カテゴリから探す
Geekly
コラム
技術・
テクノロジー
職種・
ポジション
Web・
ゲーム
転職準備
転職活動
  1. HOME
  2. Geekly Media
  3. 転職準備
  4. 【おすすめ5選!】今の時代に読むべきホリエモンの本はコレだ!
  • 転職準備

【おすすめ5選!】今の時代に読むべきホリエモンの本はコレだ!

ホリエモンという愛称で知られている著名人である堀江貴文氏。起業家である彼はこれまでの経験をもとに多数の本を出版しています。今回はそんなホリエモンが出した本の中で、今の時代にぜひとも呼んでほしいという本を5本紹介していきます。最後まで読んで是非参考にしてくださいね。

 

ホリエモンって何もの?

 

 

経済学などビジネス系の本を多く出版しているホリエモン。

最近はテレビなどのメディアでよく見かけるようになってきているので、知っている人も多いと思いますが元々タレントとして活動していたわけではありません。

では実際何をしている人なのか知っていますか。

その人の事をある程度知っておかないと信用できる本かどうかも分からないと思いますので、まずは簡単にホリエモン自身について紹介していきます。

 

堀江貴文

 

 

ホリエモンこと堀江貴文氏は、1972年生まれで福岡出身の実業家です。

今でこそテレビタレントのような形でメディアへの出演が増えていますが、元々は東京大学在学中に会社を立ち上げた学生起業家です。

 

会社の名前は有限会社オン・ザ・エッジ(後に株式会社ライブドアに社名変更)で、インターネットが普及し始めた1990年代後半にいち早くホームページ作成及び運営管理を始めたことで注目を集め、一流企業のホームページ作成などにも多くかかわっていました。

その後は、球団の買収計画やニッポン放送買収計画など失敗はしましたが大きな注目を集めました。

 

さらに2006年には証券法取締法違反で逮捕されるなどお騒がせな一面もあります。

タレントとしてテレビによく出るようになったのは出所してからで、現在はSNS media&consulting株式会社とインターステラテクノロジーズ株式会社の役員、

株式会社7gogoの取締役を務めており、ビジネス面での活躍はもちろん、日本ゴルフ改革会議委員・Jリーグアドバイザー・大阪府特別顧問など幅広く活躍しています。

 

なぜホリエモンと呼ばれているのか?

 

 

堀江貴文氏がなぜホリエモンと呼ばれているかですが、正式な回答がされているわけではないのですが、学生時代のあだ名だそうです。

 

堀江貴文氏の「貴」の字を抜き、音読みで読むとホリエモンと読むからそう呼ばれているそうです。

このあだ名を初めて聞いた時に、ドラえもんをもじってつけられた名前だと思った方は多いと思いますが、違うというのが有力です。

 

今読むべきホリエモンの本①

『ネットがつながらなかったので仕方なく本を1000冊読んで考えた そしたら意外に役立った』

 

 

本の概要

 

先述の通り、堀江氏は服役していた時期があります。

服役中はインターネットが使えません。

たった1日でインターネットの風雲児であり業界のトップランナーだった人が、インターネットがない時代と同じような生活をしなくてはいけなくなりました。

このままでは情弱(情報弱者)になってしまうと本を読んだのがきっかけで出版された本です。

自分の置かれた環境をすぐにビジネスに変えてしまう堀江氏の凄さがうかがえる著書です。

ちなみに堀江氏は服役中も1億円稼いだといわれています。

 

出版社:KADOKAWA

著者:堀江貴文

発行年:2013年

価格 :1264円(電子版)

 

おすすめポイント

 

基本的には堀江氏がどんな本を読んでどう思ったかを書いている本です。

この本を読むことでいろんな本に知り合えて、自分に合った本を見つけることができるという点もおすすめですが、

この本の一番良い所は、情報を取り入れる姿勢について書いてあることです。

現代は誰でもインターネットにふれられる環境があり、昔と比べると誰もが簡単に情報を取り入れることができる環境になっています。

しかし、読んだ情報をしっかりと覚えていたり理解をしていますか?

おそらくほとんどの人が読んだことに満足してしまっていると思います。

事前にアウトプット前提に読むという姿勢を作るだけでも情報の取り入れ方が大きく変わります。

そういうことを教えてくれるいい本だと思います。

また、この情報社会でネットにふれない生活をするというのも貴重な体験であり、ネットじゃないところでも学べる環境は沢山あるという事を示してくれる本です。

 

 

今読むべきホリエモンの本②

『好きなことだけで生きていく』

 

 

本の概要

 

この本は一貫して誰でもやろうと思えばできるといったことがかかれている本です。

このポジションにはこの能力が必要ですといった、この能力を付ければ何になれるといった感じの本ではなく、とにかく行動することが大事なんだよと訴え続けています。

 

