カテゴリから探す
Geekly
コラム
技術・
テクノロジー
職種・
ポジション
Web・
ゲーム
転職準備
転職活動
  1. HOME
  2. Geekly Media
  3. 転職準備
  4. 転職のタイミングを徹底解説!年齢だけでは一概に語れない理由とは?
  • 転職準備

転職のタイミングを徹底解説!年齢だけでは一概に語れない理由とは?

転職するのに情報を集め始めると、やけに目にする「28歳」と「32歳」、「35歳」。どうもこれらの年齢が転職ではかなりネックになっているようです。そんな情報ばかりが気になってしまい不安を感じてしまいますよね。そこで今回は、まるで都市伝説のようにささやかれる噂を検証します。どうしてこのような噂が流れるようになったのでしょうか?

 

転職するタイミングを年齢で判断するのは正しい?

 

 

何歳までに転職するのが良いという、都市伝説のような噂をよく耳にします。

こんな噂を聞いてしまうと、転職して大丈夫なのか不安になりますよね。

 

そこで今回は都市伝説となっている「28歳」と「32歳」、「35歳」の転職がテーマです。

さらに、転職するのに大切な2つのスキルについても解説します。

 

はたして転職に年齢が関係しているというのは本当なのでしょうか?

そして、転職に大切な2つのスキルとは一体どのようなものなのでしょう。

どうぞ転職の参考になさってください。

 

転職するのは28歳が限界なの?

 

 

人生において1つの節目となるのが30歳です。

この時期になると結婚したり、責任ある仕事を任せられたりするので、20歳代の環境とは全く異なります。

このまま同じ仕事を続けて良いのかと1番迷う世代かもしれません。

仕事に対しても向上心が芽生え始めてきて、あらゆるスキルを手に入れたくなるでしょう。

 

しかし、若さでいえば20歳代前半のほうが転職に有利だと感じてなりません。

噂で耳にする「28歳」というキーワードは、本当に厳しい転職タイミングなのでしょうか?

 

転職するのに20歳前半よりは20歳後半が良い!

 

28歳という年齢も勤め人としては十分に若い部類に入ります。

しかし、企業が若さを求めているのであれば、20歳代前半のほうが魅力的ではないでしょうか。

実は20歳代を前半と後半で分けたとすると、後半のほうが転職には断然有利なのです。

確かに給料も安く企業の色に染めやすい20歳代前半は魅力もあります。

 

ただし、給料の安さ以上に人材を育てるのは企業にとって大きな負担でもあるのです。

若手を育成する時間や経費などの資産を大量に奪う世代といえます。

 

企業が中途採用者に求めるのは、これまでの経験です。

20歳代後半であれば何年間か勤めてきた経験を活かして、自社に貢献してくれるだろうと考えます。

 

転職しながら20歳代で可能性を追求する!

 

 

「20歳代で臆病になる必要はない!」これが筆者の考えです。

あなたが今思い描く全てのことに、全力でチャレンジしてください。

 

たとえチャレンジした結果が失敗に終わったとしても、それは成功に1歩近づいたのと同じこと。

年を重ねてやらなかった後悔よりも、失敗して悔やむほうがまだマシです。

人を成長させる栄養は成功よりも失敗に隠れています。

 

履歴書真っ黒なんて最高じゃないですか。

それだけたくさんの経験をして、移り変わった企業でも順応性がある証です。

 

転職では28歳の需要はたくさんある!

 

28歳の転職という都市伝説のような噂は、限界ではなくとても大きなチャンスであるといえます。

社会人としてのスキルも高まり始めている絶好のタイミングです。

 

チャンスというのは長い人生のうちに何度も訪れるものではありません。

30歳代という節目を目前にして、これからのことを冷静に考える時期です。

どのような経験であったとしても、これからのあなたの人生において大切な財産となります。

あらゆることにチャレンジして、充実した日々を送りましょう。

 

 

転職するのは32歳が限界なの?

 

 

32歳はさまざまな経験をしてきたことで、自分の可能性を試してみたくなる時期です。

これまでよりもより大きな仕事や自由な裁量を求め始めます。

しかし、32歳は転職で苦しむような噂があるために、なかなか踏み出す勇気が起こりません。

 

どうして32歳だと転職が限界であるような噂がたったのでしょう。

そこで、この噂の原因と転職をする心構えについて解説してみます。

 

昔の日本の企業は32歳を敬遠していた?!

