カテゴリから探す
Geekly
コラム
技術・
テクノロジー
職種・
ポジション
Web・
ゲーム
転職準備
転職活動
  1. HOME
  2. Geekly Media
  3. 転職準備
  4. 【簡単わかりやすい】スムーズな転職活動のための「自己分析」のやり方を徹底解説します!
  • 転職準備

【簡単わかりやすい】スムーズな転職活動のための「自己分析」のやり方を徹底解説します!

転職活動をしている方の中で、「自分とは一体どのような人間なのだろうか」と悩まれている方はいませんか?『強み』や『弱み』、客観的に見える自分とは一体どのような人間なのでしょうか?今回は、転職活動には欠かせない、自分が一体どのような人間かを知ることができる自己分析について、目的からやり方まで、解説していきます。

 

自己分析とは

 

客観的・主観的に自分を知るために行う

 

 

『自己分析』という言葉はよく聞く言葉だと思います。

大学時代、新卒の就職活動の際には「やったほうがいい」と言われ、何となく受けて「自分の結果はこういったものなのか」ということが印象に残っていると思います。

ただ、「自己分析っていったい何だったのだろうか」という疑問だけが残りませんか?何となく「自分のことを知るためのツール」だということは理解されていると思います。その解答は間違っていません!

しかし、自己分析の意味はそれ以外にも大きなものがあります。

 

自己分析は自分を知るためのツールですが、自分の価値観を知るためのツールでもあります。自分とはどういった人間なのか、どういった価値観を持っているのかを知ることが、自己分析です。

要は、客観的にも、主観的にも自分を知るためのツールです。

 

スムーズな転職には自己分析が必要

 

満足度が高く、余計な時間を割かずに転職をするため

 

 

自己分析は、客観的にも主観的にも自分を知るためのツールだということは、ご理解いただけたと思います。

では、どうして転職活動には自己分析が必要なのでしょうか?それは満足度の高い転職をするため、余計な時間を使わないためです。

 

「転職したい」と思ったのには理由があると思います。

何かしら解決したいことがあるから、「転職したい」と思ったのではないかと思います。その問題を解決することで満足度の高い転職ができるのですが、そのためには自分のことを知らなければなりません。

 

また、解決するだけでは満足度の高い転職とは言えません。

自分に適した職業を選ぶことで、『やりがい』を感じることができたり、キャリアアップも図れるため、将来的にも満足度の高い転職をすることができます。

自己分析を行わず、自分のことを理解しないで転職活動を行うと、満足のいく転職ができません。

自分の価値観に合わない転職先や、適さない職種を応募したりすることで、面接に行ったものの、辞退するなどの余計な時間を過ごしてしまう恐れがあるからです。

 

自己分析でスムーズな転職活動を実現するために

 

 

自己分析は、客観的にも主観的にも自分を知るためのツールであるということ、スムーズな転職に必要であるということは、ご理解いただけたと思います。

では、スムーズに転職活動を行うためにはどのような事を把握しておく必要があるのでしょうか?

 

自分の気づいていない自分を知る

 

 

自己分析の目的の一つは、『自分の知らない自分を知る』というものになります。

転職活動中の自己PRや、職種選択に活かせます。

 

インターネット上にある自己分析ツールとして、適性診断があります。これは、客観的に見た自分を知るためのツールです。

自分では気づかない、自分を知るという意味では、重要なものになります。

客観的に自分を知るということは、難しいものです。他人に聞くのが一番ですが、仕事上でのことになるので、一緒に仕事をしている上司や同僚からの評価を受ける必要があります。

ただ、転職は上司や同僚に知られず行いたいというのが一般的な考え方です。そうなると、実際の評価はなかなか聞くことが難しい状況になります。

 

そのため、自己分析ツールとして、適性診断を行います。

自分に適している職業はどのようなものなのか、その職に就くにあたって、自分の強みはどのようなものなのか。

客観的に自分を知ることで、自分が知りえなかった自分を知り、自分に適した職種選びや、応募書類や面接の際の自己PRに活かして行くことができます。

 

 

