転職のタイミングは現職中?それとも離職中?メリット・デメリット含めて徹底解説!

初めての転職の場合、気になるのがやり方ですよね。特にどのタイミングで行うのがベストなのか気になるところです。現職中もしくは離職中に行うかは永遠のテーマと言っても過言ではありません。今回はそれぞれのタイミングのメリット・デメリットをお伝えします。自身に合った方法を見つけるためにも、一度チェックすることをおすすめします。

 

年金や税金の支払い問題

 

離職をすると厚生年金から国民年金への支払いが迫られます。

収入がない状態で支払わなければならないので、割とダメージが出ます。

税金に関しても離職した翌年は自身で支払う必要があります。

手続きの対応も必要になるため面倒が多くなるのも事実です。

 

長引くことによる悪循環

 

離職期間が長くなると、ブランクが発生し企業側としても能力を懸念してしまいます。

採用される可能性が減ってしまい、失敗が続けば精神的にも参ってしまいます。

採用されない焦りから、自身が想定したランクよりも下の企業に応募してしまい、何のための転職だったのかわからなくなる可能性も否定できません。

離職して転職活動をする際は計画的な行動と事前準備が必須です。

 

自身のタイプや状況によって臨機応変に対応しよう

 

 

転職活動をするベストタイミングは人それぞれです。

会社の状況や就業時間、貯金、ライフプラン、キャリアプランなど多岐にわたる要素で対応しなくてはいけません。

現職中にしたほうがいいのか、離職中にしたほうがいいのかは状況次第です。

今回の情報を元に自身はどちらがいいのか冷静に判断したうえで行動するようにしましょう。

 

転職をする際に大事なことは「なぜ転職をするのか?」です。

目的は何なのかを定めて、必要な要素をクリアしていくことが転職成功するための重要なポイントです。

企業としても、なぜ転職をするのかはもっとも気になる項目です。

自身だけでなく相手も納得できる理由があれば、その思いが行動に伝わり成功しやすくなります。

具体的な転職活動する前にまずは考えてみるといいでしょう。

 

Geekly Media ライター

gibson

3+