 

1つの企業に勤め続けていると、30歳を迎える頃には何かしらの役職につくケースが多いでしょう。

以前の日本の企業は、終身雇用と年功序列があたり前である風土がありました。

 

これら2つの文章を読んでみて、勘の良いあなたは既に気づいたかもしれません。

32歳で中途採用者を迎えてしまうと、上司が年下である可能性が高いことが噂の原因です。

 

「そんな子供みたいな理由が原因?」なんて感じますよね。

年上をたてなければいけないのに、部下となる人にどう接して良いのかわからなかったのです。

現在では年下が上司というケースは珍しくありません。

このため32歳が転職するのに限界という噂は、現在の日本では当てはまらない内容といえます。

 

あなたが誇れるスキルは何?

 

 

30歳を迎える頃から、次々と役付きの人達が増えていきます。

そんな状況を白紙にしてまで転職をしようと試みるのですから、企業に売り込むスキルを明確にしなければなりません。

 

たとえるなら20歳代を大衆食堂としたら、30歳代は少し気の利いたレストランのようなものです。

おすすめの品がなければ、お客様である企業がお金を出す価値があるとは感じません。

 

20歳代で得た経験を俯瞰してみて、あなたのオリジナルのスペシャルメニューを作る必要があります。

あなたの経歴を俯瞰してみるのが苦手であれば、人からのアドバイスも有効です。

 

転職するのに32歳は限界ではない!

 

時代は変わって32歳で転職するのは難しいという噂は当てはまらなくなっています。

 

ただし、20歳代よりも32歳で転職するのは、自己を表現する力というものがとても大切です。

企業で採用するのも人が行います。

あなたという商品を、どれだけ採用する人に使いたいとイメージさせるかが大きなポイントとなるでしょう。

 

これから働き盛りを迎える32歳。

あなたのアピール次第で転職できる可能性はいくらでもあります。自らを分析して、企業に売り込む作戦を入念に練りましょう。

 

 

転職するのは35歳が限界なの?

 

 

転職でよく耳にする噂の最後にあたる35歳についての解説です。

働き手を年齢だけで考えてみると、35歳からの10年間は心身共に最も充実している時期ではないでしょうか。

転職では年齢が上がるほどに企業選びも慎重にならざるを得ません。

これは転職するあなたもそうですが、受け入れる企業にも同じことがいえます。

 

それではここからは、35歳をキーワードとした「転職市場」と「人材像」、「チャンス」についての解説です。

本当に35歳は転職するのに限界なのでしょうか?

 

転職市場の35歳以上の現状

 

これまでの日本は、活躍できる若い世代を雇うのに企業が困らない状況でありました。

この活躍できる若い世代というのは、フリーターなどではなくて正社員として働く人々です。

現在の働き手の年代は団塊の世代の定年がある程度落ち着いてきて、その子供である世代も40歳代を超えるケースが多くなり始めました。

20歳代の働き手が以前よりも少なくなっています。

 

このために35歳以上の転職者数が市場の25%を超える比率を占めている状況です。

現在の35歳は、満足できる転職を実現できる時代背景があります。

 

時代が変わり企業が求める人材像が変わりつつある!

 

 

なぜ35歳の転職限界説がささやかれていたかというと、定年するまでの期間を考えると十分なキャリア形成が見込めないためです。

35歳以上であれば60歳定年だと25年しかありません。

あなたが企業側の立場であったとして、20歳代の働き手が多いのにあえて残り少ない人材を起用するでしょうか?

 

たぶん答はNOだと思います。

これが35歳の転職限界説の原因です。

 

ただし、この説も以前の話であって、現在の企業は35歳以上の働き手を受け入れなければならない状況があります。

特に分野のスペシャリストとなる人材を求めるようになりました。

 

35歳以上でも十分に転職チャンスはある!

 

35歳以上であったとしても転職に臆する必要はありません。

実は、筆者も35歳以上で民間企業に2回も転職に成功しています。

まだまだチャンスは十分に用意されているので安心してください。

その代わりに、あなた自身の分析を怠ってはいけません。厳しいようですが誰にでもチャンスがあるわけではないのです。

 

転職するなら2つのスキルを磨け!

 

 

「スペシャリスト」と「ベネフィット」の2つのスキルは、転職をする全ての年代に当てはまる大切なポイントになります。

1つの分野に特化するか、ロジックで物事を考えて適切な提案を行えるか、これら2つは転職で非常に大きな武器となるでしょう。

どちらか1つだけでも自信を持てるあなたでいてください。

 

最後に

 

 

年齢で転職を判断するのは、既に時代遅れの考えです。

いかにあなたという商品を、適切にアピールできるかが大切なこと。これからの転職活動が有意義になることをお祈り致します。

SHIN

Geekly Media
ライター

この記事が気に入ったら
シェアしよう!

  • twitter
  • facebook
5+

関連記事

求人数×IT業界での紹介実績数で、納得の転職をサポート。IT業界専門だからこそできる提案力を実感してみてください。