カテゴリから探す
Geekly
コラム
技術・
テクノロジー
職種・
ポジション
Web・
ゲーム
転職準備
転職活動
  1. HOME
  2. Geekly Media
  3. 転職準備
  4. 「仕事辞めたい!」と思った時の「お薬」に。背中を後押しする言葉とそれでも辞めたい時の方法をご紹介します!
  • 転職準備

「仕事辞めたい!」と思った時の「お薬」に。背中を後押しする言葉とそれでも辞めたい時の方法をご紹介します!

仕事を辞めたくて仕方ない、そんなときに考えるのは退職や転職の二文字ですよね。
でも、もし新しい仕事が見つからなかったら……。
転職して今より待遇が下がってしまったら……。
そんな風にどんどん八方塞がりになって気分が落ち込んでしまいますよね。
そんな辛い負のループに陥っている方のために、すぐに試せるメンタルケアやセルフチェック方法を伝授します!

2019年1月20日

  • twitter
  • facebook

 

仕事を辞めたい理由を考え直してみよう

 

 

どうして仕事をやめたいと思うのか、具体的な理由は思い当たりますか?

上司の田中のパワハラがひどい、というくらいに具体的な理由はありますか?

多くの方は「なんとなく仕事が嫌だ」と考えているのではないでしょうか。

あまりに多くの理由が絡まると、人は理由をばらして考えられなくなります。

こうなると自力で解決するのは難しいので、ひとつずつ「嫌なこと」を書き出してみましょう。

 

白紙に嫌なことをすべて書き出す

 

 

働いていればストレスは湯水の如く湧き出てきます、これはどうしようもないことですし、誰かと働いている以上こうしたストレスをゼロにはできません。

人によって何にストレスを感じるのかも、許容量も異なりますから「俺にもできたからお前にもできる」というようなアドバイスも、あまりあてになりません。

なので、自分で自分のストレスを自覚して評価してみることをおすすめします。

用意するのは白い紙とペン。チラシの裏でも構いません。

そこに不安や不満、気に入らないことを全部書きだしていきます。

 

不安や不満をランキングにする

 

 

次に、書き出した不満や不安を「重要度」でランキングにしてみましょう。

一番上に重要なもの、つまり最も嫌なものを書いて、その下に二位、三位……とどんどん並べていきます。

全ての不安や不満を書き終わったら、今度はそれが実現したらどんな恐ろしいことが起こるのかを考えていきます。

 

不安や不満によってもたらされる最悪の事態は?

 

 

一番恐れているものから順番に、それによって起こりうる最悪の事態を書いていきます。

先ほど登場した上司の田中を例に考えてみましょう(全国の田中さんすみません)。

上司の田中のパワハラによって、あなたに生じる最悪の事態とは何でしょうか。

「緊張してお腹が痛くなる」

「吐き気や頭痛によって仕事どころじゃなくなる」

「うつ病になって生活もままならなくなる」

など、具体的に書いていきます。

さらに

「うつ病になって生活できなくなり、彼女に振られる」

「仕事を失い生活保護に陥る」

といったところまで深掘っても良いです。

ここだ、という根源的な恐怖まで深掘ります。

 

最悪の事態を回避するために今できることを考える

 

 

ここまで最悪の事態を考えてきましたが、次に行うのは「対策を講じる」ことです。

うつ病にならないために、もしくはうつ病になった後でも最悪の事態に陥らないために今からできる対策を考えていきます。

「田中のパワハラを人事部に報告する」という対策を考えたら、さらにそのために必要な手順を考えます。パワハラを立証する証拠が必要になりますよね。

なので

「ボイスレコーダーを持ち歩き、証拠を揃えておく」

「同僚に相談し、承認になってもらう」

などの対策が考えられます。

こうして恐怖を管理することで、いくらか不安の正体は明確になります。

どうでしょう、ぼんやり「嫌だなぁ……」と考えているよりも少しは前進した気がしませんか?

 

 

ストア哲学の力を借りる

 

 

実はこちらのメンタルケア方法は、有名プレゼン番組TEDで紹介されていたものです。

ストア哲学という流派で用いられている「恐怖を観察する」という考え方を応用したもので、多くの実業家やアスリートが採用しているメンタルハックです。

実際に恐怖を管理してみると、ぼやっとした黒い影のように実態を持たなかった恐怖の正体があらわになって、いくらか気が楽になりました。

「仕事が嫌だけど、どうして辞めたいのか分からない」という方にはぜひ試してほしいと思います。

 

心理マニアが教えるメンタルケア方法

 

今すぐ気持ちをラクにしたい!

という方におすすめのメンタルケア方法をご紹介します。

どれもすぐに試せるものばかりですので、時間を見つけて取り組んでみてください。

 

運動

 

 

適度な運動は血行を改善してコリを解消します。

身体が凝り固まっていると体温も下がり、血行が悪くなります。

すると十分な酸素が脳に運ばれず、思考が行き詰まったりしてしまいます。

また、運動をするとテストステロンと呼ばれる男性ホルモンが分泌されます。

テストステロンはQOLに直結するホルモンとして近年注目を集めており、精神安定にも重要な役割を持っていると見られています。

男女ともに活発に生きていくために必須のホルモンなので、適度な運動を心がけて精力的な生活を送りましょう。

 

バランスの良い食事

 

 

レトルト食品にはトランス脂肪酸が含まれており、上記のテストステロンを減少させることがわかっています。

栄養バランスも偏りますし、忙しい中でもレトルト以外の食事を摂るように心がけましょう。

週末に作り置きしておくのもおすすめです。

 

十分な睡眠

 

 

