転職のタイミングは現職中?それとも離職中?メリット・デメリット含めて徹底解説!

初めての転職の場合、気になるのがやり方ですよね。特にどのタイミングで行うのがベストなのか気になるところです。現職中もしくは離職中に行うかは永遠のテーマと言っても過言ではありません。今回はそれぞれのタイミングのメリット・デメリットをお伝えします。自身に合った方法を見つけるためにも、一度チェックすることをおすすめします。

 

転職したい!でもベストのタイミングがわからない!

 

 

ステップアップしたい、もしくは今の会社に何かしらの不満を持っていたら転職を検討してみるといいでしょう。

ただ、転職を考えようとしたときに出てくるのが、どのタイミングでするべきか?ではないでしょうか。

現職中に行ったほうがいいのか、離職中に行ったほうがいいのかは体験してみないとわかりません。

 

行けばわかるさ!と軽いノリで行けるならそれでいいかもしれません。

しかし、失敗や後悔はしたくないですよね。

今回は転職をする際に現職中がいいのか、離職中がいいのかをメリット・デメリットを交えてお伝えしていきます。

 

現職中に転職するメリット

 

 

現職中に転職するメリットは主に4つあります。

離職中にはない魅力的なメリットがありますので、まずは見ていきましょう。

 

お金の心配がない

 

 

現職中なので給料が入ります。

働いているのであれば、お金が入るわけですから少なくともお金の心配をすることはないでしょう。

 

逆に離職している場合はどうでしょうか?

実家暮らしならお金の心配はないかもしれませんが、一人暮らしもしくは家庭を持っている方は貯金との相談になります。

 

転職失敗したときの保険となる

 

転職をすれば必ず成功するわけではありません。

複数社にトライしてみた結果、失敗することも考えられます。

仮に離職してから転職を行って、失敗したときは長期間の無職状態になります。

収入の面でも精神的な面でも負担がかかることでしょう。

 

年金や税金などの対応をしなくて済む

 

離職をすると無職状態になりますが、税金や年金の対応をする必要があります。

今までは会社が代わりに対応していたことを自身で対応しなければなりません。

年金の場合は国民年金を支払う必要もあります。

 

ブランク期間がないため採用されやすい

 

離職期間が長くなると、ブランクが発生し仕事の勘や知識が鈍ってしまいます。

全く違う業種であれば関係ないかもしれませんが、多くの場合は同業またはそれに近い業種に転職することになります。

転職先としても即戦力を求めたいのが本音です。

勘や知識が鈍っている人を積極的に雇いたいとは思わないでしょう。

 

現職中に転職するデメリット

 

 

現職中のメリットがわかりましたがデメリットも存在します。

主に4つありますので見てみましょう。

 

転職活動する時間がなかなか取れない

 

一番のデメリットがこちらです。働いているわけですから集中して活動することができません

また、ほとんどの業種は平日勤務、土日祝日休みです。

自身も同様の場合、相手先との連絡や面接を行う際に時間が合わずということがあります。

現在の仕事が残業が多い場合は「どのようにして時間を確保するか?」「転職候補先との面接機会をどのようにクリアするか?」が重要になります。

 

Geekly Media ライター

gibson

4+