平均的な転職期間は1か月?3か月?本当に正しい転職期間とは?!

「みんなどれくらいの期間で転職しているのかな?」なんて不安に感じていませんか?転職するおおよその期間がわからないと辞表を出すタイミングも掴めません。そんな時は大手量販店で人事採用経験と民間企業で2回の転職経験を持つ筆者におまかせ!本稿では転職するのに必要な一般的な期間と転職するポイントを解説します。

 

転職する期間の3つの流れをチェック!

 

 

一般的に転職するまでの期間が3か月だとわかりました。

しかし、今回がはじめての転職活動だとしたら、3か月の流れがわからないですよね。

 

転職しようと決めてもはじめての経験であれば、一体何から手をつければ良いのか不安に感じるでしょう。

はじめての経験はどんなことでも不安はつきものです。

 

そんな転職活動がはじめてというあなたへ、3か月を3つの期間に区切って解説します。

あなたの転職活動が有意義になるように、ぜひ参考にしてみてください。

 

転職の流れ①事前準備

 

転職の流れで1番大切なのが「事前準備」です。

事前の準備が万全でなければ、必ず後悔する転職になるといっても過言ではありません。

 

まず1つ目の大切な準備は、あなたの未来の姿を明確にしてください。

未来の姿を明確にするためには、しっかりとした転職理由が必要です。

単に嫌だからでは転職は成功しません。

 

2つ目の大切な準備は、あなたの武器を知ることです。

自分自身のことはあらためて考えないとわかりません。

武器を知らずにする転職活動は、レベル1で竜王の城に行くようなものです。

 

転職の流れ②書類選考から面接まで

 

 

あなたが申し込む転職先が大企業や人気の業種であれば、いきなり面接というケースはありません。

履歴書と職務経歴書を送付して書類選考となるのが一般的です。

 

書類選考の期間は、募集締め切りから数えて2週間程度みておけば良いでしょう。

そこから1次面接までに2週間程度、2次面接までにさらに2週間程度だと考えてください。

 

最終面接が2次面接であったとしたら、それまでの期間だけでも1か月くらいかかります。

そこから2週間くらいの期間をかけて、応募先の企業が合否の判断を行うことになるでしょう。

 

転職の流れ③内定してから

 

晴れて内定をゲットしたからといっても、すぐに働けるわけではありません。

これは内定先の企業にも都合があるためです。

企業が募集するのは、欠員の補充や新規事業の展開、世代の若返り目的などがあてはまります。

内定を決定した時点では、まだ人員を補充するタイミングでないことがあるのです。

 

また、年度がわりに定年することとなる働き手の補充が目的であるとも考えられます。

そうなると、入社日が4月1日であることも珍しくありません。

 

転職するときの段取りは意外と大切!

 

 

これまでお話ししてきた内容は転職先に対する目線でした。

しかし、あなたが転職するのであれば、これまでお世話になった企業へのケアも怠れません。

これまでお世話になった企業へのケアは、あなたの転職する先の入社日にも影響を与える大切なことです。

たとえどのような理由があろうとも離職する企業へのケアはしっかりと行います。

 

ここからは、離職する企業へのケアで大切な「意思表示」・「段取り」・「縁」についての解説です。

この対応次第であなたの評価も全く違うものとなるでしょう。

 

転職するならはっきりと意志表示を!

 

意外かもしれませんが、離職する時期をはっきりといえない人が多いのです。

離職する企業からすれば欠員が出るのですから、補充できるまでなるべく時期を遅くしたいでしょう。

いつまでも続く「あと少し」という上司からのお願い。

時期をはっきりと意思表示しないので、ズルズルと離職する時期が遅くなります。

 

法律上では離職する企業に対して「2週間前」までに伝えれば問題ありません。

ただし、就業規則で企業独自のルールが定められている可能性がありますので良く確認してください。

 

Geekly Media ライター

SHIN

3+