出版社:ポプラ社

著者 :堀江貴文

発行年:2017年

価格 :800円(電子版)

 

おすすめポイント

 

この本はとにかく行動することの大切さを訴えているというのがおすすめポイントです。

こうしなさいといった感じではなく、みんなもこうしようよといった感じで語られています。

 

この著書の冒頭でホリエモンと世間の会話が書かれています。

そこでは、本を読んだときにやってやるという気持ちを持ったことがある人は多いけどそこで終わってしまっている人が多いというニュアンスの事が書かれています。

多くの人は結局思っただけで終わってしまっており、好きなことで生きていける人は行動をするという事を伝えてくれます。

これも先ほど紹介したアウトプット前提で読むことの重要性がわかる本です。

 

今読むべきホリエモンの本③

『多動力』

 

 

本の概要

 

多動力とは「いくつもの事業を同時並行でやる」事で、いわゆるマルチタスクの重要性を説いている本です。

いくつもの会社の役員や委員顧問として活躍しており、多様な種類の著書を出版して、さらにはメディアにもよくでている堀江氏はまさに多動力を体現している人なので、この人に言われればスッキリと入ってくるといった本です。

 

出版社:幻冬舎社

著者 :堀江貴文

発行年:2017年

価格 :1,512円

 

おすすめポイント

 

これからの時代はどんな事業でもインターネットが必要不可欠になってくるので、その事業一つの事を知っておけばいいという事ではないという事を説いた本です。

まさに情報であふれているこの時代を表した本であり、マルチタスクの重要性は近年よく言われているので読んでおいて損のない本と言えるでしょう。

また、堀江節を炸裂しているので読んでいて痛快で読み進めやすい本です。

 

今読むべきホリエモンの本④

『自分のことだけ考える。無駄なものにふりまわされないメンタル術』

 

 

本の概要

 

他人の目を気にして生きていくのではなく、自分がどうしたいかのかを考えて生きていくことの重要さを説いている本です。

過激な発言や様々な行動で昔も今も世間を騒がせている堀江氏は、まさに自分のために生きている人と言えると思います。

経験者は語るといった感じで、堀江氏はこうしているからこれができるという事が書いてあります。

 

出版社:ポプラ社

著者 :堀江貴文

発行年:2018年

価格 :864円(電子版)

 

 

おすすめポイント

 

「雰囲気が悪くなるから思ったことを言わない」

「一人でいるところを見られたくないから、トイレでご飯を食べる」

 

といった周りを気にしすぎてしまっている人が日本にはあふれています。

そんな周りを気にしすぎて窮屈な世の中だと感じている人にぜひ読んでほしい1冊です。

周りを気にして自分をおろそかにしていることが、どれだけ愚かであるかを感じることができる本であり、考え方を変えることができる一冊です。

 

今読むべきホリエモンの本⑤

『10年後の仕事図鑑』

 

 

本の概要

 

この本は研究者でもあり実業家でもある落合陽一氏とコラボして書いた本です。

本のタイトル通り10年後になくなっているかもしれない仕事が分かるというのはもちろん、あなたの仕事に対する考え方を大きく変えることができるかもしれないきっかけが、たくさん詰め込まれている本です。

 

出版社:SBクリエイティブ

著者 :堀江貴文・落合陽一

発行年:2018年

価格 :1,400円(電子版)

 

おすすめポイント

 

目まぐるしく情報が飛び交い、ビジネスモデルが大きく変わってきている現代において先を予想して動くというのは非常に重要ですが、実際に予想して動いている人は少ないと思います。

しかしこの本を読むことによって、自分の仕事がなくなってしまうかもしれないと言った危機感が生まれ予測して動くことの大切さを学ぶことができます。

 

また仕事に対する考え方も大きく変えることができる本です。

生きていくためにはお金が必要で、お金を稼ぐためには働かないといけない。

だから安い給与でも働いて生きていかなければいけないという考え方がある事で、労働単価が上がらないという悪循環があることを本の中で説いています。

やりたくもない仕事を安い賃金でやるなら、やりたいことを実現してお金を稼いでいこうと言った前向きになれる考え方を教えてくれます。

 

最後に

 

 

色んな経験をしたホリエモンが書いた著書は勉強になるものが非常に多く、物の考え方などを180度変えて前向きな人生を送ることができる本も沢山あります。

何かに悩んでいる方や人生を変えたいと思っている方は、是非ホリエモンが書いた本を読んでみませんか。

そこには新たな世界が広がっているかもしれませんよ。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

Geekly Media
ライター

この記事が気に入ったら
シェアしよう!

  • twitter
  • facebook
5+

関連記事

求人数×IT業界での紹介実績数で、納得の転職をサポート。IT業界専門だからこそできる提案力を実感してみてください。