平均的な転職期間は1か月?3か月?本当に正しい転職期間とは?!

「みんなどれくらいの期間で転職しているのかな?」なんて不安に感じていませんか?転職するおおよその期間がわからないと辞表を出すタイミングも掴めません。そんな時は大手量販店で人事採用経験と民間企業で2回の転職経験を持つ筆者におまかせ!本稿では転職するのに必要な一般的な期間と転職するポイントを解説します。

 

あなたの段取り次第で転職期間が変わる!

 

 

あなたが離職をすると決めたとしたら、いつ業務から離れても大丈夫なように身辺整理しておくのが大切です。

この身辺整理をすることで、スムーズな離職が実現します。

あなたが在職中に人員が補充されたとしたら業務を引き継がなければなりません。

事前に身辺整理をしておくと、離職時の引き継ぎがとても効率よく行えます。

結果的に上手に段取りをしておくと、あなたが離職するタイミングを希望通りにできる可能性が高まるのです。

 

人との縁はあなたの財産!

 

これまでに在籍していた企業で築いたあなたの縁は、人生において大切な財産となります。

この財産はお金にはかえられない一生役に立つものとなるでしょう。

また、どんなに憎らしい上司であったとしても、いつどのような形で関わるかわかりません。

世間は狭いもので、「こんなタイミングで関わることがあったのか!」なんて後悔することも。

 

あなたが転職しようと考えたのも、これまでの経験が大きく影響しています。

この経験ができたのもあなたを取り巻く、あらゆる縁のおかげです。

 

転職は余裕を持って円満に!

 

 

ここまで転職の「スタイル」・「流れ」・「段取り」をテーマにして解説してきました。

あなたの転職が成功するかどうかは、どれだけ目測を誤っていないかにかかっています。

 

新たな世界に飛び込む期待感が高まりすぎて、これまでの経験を積むことができた、企業に対する感謝の気持ちも忘れずに。

チャレンジする気持ちになれたのも現職の経験のおかげです。

そう考えれば自然と感謝の気持ちが芽生えて、あなたと企業の関係が円満のままに離職できるでしょう。

 

最後に

 

 

人との縁を大切にして、あなたの実りある転職活動の一端を担えれば幸いです。

あなたの転職活動が充実して、思い通りに進みますように!

Geekly Media ライター

SHIN

3+