カテゴリから探す
Geekly
コラム
技術・
テクノロジー
職種・
ポジション
Web・
ゲーム
転職準備
転職活動
  1. HOME
  2. Geekly Media
  3. 転職準備
  4. Githubのアカウントはエンジニアの転職に必要?メリット・デメリットを紹介!
  • 転職準備

Githubのアカウントはエンジニアの転職に必要?メリット・デメリットを紹介!

エンジニアをしている方やエンジニアに興味がある方は、Githubというサービスを聞いたことや使ったことがあるかと思います。今回はエンジニア転職をするときにはGithubのアカウントは必要なのか?転職においてのメリットとデメリットを徹底解説していきます。Githubとはどういうものの事なのかという基本的なことから説明していきます。

 

Githubとは

 

 

Githubというサービスはエンジニア職の方が主に使う物なので、今までエンジニアをしたことがない方にはあまり聞きなじみのサービスかもしれません。

しかしエンジニアにとっては非常にありがたいサービスで、多くの人が利用しているのです。

 

Githubとはどんなサービスか?

 

 

Githubはその名の通りGitをhubするものです。

そもそもGitとはプログラムソースなどの変更履歴を管理する分散型のシステムで、元々Linuxの開発チームが使用していた物が便利だという事で世界的に広がりました。

何が便利なのかというと、今まではローカル環境下では一つのリポジトリを複数の人で使用していたため、変更した際のシステムの整合性を保ち変更内容が衝突しないように調整するのが手間だったのですが、ローカル環境下でも複数のリポジトリを作成できる事によりそれを避けることができるようになったのです。

GithubはそんなGitの仕組みを利用して作られたもので、世界中の人が自分の作品(プログラムコードやデザインコードなど様々なコード)を保存し、公開をする事ができるサービスです。

 

Githubに登録するには?

 

 

そんなエンジニアにおすすめサービスであるGithubはどうすれば登録できるのかを紹介していきます。

 

まずはグーグル・ヤフーなどの検索エンジンから「Github」で検索をかけ、Github社が運営しているサイト「Github」を開き、「GitHubに登録する」をクリックしましょう。

 

 

登録したいPick a username(ユーザー名)・Your email address(メールアドレス)・Create a password(パスワード)を打ち込み、Sing up for GitHubをクリックします。

 

 

「Unlimited public repositories for free」「Unlimited private repositories for $7/month」の2つプラン選択が出てくるのでお好きなプランを選択し「continue」で確定しましょう。

前者は無料で使うことができ、後者は毎月7ドルで使うことができる有料プランです。

有料プランはリポジトリを無制限に作成できるというメリットがあるので、本格的に開発を行っていく方は使ってみて下さい。

転職に使うという事であれば有料プランまで使う必要はないので、有料プランの説明は割愛します。

 

 

登録したアドレスにメールが届くので、メール内の「Verify email address」をクリックしてリンクに飛べば登録完了です。

アンケートが出る場合はそれに答えるとメールが届きます。

 

Githubを使う上での予備知識?

 

 

アカウント登録も完了したところで早速使ってみたいところですが、Githubを使うにはエンジニアとしての基本的な知識が必要です。

まずは予備知識について紹介していきます。

 

ローカルリポジトリとリモートリポジトリ

 

先程Gitの説明でも出てきたリポジトリについてまず紹介していきます。

リポジトリというのはいわゆる保管庫の事で、ファイルなどを保管する場所の事を指します。

リポジトリはPCなどの中に組み込まれている「ローカルリポジトリ」とネットワーク上にある「リモートリポジトリ」の2つがあります。

ローカルリポジトリで作業内容を保存して、周りと共有するためにネット上にあるリモートリポジトリにアップロードするという流れで使います。

 

コミット・プッシュ・ブランチ

 

Githubを使うなら最低でもコミット・プッシュ・ブランチを知っておく必要があります。

コミット=ファイル変更や追加の履歴をリポジトリに保存する

プッシュ=ファイル変更や追加の履歴をリモートリポジトリにアップロードする

ブランチ=同時に行われる複数のファイル変更や追加の履歴を個々に保存するシステム

 

 

転職におけるGithubのメリット

 

 

エンジニアの転職について調べているとよく見かけるのが、このGithubの利用についてです。

まずはGithubを使うことで転職に有利に働く可能性について紹介していきます。

 

能力を評価してもらうことができる

 

 

