カテゴリから探す
Geekly
コラム
技術・
テクノロジー
職種・
ポジション
Web・
ゲーム
転職準備
転職活動
  1. HOME
  2. Geekly Media
  3. 転職準備
  4. 未経験でもシステムエンジニアになれる!エンジニアになるためにやるべきこととは?
  • 転職準備

未経験でもシステムエンジニアになれる!エンジニアになるためにやるべきこととは?

システムエンジニアという職種を聞いたことはありますか?エンジニアと聞くと難しそうに聞こえますが、実は近年は未経験の方でもシステムエンジニアを目指せるような環境ができてきています。では実際エンジニアになるためにはどんな事をすればいいのかを紹介していきます。システムエンジニアになりたいという方は是非最後まで読んで下さいね。

 

システムエンジニアについて知ろう

 

 

システムエンジニアという言葉を多くの人が聞いたことがあると思います。

名前だけ聞いているとかっこよさそうにも聞こえるのでやってみたいと思う方も多いのではないでしょうか?

しかし、実際にシステムエンジニアがどんな仕事をしているかを知っていますか?

近年のIT業界の成長は著しく、生活と切っても切り離せない関係になってきました。

システムエンジニアとして働いてくれている人たちが、私たちが普段使っているIT製品のシステムを作ってくれています。

つまりIT業界を支えているのがシステムエンジニアといっても過言ではないほどの存在です。

ちなみにシステムエンジニアはSEとも呼ばれており、求人募集などでは略称であるSEで表記されることも多いです。

 

システムエンジニアはどんな仕事をする?

 

 

具体的にどんな仕事をしているのかというと、取引先企業などからこういうことをしたいという要望を伺い、その要望をもとにシステムを構築することで実現するお仕事です。

実際のフローとしては「要望をヒアリング」→「どう実現するのかを設計」→「具体的にどんなシステムを組み込むのか設計」→「できたシステムの動作確認」といった感じで仕事をしています。

企業によってもシステムエンジニアのあり方も異なるので、一概には言えませんがこれが基本的なシステムエンジニアの仕事です。

では実際にシステムエンジニアになるためにはどんなフローを踏めばいいのか知っていますか?

 

システムエンジニアになるには① 学校に通う

 

 

最初に紹介するシステムエンジニアになるためにする事は「学校に通う」です。

これが一番わかりやすく、基本から学びたい方にはおすすめの方法です。

 

専門学校に入学する

 

 

学校に入って学ぶ中でも一番おすすめなのが専門学校で学ぶことです。

専門学校では自分が目指すところを専門的に学ぶことができるので、余計な時間をかけずに最短距離で知識を深めることができます。

多くの専門学校では現在も第一線で活躍しているベテランのシステムエンジニアの方などゲスト講師という形で、専門的な知識はもちろん業界の事、実際に現場で活きる能力等を経験から教えてもらうことができます。

卒業してからすぐにシステムエンジニアとして活躍できるような実践的な能力を学びたいと考えている方におすすめです。

 

大学に入学する

 

 

専門学校と比べると専門性が低い大学ですが、学校によっては高度な技術を学ぶこともできますし専門学校と比べると学歴も上になるので就職の上では有利に働きます

どの学科がシステムエンジニアに繋がるかというと、主に情報系の学科がシステムエンジニアになる学科になるのですが大学はシステムエンジニアになる事を強要するわけではないので、ただ通っていればシステムエンジニアになれるというわけではありません。

自主的に学んでいくことが非常に重要になります。

 

システムエンジニアになるには② 資格を取る

 

 

次に紹介するシステムエンジニアになる方法は資格を取るという方法です。

システムエンジニアはこの資格がないとなれないというものではないので、資格を取る必要はないのですが、パソコンを使いこなせなければシステムエンジニアになることはできません。

パソコンのスキルを上げるために資格の勉強をするのは非常にいい方法です。

資格を持っていることで就職をしようと考えた時も企業からいい印象を持ってもらえるので合格がしやすいですし、働きだしてからも手当てがもらえたり仕事を任せてもらいやすかったりとメリットがあります。

なので、資格を取得しておくことがシステムエンジニアになる近道といえます。

しかし先ほども話した通りシステムエンジニアには、弁護士になるには弁護士資格・医者になるには医師免許といったような直接的な資格があるわけではありません。

なので、システムエンジニアの実務に役立つ初心者におすすめの資格についても紹介しておきます。

 

 

情報処理技術者試験

 

この資格は国が委託しているIPA(独立行政法人情報処理推進機構)から取得することができる資格で、ITの活用や情報処理についての資格が12区分されており、レベルや自分が学びたいことに応じて資格取得を目指すことができる資格です。