自分の価値観を理解して、自分に合うものを見つける

 

 

インターネットによくある自己分析は、客観的に自分を知るためのツールです。これだけでは、自分の価値観を知ることはできません。

この価値観を知るということが、自己分析の目的の一つになります。

 

自分の価値観を理解することで、自分に合う企業や職業、自分の性格を理解することができます。

自分の価値観を知ることも、企業選びや職業選び、応募書類や面接での自己PRをするために必要なことになります。

 

面接官に自分のことを理解してもらえるようにする

 

 

自己分析を行う理由は、自分を理解するためだけではありません。理解して、活用しなければならないのです。

どの場面で活用するのでしょうか?

 

それは、応募書類や面接の際に活用するのです。

「自分はこういった人間です。だから御社の仕事で必ず役に立ちます。」や、「御社のこういった考えが自分の考えと、とても近いと感じました。」などといったことを、企業の方にアピールするために使います。

企業の採用担当者は、あなたがどういった人なのかを知りたいと思っています。

自身の勤めている企業で活躍できる人材なのか、企業の考えに共感してくれるかどうか、などを知りたいと考えています。

 

企業の採用担当者がそれを確かめる機会は、応募書類と面接です。

この数少ないピールの機会を有効に使うために、自己分析で、自分のことを知り、より効果的に企業の採用担当者にアピールをして、自身のことを理解してもらいます。

 

簡単な自己分析のやり方

 

 

ネットのツールを使う方法

 

まずは、客観的な結果を知ることができる方法です。これは本当に簡単なことです。

インターネットの検索エンジンで、『自己分析』や『適性診断』などと検索するとツールが出てきます。

このどれかのツールを使って客観的な結果を得てください。

 

自分の価値観を見つめ直す方法

 

主観的な自己分析は、インターネットのツールを使うことより、少しだけ手間がかかってしまいます。

自分を見つめ直す作業なわけですから、自己分析ツールのように問いに答えればいいわけではありません。

過去の自身のエピソードから分析を行います。

人生において一番うれしかった出来事と、一番嫌だった出来事をピックアップしてください。

 

その出来事において、以下のことを書き出してください。

『なぜ、一番うれしかったのか、一番嫌だったのか。」

『その時に何を思ったのか。』

『その結果、どういう行動をするようになったのか。』

自分の過去の出来事を振り返り、その行動を分析することで、自分の価値観が見えてきます。

 

 

自己分析結果を活かす

 

結果から選択する

 

 

自己分析の結果が出そろったと思います。

客観的、主観的の両方が出てきたと思いますが、すべて同じではなかったと思います。人によっては、かなり違った結果になってしまったのではないでしょうか?

この結果は、転職活動に活かしていきます。

 

結果から、どういうことを選択していくかを決めなければなりません。職種、企業はもちろんのこと、その他にも、自分の価値観からどういったことを希望していくのかなどを決めていきます。

また、その選択した職業に活かすことのできる、自身の強みを見つけることも自己分析において大きな目的の一つです。

自身の強みを見つけて、それを応募書類、面接において活かしていくことで選考に対しての武器を身に着けていきます。

 

『選択すること』と『自身をアピールする武器を身に着ける』ことで、スムーズな転職活動が実現されていきます。

 

最後に~自己分析を行うことでスムーズな転職活動を

 

 

さて、ここまで自己分析について紹介してきました。

転職活動において、いかに自己分析が重要かということが、ご理解いただけたと思います。

 

自己分析のすべてが簡単というわけではありません。主観的な自己分析においては、手間もかかりますし、過去のことですので思い出すのも大変な作業になります。

しかし、その手間を考えても行うべき作業です。

すべてはスムーズに転職活動を行うためです。自分の希望や、自分に合った職種や企業を選択することが、回り道にならず、スムーズな転職活動が行えます。

 

Terrace Factory

Geekly Media
ライター

この記事が気に入ったら
シェアしよう!

  • twitter
  • facebook
3+

関連記事

求人数×IT業界での紹介実績数で、納得の転職をサポート。IT業界専門だからこそできる提案力を実感してみてください。