エンジニアの転職でも他の職種と同じように履歴書や職務経歴書を提出する場合が多いです。

その際に使える言語コードを書くことが一般的なのですが、資格として表記するものではないので使えるという明確なライン引きがなく、いざ面接で話してみたら少しかじった程度の人が多いというのが現状です。

つまり、書いたもの勝ちみたいな感じになってしまっているのです。

そのため採用する側は職務経歴についてはしっかり見ていますが、使える言語については書類の段階ではあまり信用していません。

しかし、Githubを提出しておけばしっかりした技術力があることが明確に分かるので、書類選考の段階で一歩リードした状態から転職活動を始めることができるのです。

また、実力がはっきりと見て取れるので入社後の条件などの交渉もスムーズに行うことができます。

年収アップなどを目的に転職するのであれば、しっかりとしたGithubを作っておくことが有利に働きます。

 

転職におけるGithubのデメリット

 

 

メリットがあるものには大抵の場合デメリットも存在します。

GIthaubを使うことで転職活動にどんなデメリットが生まれるのでしょう。

 

能力がバレる

 

 

先ほどメリットの部分で話した通り、Githubはその人の能力が明確に測れます。

履歴書や職務経歴書では使えるコードとして表記していたとしても、実際どれくらい使えるのかというのが分かってしまうため書いたもの勝ちというのは通用しません。

多くの場合採用にかかわっているエンジニアの方は、転職者より経験がある人や能力がある人が務めます。

自分自身では完璧に使えていると思っていても、その人から見れば使えていないと判断される場合もあるのです。

自分の能力に自信がある人でなければマイナス評価につながる可能性があるので、必須でない場合はGithubを提出しないほうがいいでしょう。

 

最近開発してないと勘違いが起きる

 

 

Githubへのコミット頻度によっては勘違いが起きる可能性があります。

これは、転職のためにGithubを使用する方ではなく昔から使っている方に起こるデメリットなのです。

昔はよく使っていたのに最近あまり使われていないと、「最近はあまり開発に直接的に関わっていないのかな」と勘違いされることがあります。

また、昔開発したものしかコミットされていないと、コードが古くなっているので最近主流のコードが使えないかもと判断されてしまう恐れもあります。

面接の時に誤解を解いたりすることもできるのですが、書類選考の段階で落とされてしまう可能性もあるので最近あまり使っていないという人は提出しない、または転職に向けてしっかり作りこみなおすということが必要です。

 

 

Github は転職に必要なのか?

 

 

転職をするときにGithubは絶対に必要なのかと言われるとそういうわけではありません

実際Githubを提出する事で起きるデメリットもある訳ですし、提出が任意な会社も多くあります。

 

Githubを使った方が良い場合

 

複数の会社に応募をしたいと考えている場合はGithubを使ったほうがいいでしょう。

提出が任意の会社があるとはいえ、すべての会社がそういうわけではなく提出をもてくる会社もあります。

選択肢を狭めず転職活動をしたいという方は、まずGithubを使ってみましょう。

Githubを使った上で提出しなくていいところは提出しないという選択肢もあります。

また、自分の能力に自信がありどこに出ても恥ずかしくないというなら是非活用しましょう。

 

Githubを使わないほうが良い場合

 

行きたい会社がある程度定まっていて、Githubの提出が必須ではないのなら使わないという選択肢もあります。

Giihubは良くも悪くも能力がはっきり見えてしまいます。

また継続して使っていないと勘違いが起きる可能性もあるので、提出の必要がないのなら使わないほうがいいでしょう。

 

最後に

 

 

いかがでしたか?

Githubについてやエンジニア転職をするときに必要かどうかは分かりましたか?

最近は未経験からでもエンジニアになれるといった転職が増えてきている中で、未経験の人と差別化するためにも能力を示すことが非常に重要です。

Githubはそういう際にどういうことができて、何をやってきたのが一目でわかるので実力を示すにはぴったりのツールと言えるでしょう。

しかし、裏を返せば職務経験があるだけで能力があまりないという事もバレてしまうツールでもあるという事です。

Githubの提出が必須な企業もあれば任意の企業もあります。

提出をするかしないかはしっかり自分を見つめなおして客観的な評価を下してから判断して、実りある転職活動にしてくださいね。

最後までお読みいただきありがとうございました。

Geekly Media
ライター

この記事が気に入ったら
シェアしよう!

  • twitter
  • facebook
4+

関連記事

求人数×IT業界での紹介実績数で、納得の転職をサポート。IT業界専門だからこそできる提案力を実感してみてください。