転職のイロハを徹底解説!気になる年齢の話から準備の仕方、押さえておくポイントまで!

「転職したい。」そう考えている方はたくさんいると思います。
しかし「どうやってやったらいいのかわからない。」、「もう30歳超えてるけど転職ってできるの?」などという疑問を抱えている方は多いと思います。
今回は気になる年齢について、転職の準備の仕方、抑えておくポイントを解説していきます。

 

転職のための準備 転職理由を整理

 

 

さて、いよいよ転職の準備を始めていきます。

では、何から始めればいいのでしょうか。

まずは『なぜ転職したいのか』をきちんと見定めることです。

本音の部分では「職場環境に問題があるから解消できる環境を求めて」や、「給料が安いから少しでも高いところへ」などネガティブなものかもしれません。

 

なぜ転職したいのかが重要なのは企業選びの軸になるから

 

転職理由を明確にする必要性は、企業選びの重要な軸になるからです。

転職したい人は、現状に問題を抱えていると思います。

その問題を解決するために「転職をしたい」と考えるものです。

その解決したい内容をきちんと把握しておくことで自身にマッチした企業選びを行ってください。

 

転職のための準備 応募書類を作る

 

 

次に応募書類を作成していきます。作成する書類は履歴書と職務経歴書です。

この書類、応募するにあたってとても重要になります。

一番最初に企業が自分を判断してくれる書類になります。

重要な書類なだけにしっかりと作りこんで、自分をアピールしましょう。

 

履歴書の作り方 重要なポイントは志望動機

 

履歴書作りから始めていきましょう。

まずは経歴の記載から。学歴は高校卒業年次から記載していきます。

これだけ記載されていれば十分です。稀に小学校入学年次から記載をされる方がいますが、小学校、中学校は義務教育で、自身で選ぶことができないので記載は不要なケースが多いです。

しかし、いわゆるお受験をして小学校から有名私立などに入学されている方は小学校入学年次から記載しましょう。

履歴書作りで一番重要なのは志望動機です。

自身が応募企業でどのようになりたいのか、どうしてその会社で働きたいのかをアピールするところになります。

なぜこの企業を志望したのか、転職したいと思った理由を踏まえて記載していきましょう。

唯一履歴書の中で自身をピールできる箇所なので、ここも作りこみが必要な個所です。

 

職務経歴書は成果と強みのアピール

 

職務経歴書は何を記載すればいいのかわからないという方が多くいます。

最近ではネット検索したら職務経歴書の雛型の資料があります。

大枠はネットで検索すると用意できるので、参考にしましょう。

職務経歴書で大事なことは成果と強みのアピールです。

成果は、つとめて勤めてきた会社で上げてきた成果を記載します。

例えば、営業であれば売上額や粗利額を、人事で採用を担当していたのなら採用した人数などが成果になります。

比較対象として、年間予算や採用目標人数を記載して、達成率や会社内での順位なども記載するとわかりやすく、簡単に理解していただける書類になります。

強みは自己PRになります。

コミュニケーション力に自信があるのであれば、実際にコミュニケーション力を活かして成果を上げたエピソードを記載してどのように強みが活かされたのかをアピールします。

自己PRは複数記載してもいいですが、2~3つにしておきましょう。

多すぎると、「何をアピールしているのかわからない」、「アピールポイントが矛盾している」などといったことが生じてしまいます。

注意して記載しましょう。

 

Geekly Media ライター

Terrace Factory

3+