【転職】非公開求人を徹底解説!転職の可能性の幅を広げるなら非公開求人を使うべし!

転職活動をしていると、「転職するなら非公開求人が良い!」といった話を聞くこともあると思います。一方、そもそも非公開求人が何なのか、よく分からないという方は、案外多いのではないでしょうか。ですが非公開求人には、多数のメリットがありますので、転職するなら知っておいて損はありません。ここからは非公開求人の特徴とメリット、応募の仕方などを解説していきます。

 

非公開求人とは?

 

 

転職で非公開求人という言葉を聞く機会は多数ありますが、「そもそも非公開求人って何?」という疑問をお持ちの方もいるでしょう。

まずは転職における非公開求人について、知っていきましょう。

 

非公開求人とは、限られた人しか応募できない求人

 

求人、と言うと企業の公式サイトやハローワーク、転職サイトで公開されている求人のことを思い浮かべる方が多いでしょう。

しかしこれらは、非公開求人ではなく「公開求人」と呼ばれるもの。

企業HPを見れば、ハローワークに行けば、だれでも見ることが出来る求人なので「公開」扱いなのです。

一方、非公開求人は主に転職エージェントに登録しないとチェックできない求人のことを指します。

非公開求人が企業の公式HPに載ることは無いので、非公開求人をチェックしたい場合転職エージェントへの登録が必要になります。

 

企業が求人を非公開にする理由

 

 

非公開求人が、あまり知られていない求人だということは分かりましたが、なぜ企業や転職エージェントは求人を多くの人に見せないのか、気になる方も多いでしょう。

企業があえて求人を非公開にするのか、ここから解説しますのでぜひ転職に役立ててくださいね。

 

大勢の人が応募するのを防ぎたい

 

大企業や有名な企業の場合、好待遇の求人を出すと募集人員よりはるかに多い転職希望者からの応募が来てしまい、処理が大変になることがあります。

企業にとって、人を雇うためのコストはなるべく低く抑えたいもの

求人をたくさんの人に公開すれば、その分応募者が増え書類審査、面接にも時間がかかってしまいます。

企業は好条件の求人を限られた人にだけ公開し、採用コストを下げているのです。

 

求人を他社に見られたくない

 

企業が新しい社員を求める理由は様々。

単に「人員が足りてないから」という理由で求人を公開するなら問題ありませんが、例えば「新規プロジェクトに参加してくれる人を雇いたい」など、会社の今後の方針に関わる求人であれば、「他社の人に見られたくない」と考える企業も多いです。

 

特に未発表の新規プロジェクトに関する採用や、会社役員の採用については同業他社などに情報が漏れると今後の経営に悪影響が出る可能性もあります。

一方非公開求人であれば、求人内容を他社に見られず採用活動を進められるので、会社内部の重要なポストも募集しやすくなります。

 

有能な人だけ採用したい

 

求人を公開するとその企業に到底合わないような人や、求めるスキルを持っていない人まで応募してくることも少なくありません。

しかし、一度応募してきた人を「見込みが全くないから」という理由でチェックもせず、門前払いにすることは不可能です。

一度求人を公開してしまった以上、会社に合わない人であっても、一応書類を審査し、合否を伝えなければいけません。

そのため企業は、特定のスキルを持った、有能な人にだけ求人を紹介するよう転職エージェントに頼み、採用コストを減らしているのです。

 

Geekly Media ライター

oume

3+