カテゴリから探す
Geekly
コラム
技術・
テクノロジー
職種・
ポジション
Web・
ゲーム
転職準備
転職活動
  1. HOME
  2. Geekly Media
  3. 転職準備
  4. 平均的な転職期間は1か月?3か月?本当に正しい転職期間とは?!
  • 転職準備

平均的な転職期間は1か月?3か月?本当に正しい転職期間とは?!

「みんなどれくらいの期間で転職しているのかな?」なんて不安に感じていませんか?転職するおおよその期間がわからないと辞表を出すタイミングも掴めません。そんな時は大手量販店で人事採用経験と民間企業で2回の転職経験を持つ筆者におまかせ!本稿では転職するのに必要な一般的な期間と転職するポイントを解説します。

転職期間で平均的なのは3か月!

 

 

一般的に転職するまでの期間は3か月といわれています。

しかし、いざ転職しようと考えると3か月で内定がもらえるとは限りません。

 

「長引いたら…」と不安になる気持ち良くわかります。

実は転職するまでの期間には、あなたが転職に向かうスタイルや注意を払うべき点があるのです。

これらの見定めを誤ってしまうと、転職までに長い期間がかかることも。

 

そこで本稿は、大手量販店での人事採用経験と民間企業で2回の転職経験を持つ筆者が、「スタイル」・「流れ」・「段取り」をテーマについて解説します。

 

転職は離職後?それとも在職中?

 

 

あなたは転職するのに「離職後」か「在職中」かで、どちらのスタイルが良いのか迷っていませんか?

先がみえない転職では、あなたに迷う心が生まれるのは当然のことです。

これだけは頭に入れておいて欲しいのですが、「離職後」でも、「在職中」でもメリットとデメリットがあります。

現在のあなたの状況を良く確認して判断しなければなりません。

 

それでは転職のスタイルである「離職後」と「在職中」を判断するために、それぞれのメリットとデメリットを考えてみましょう。

 

離職後に転職活動をしたら?

 

あなたが転職活動をはじめたからといって、すぐに内定をもらえる保証はありません。

そうです、ここが離職後に転職活動をする1番のデメリットになります。

 

これまでに十分な蓄えがあって独身であれば転職が長引いてもなんとかなるでしょう。

1番してはいけないのは、現職が嫌だからという感情が理由で離職すること。

ただ離職後の転職活動には、自由な時間を得られるメリットがあります。

 

面接時間を申し込んだ企業の都合に合わせられたり、スキルアップの時間にあてたりできるのは魅力です。

 

在職中に転職活動をしたら?

 

 

在職中に転職活動をするデメリットは、どうしても時間が拘束されてしまうこと。

あなたの業務の忙しさ次第では、申し込んだ企業が指定する日時に有給休暇が取得できないなんてことも。

有給休暇を取得する時期を、業務の都合でずらすのは違法ではありません。

 

面接の日時を変更してくれる企業もありますが、採用側にも都合があるので認められないケースも考えられます。

在職中に転職活動をするのは、毎月必ず安定した給料が入ってくるのが最大のメリットでしょう。

この安心感は他のどの要素もかないません。

 

転職活動は在籍中がおすすめ!

 

転職するからには、じっくりと焦らずに転職先を選びたいものです。お金に困り始めると、必ずといって良いほど焦りを感じます。

これでは満足のいく転職先を探せないですよね。

 

転職活動の基本は、安定した給料を受け取り続けながら心に余裕を持てる在職中に行うのが良いでしょう。

ただし、給料が未払いであったり、長時間労働やハラスメントなどで心身に影響したりするのであれば、離職後に転職活動をするべきです。

健康を損なってしまってはいけません。

 

転職する期間の3つの流れをチェック!

 

 

一般的に転職するまでの期間が3か月だとわかりました。

しかし、今回がはじめての転職活動だとしたら、3か月の流れがわからないですよね。

 

転職しようと決めてもはじめての経験であれば、一体何から手をつければ良いのか不安に感じるでしょう。

はじめての経験はどんなことでも不安はつきものです。

 

そんな転職活動がはじめてというあなたへ、3か月を3つの期間に区切って解説します。

あなたの転職活動が有意義になるように、ぜひ参考にしてみてください。

 

転職の流れ①事前準備

 

転職の流れで1番大切なのが「事前準備」です。

事前の準備が万全でなければ、必ず後悔する転職になるといっても過言ではありません。

 

まず1つ目の大切な準備は、あなたの未来の姿を明確にしてください。

未来の姿を明確にするためには、しっかりとした転職理由が必要です。

単に嫌だからでは転職は成功しません。

 

