【転職のコツ5選!】「成功させる転職」を専門家が徹底解説!まずはこの5つから始めるべし!

「転職したい!」そう思っている人は多いと思います。しかし「どうしたらいいのかわからないし、とりあえずいい企業がないか調べて、応募してみようか」と始める方も多いと思います。実は「成功させる転職」にはコツがあるんです。今回はそのコツを紹介するとともに、転職活動の進め方も解説していきます。

 

成功させる転職のコツ 応募書類作成の重要性

 

 

診断が終わったら、いよいよ応募のための書類の準備に入ります。

転職活動を始めると書類選考でまず壁にぶつかる方がいらっしゃいます。

書類選考は応募した企業の方に「この人、会ってみたいな」と思わせるための書類になります。

 

企業の方は忙しい中、求職者に会う時間を何とか確保しているため、応募者全員とお会いするといくら時間があっても足りなくなってしまいます。

そのため、応募してきた際の書類で最初の選考を行うのです。

 

応募書類は一番最初に応募者を判断する書類のため、非常に重要な役割を持っています。

それだけに、入念な準備をして、「会ってみたい」と思ってもらえるような書類を作成する必要があります。

 

履歴書で熱意をアピール

 

 

まずは履歴書の作成についてからです。

履歴書の役割は『自身の経歴を理解してもらうこと』、『応募企業に対するあなたの熱意をアピールすること』の2つになります。

 

特に重要なのが、あなたがその企業で働きたい理由・熱意を伝えることができるのが、履歴書の志望動機です。

これは『応募企業に対するあなたの熱意をアピールする』という重要な役割を持っています。

 

これは企業研究、業界研究にもつながります。

例えば、その企業がどの程度の規模で、どういった製品を扱っている会社なのか。

業界の中での位置づけはどの程度なのか。

それらをどの程度理解した上で、その会社であなたは何をしたいのかを伝えていく必要があります。

 

履歴書の中でも志望動機の項目はこの後に紹介する内容にも大きくかかわってきます。

あなたの考えるキャリアプラン。

あなたが転職で解決したいこと。

志望動機にはこれらが大きくかかわってきますので、じっくり考えて熱意を伝えていただければと思います。

 

職務経歴書で自分のスキルをアピール

 

 

次に職務経歴書になります。

職務経歴書は、今までの自信の仕事の成果や自身の持っているスキルや資格、強みをアピールする書類になります。

役割は『私はこういった成果を上げてきました』、『こういうスキルを保有しています』と理解してもらうことで『私は貴社でも活躍できる人材ですよ』とアピールする書類になります。

 

そこで重要になるのが、実際に成果を数字で現わしたり、自身の強みをエピソードを交えてアピールしたりすることです。

職務経歴書は書式が自由なので、その点をアピールするために工夫も可能です。

説得力のある書類を作成して行くことが、何よりも重要になります。

 

また、この書類には先に行った自己分析、適職診断などの結果で、自分の強みなど、知りえた情報を活かすことができます。

 

応募書類に関しては、汎用性のある部分が多くあります。

そのため、企業に合わせて記載をする履歴書の志望動機、職務経歴書の自己PR以外の部分は事前にある程度作成しておくことで、応募後の書類提出がスムーズにいきます。

早く書類を提出することで応募した企業にも熱意が伝わります。

 

Geekly Media ライター

Terrace Factory

3+