転職のタイミングを徹底解説!年齢だけでは一概に語れない理由とは?

転職するのに情報を集め始めると、やけに目にする「28歳」と「32歳」、「35歳」。どうもこれらの年齢が転職ではかなりネックになっているようです。そんな情報ばかりが気になってしまい不安を感じてしまいますよね。そこで今回は、まるで都市伝説のようにささやかれる噂を検証します。どうしてこのような噂が流れるようになったのでしょうか?

 

転職するのは35歳が限界なの?

 

 

転職でよく耳にする噂の最後にあたる35歳についての解説です。

働き手を年齢だけで考えてみると、35歳からの10年間は心身共に最も充実している時期ではないでしょうか。

転職では年齢が上がるほどに企業選びも慎重にならざるを得ません。

これは転職するあなたもそうですが、受け入れる企業にも同じことがいえます。

 

それではここからは、35歳をキーワードとした「転職市場」と「人材像」、「チャンス」についての解説です。

本当に35歳は転職するのに限界なのでしょうか?

 

転職市場の35歳以上の現状

 

これまでの日本は、活躍できる若い世代を雇うのに企業が困らない状況でありました。

この活躍できる若い世代というのは、フリーターなどではなくて正社員として働く人々です。

現在の働き手の年代は団塊の世代の定年がある程度落ち着いてきて、その子供である世代も40歳代を超えるケースが多くなり始めました。

20歳代の働き手が以前よりも少なくなっています。

 

このために35歳以上の転職者数が市場の25%を超える比率を占めている状況です。

現在の35歳は、満足できる転職を実現できる時代背景があります。

 

時代が変わり企業が求める人材像が変わりつつある!

 

 

なぜ35歳の転職限界説がささやかれていたかというと、定年するまでの期間を考えると十分なキャリア形成が見込めないためです。

35歳以上であれば60歳定年だと25年しかありません。

あなたが企業側の立場であったとして、20歳代の働き手が多いのにあえて残り少ない人材を起用するでしょうか?

 

たぶん答はNOだと思います。

これが35歳の転職限界説の原因です。

 

ただし、この説も以前の話であって、現在の企業は35歳以上の働き手を受け入れなければならない状況があります。

特に分野のスペシャリストとなる人材を求めるようになりました。

 

35歳以上でも十分に転職チャンスはある!

 

35歳以上であったとしても転職に臆する必要はありません。

実は、筆者も35歳以上で民間企業に2回も転職に成功しています。

まだまだチャンスは十分に用意されているので安心してください。

その代わりに、あなた自身の分析を怠ってはいけません。厳しいようですが誰にでもチャンスがあるわけではないのです。

 

転職するなら2つのスキルを磨け!

 

 

「スペシャリスト」と「ベネフィット」の2つのスキルは、転職をする全ての年代に当てはまる大切なポイントになります。

1つの分野に特化するか、ロジックで物事を考えて適切な提案を行えるか、これら2つは転職で非常に大きな武器となるでしょう。

どちらか1つだけでも自信を持てるあなたでいてください。

 

最後に

 

 

年齢で転職を判断するのは、既に時代遅れの考えです。

いかにあなたという商品を、適切にアピールできるかが大切なこと。これからの転職活動が有意義になることをお祈り致します。

Geekly Media ライター

SHIN

4+