー方法まで徹底解説!

ブランクがあると企業は採用してくれない?いいえ、そんなことはありません!リカバリー方法は存在します。ブランクがある理由は人それぞれですが、押さえるポイントは一緒であることをまずは知りましょう。今回はブランクはあるが転職活動したい人に向けて、リカバリー方法からブランク理由別の対策方法もお伝えしていきます。

 

転職活動が長引いてしまった場合

 

特別な理由がなく、転職活動が長引いてしまう場合もあります。

転職活動をしているとはいえ、会社員と比べれば時間の都合はつきやすいです。

面接官もその点を見逃しません。

ですので、転職活動において役に立つことをアピールすることが大事です。

 

たとえば、狙っている業種に役に立つ資格を取得もしくは勉強をしていること、もしくは狙っている業種に近いバイトをしていることを伝えるのがいいでしょう。

 

これらの経験を交えて、会社に貢献できることをアピールしましょう。

 

たとえば「御社と同じ業種の○○でバイトをしながら転職活動をしております。

そこで得られた▲▲という経験(または資格)を御社の仕事に生かせるのではないかと考えています。」と答えられれば面接官も納得してくれるでしょう。

 

大事なのは意欲と意欲に見合った行動ができているか

 

 

ブランクがあった場合、転職はできないと思っていたかもしれませんがいかがでしたか?

採用側の立場に立つことで、見たいポイントもわかってきたかと思います。

採用担当が見るポイントはスキルや実績もそうですが、一番大事なのは意欲です。

 

しかし、ただ単に「一生懸命頑張ります!」「身を粉にして働く所存です!」と言葉だけ伝えても意味はありません。

意欲に見合う行動をしてきたのかもチェックされます

面接官から言われる前に、意欲があること、意欲に見合う行動を示すことが一番のポイントです。

今回の内容を元に自身の転職活動を頑張ってみてください。

 

Geekly Media ライター

gibson

3+