2つ目の大切な準備は、あなたの武器を知ることです。

自分自身のことはあらためて考えないとわかりません。

武器を知らずにする転職活動は、レベル1で竜王の城に行くようなものです。

 

転職の流れ②書類選考から面接まで

 

 

あなたが申し込む転職先が大企業や人気の業種であれば、いきなり面接というケースはありません。

履歴書と職務経歴書を送付して書類選考となるのが一般的です。

 

書類選考の期間は、募集締め切りから数えて2週間程度みておけば良いでしょう。

そこから1次面接までに2週間程度、2次面接までにさらに2週間程度だと考えてください。

 

最終面接が2次面接であったとしたら、それまでの期間だけでも1か月くらいかかります。

そこから2週間くらいの期間をかけて、応募先の企業が合否の判断を行うことになるでしょう。

 

転職の流れ③内定してから

 

晴れて内定をゲットしたからといっても、すぐに働けるわけではありません。

これは内定先の企業にも都合があるためです。

企業が募集するのは、欠員の補充や新規事業の展開、世代の若返り目的などがあてはまります。

内定を決定した時点では、まだ人員を補充するタイミングでないことがあるのです。

 

また、年度がわりに定年することとなる働き手の補充が目的であるとも考えられます。

そうなると、入社日が4月1日であることも珍しくありません。

 

転職するときの段取りは意外と大切!

 

 

これまでお話ししてきた内容は転職先に対する目線でした。

しかし、あなたが転職するのであれば、これまでお世話になった企業へのケアも怠れません。

これまでお世話になった企業へのケアは、あなたの転職する先の入社日にも影響を与える大切なことです。

たとえどのような理由があろうとも離職する企業へのケアはしっかりと行います。

 

ここからは、離職する企業へのケアで大切な「意思表示」・「段取り」・「縁」についての解説です。

この対応次第であなたの評価も全く違うものとなるでしょう。

 

転職するならはっきりと意志表示を!

 

意外かもしれませんが、離職する時期をはっきりといえない人が多いのです。

離職する企業からすれば欠員が出るのですから、補充できるまでなるべく時期を遅くしたいでしょう。

いつまでも続く「あと少し」という上司からのお願い。

時期をはっきりと意思表示しないので、ズルズルと離職する時期が遅くなります。

 

法律上では離職する企業に対して「2週間前」までに伝えれば問題ありません。

ただし、就業規則で企業独自のルールが定められている可能性がありますので良く確認してください。

 

あなたの段取り次第で転職期間が変わる!

 

 

あなたが離職をすると決めたとしたら、いつ業務から離れても大丈夫なように身辺整理しておくのが大切です。

この身辺整理をすることで、スムーズな離職が実現します。

あなたが在職中に人員が補充されたとしたら業務を引き継がなければなりません。

事前に身辺整理をしておくと、離職時の引き継ぎがとても効率よく行えます。

結果的に上手に段取りをしておくと、あなたが離職するタイミングを希望通りにできる可能性が高まるのです。

 

人との縁はあなたの財産!

 

これまでに在籍していた企業で築いたあなたの縁は、人生において大切な財産となります。

この財産はお金にはかえられない一生役に立つものとなるでしょう。

また、どんなに憎らしい上司であったとしても、いつどのような形で関わるかわかりません。

世間は狭いもので、「こんなタイミングで関わることがあったのか!」なんて後悔することも。

 

あなたが転職しようと考えたのも、これまでの経験が大きく影響しています。

この経験ができたのもあなたを取り巻く、あらゆる縁のおかげです。

 

転職は余裕を持って円満に!

 

 

ここまで転職の「スタイル」・「流れ」・「段取り」をテーマにして解説してきました。

あなたの転職が成功するかどうかは、どれだけ目測を誤っていないかにかかっています。

 

新たな世界に飛び込む期待感が高まりすぎて、これまでの経験を積むことができた、企業に対する感謝の気持ちも忘れずに。

チャレンジする気持ちになれたのも現職の経験のおかげです。

そう考えれば自然と感謝の気持ちが芽生えて、あなたと企業の関係が円満のままに離職できるでしょう。

 

最後に

 

 

人との縁を大切にして、あなたの実りある転職活動の一端を担えれば幸いです。

あなたの転職活動が充実して、思い通りに進みますように!

SHIN

Geekly Media
ライター

この記事が気に入ったら
シェアしよう!

  • twitter
  • facebook
3+

関連記事

求人数×IT業界での紹介実績数で、納得の転職をサポート。IT業界専門だからこそできる提案力を実感してみてください。