どんなに忙しくても睡眠時間だけは確保するようにしましょう。

最低でも六時間、理想は八時間と言われていますが、個人差があるので一概には言えません。

ただ、睡眠にはレム睡眠とノンレム睡眠という大きく分けて二つの睡眠段階があります。ノンレム睡眠のほうが深い眠りで、脳まで休んでいる状態です。

この状態のときに、記憶が整理されたり身体の修復に必須のホルモンが分泌されたりします。もちろん、先ほど挙げたテストステロンもここで分泌されます。

睡眠が浅いとこうした脳のメンテナンスが行えないまま目覚めることになるので、疲れが取れずに朝を迎えることになります。

睡眠不足は集中力や記憶力が低下する原因になりますので、仕事のパフォーマンスにも直結します。

結果、ミスが続いてさらに仕事が嫌になるかもしれません、睡眠時間は最低限六時間ほど確保しておきましょう。

 

気の合う友人と遊ぶ

 

 

これはストレス発散の手段として有効です。

遊ぶ内容はなんでも構いません、カラオケでもボウリングでも飲み会でもなんでもいいんです。

ストレスを感じるとコルチゾールなどのストレスホルモンが分泌され、自律神経や内分泌系影響を与えます。

怒られたり喧嘩をしているときは心拍数が上昇したり、緊張したりしますよね。

ストレスに晒され続けると、こうした状況が絶え間なく続くことになります。

ストレスを感じていない時間を意図的に作らなければ、ずっと自律神経が影響を受けることになります。

結果として自立神経失調症を発症したり、ひどいときはうつ病を患う原因になります。

ガス抜きを上手く行うことで身体をストレスから守れるということを忘れないようにしましょう。

 

 

瞑想を試す

 

 

瞑想と聞くとうさんくさい、と思われるかもしれません。

しかし、実はマイケル・ジョーダンを始めとするトップアスリートがメンタルトレーニングの一環として取り入れているれっきとした精神安定方法です。

瞑想を行うことで自律神経のうち副交感神経を優位にさせることができます

副交感神経は身体のはたらきを安定させる働きをもち、リラックスしているときに優位になる神経です。

瞑想によって身体と精神を落ち着けることで、いま自分が悩んでいることや不安に思っていることを一歩引いたところから観察することができますので、気持ちが整理できます。

 

入浴

 

 

血行をよくし、気分を上げてくれます。

先ほど述べた副交感神経を刺激し、リラックスさせる効果があります。

なかなか忙しくて入浴できず、シャワーを浴びて済ませてしまう方もおおいのではないでしょうか。

疲れを取ってぐっすり眠るためにも入浴は効果的ですので、今夜は湯船に浸かってゆっくり身体をあたためてみませんか?

 

仕事を辞めてもどうにかなる備えを持っておく

 

 

仕事を辞めたくても辞められない、という問題の本質は「仕事を辞めたら生きていけない」という状況にあります。

本業の仕事以外に副業を始める資産形成に取り組むなどして備えを作っておくと精神的にゆとりを持つことができます。

2018年は副業元年とも呼ばれ、副業に対して肯定的な意見を持ち始める企業が増えてきました。

資産形成についても、投資信託などであれば少額からはじめられますし、運用はプロに任せるだけですので気軽にはじめられるとサラリーマンの間で人気です。

NISA口座を開設すれば節税にもなりますので、こうした備えをたくさん作ってみるのも一つの手です。

 

上長に相談する

 

 

辞めたい理由が会社の制度や雰囲気にある場合は、上司に相談することでも状況が改善されることがあります。

もし、上司にパワハラを受けていたり相談しにくい場合は更に上の上司へ相談してみましょう。

辞めるかどうかは、打てる手を打ち尽くしてからにしましょう。

諦めずにやれるだけやってから、次の手段を考えましょう。親身になってくれる方がいるかもしれません。

 

怖がらずに辞めたあとのことを真面目に考える

 

 

仕事を辞めてもすぐに困窮するわけではありません。

失業保険の確認や、住居確保給付金の申請などを行い生活を安定させることができれば、仕事を辞めても数か月は問題なく生活が送れます

どうしても今の仕事を辞めたいと思ったら、怖がらずに辞めたあとの生活を想像してみるとよいでしょう。

今の自分のスキルや経験で再就職するとしたらどの職種になるのか、といった部分まで考えることができれば、退職してもよいのかどうかを客観的に判断できている証拠です。

今の自分を客観的に評価しつつ、退職後の生活を思い浮かべてみましょう。

もやもやした気分が晴れて、今やるべきことが見えてくるかもしれません。

 

 

転職は逃げじゃない、新たな可能性に出会う扉が開くだけ

 

 

転職を「悪いこと」だと考える風潮はすでに昔の話、現在は第二新卒という言葉が示すように、一つの会社で終身雇用が望めなくなっています。

どんどんスキルを磨いてステップアップしていく時代になっていますので、転職はその手段として認められてきています。

仕事を辞めたいという気持ちを押さえ込むのではなく、なぜ辞めたいのか理由を明確にし、それが実現するとどうなってしまうのか想像し、対処法を考えましょう。

どうしても辛い場合はメンタルケアを行って、少しずつ気持ちを落ち着けていきましょう。

それでもきついようであれば、転職も視野に入れて自分の状態を客観的に見てみましょう。

仕事を辞めることも、転職することも悪いことではありません。

一番いけないことは自信を失って投げやりになってしまうことです。

悩んでいるということは自分の未来や将来に希望を持っている証拠ですので、たくさん悩みましょう。

 

Geekly Media
ライター

この記事が気に入ったら
シェアしよう!

  • twitter
  • facebook
3+

関連記事

求人数×IT業界での紹介実績数で、納得の転職をサポート。IT業界専門だからこそできる提案力を実感してみてください。