IT初心者の方には知識を増やすために特におすすめの資格になります。

 

基本情報技術者

 

この資格はシステムエンジニアのほとんどの人が取得している国家資格で、こちらもIPAから取得することができます。

ITに関する知識を学べるという点では情報処理技術者試験と同じですが、この資格はより実践的で実務にも役立つ能力を養う事ができます。

 

マイクロソフト テクノロジ アソシエイト

 

この資格は国家資格ではなくマイクロソフトが独自に定めている資格です。

IT系のエンジニアを目指す人に向けて作られた資格で、情報ネットワークやセキュリティについて学ぶことができます。

マイクロソフトはエンジニアに向けて色んな資格を提供していますが、この資格はそのすべての元となる資格なのでまず取得しておけば基本的なことを学ぶことができます。

また、さらに初心者向けにマイクロソフト オフィス スペシャリストという資格もあり、これはマイクロソフトが出しているワードやエクセルといったオフィスの使い方を検定する資格です。

システムエンジニアなる以上マイクロソフトオフィスは使えて当然なので、パソコンに自信がない方はここから始めましょう。

 

オラクルマスター

 

日本オラクルという会社が認定している資格で、情報処理能力を検定する資格です。

比較的ポピュラーな資格なので取得している人も多く、システムエンジニアには情報処理能力が必要不可欠なのでとっておきましょう。

 

システムエンジニアになるには③ 転職する

 

 

最後に紹介するシステムエンジニアになるための方法は就職をするという方法です。

「えっ!今までそういう企業に勤めるために学校に入る、資格を取る事が必要なんじゃないの」と思う方もいるかもしれませんが、資格のところでも言った通りシステムエンジニアになるには特に資格が必要なわけではありません。

学校に行ったり資格を取ったりするのは、就職をしやすくするためや入社してから短期間で活躍するための下地作りみたいなものです。

なので、学校や資格を取らなくてもシステムエンジニアになることはできます。

実際近年は求人サイトなどでは未経験歓迎のシステムエンジニア募集が多く掲載されています

ただ未経験から何の下地もなくシステムエンジニアはとても大変です。

給与も資格がある人と比べるとかなり下がる傾向にあるので、下地作りができるのであればしておいた方が無難です。

 

多様化するシステムエンジニアの働き方

 

 

色んな方法でなることができるシステムエンジニアですが、ベンチャー企業を中心にその働き方も多様化してきているのでそちらも紹介していきます。

 

フレックスタイム制・コアタイム

 

 

フレックスタイム制・コアタイム制度は他の職種でも増えてきていますが、IT系の企業にはとても多いです。

今まで多くの企業が定時というのを設けて、1日8時間勤務というのを決めていました。

それに対して、1日の中でコアタイムと呼ばれる企業ごとが定める忙しい時間帯だけは会社に絶対出社して、残りの時間は帰ってもいいけど月合計○○時間は出勤してくださいといった出社する時間と退社する時間をある程度自由に決めることのできるといった働き方です。

 

リモートワーカー

 

 

会社には正社員として所属をしているのですが、出社義務がないといった新しい働き方です。

まだあまり多いわけではありませんが、システムエンジニアはパソコンさえあればある程度仕事を完結することができるので、家でも仕事ができるのです。

 

フリーランサー

 

 

フリーランサーは企業から委託を受けて仕事をします。

リモートワーカーとは違い正社員ではなく個人事業主として企業と対等な付き合いをしていきます。

一つの企業に縛られることなく色んな企業とプロジェクトを進めることができるので、常に新しい経験をする事ができます

もちろん実力ありきなのでまずは会社に勤めてエンジニアとしての能力を高めてから始めるのが無難です。

 

 

最後に

 

 

システムエンジニアになるにはどんな事をすればいいのか分かりましたか?

「大学や専門学校に通って一から丁寧に学ぶ方法」「資格の勉強でシステムエンジニアになる方法」「未経験から就職して会社で育ててもらう方法」と3つの方法を紹介してきました。

どの方法を選ぶにしろシステムエンジニアになるにはしっかりと勉強をする必要があります。

一から学んでいくという覚悟がないとなかなか続かないものなので、安易に考えるのではなくしっかりと考えてから決断してくださいね。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

Geekly Media
ライター

この記事が気に入ったら
シェアしよう!

  • twitter
  • facebook
2+

関連記事

求人数×IT業界での紹介実績数で、納得の転職をサポート。IT業界専門だからこそできる提案力を実感してみてください。