【転職】ジョブチェンジを成功させるには?!メリット・デメリットを含め、ジョブチェンジを徹底解説します!

皆さん仕事人生でジョブチェンジという言葉が頭をよぎったことはありませんか。仕事に慣れてきた中、職種を変えて自分のスキルアップを図りたいと思った事はないでしょうか。しかしRPGゲームと違って現実で新しい職種に変えるのは色々と不安も大きいと思いますので今回はジョブチェンジを成功させるポイントとジョブチェンジのメリット・デメリットを徹底解説していきたいと思います。

 

ジョブチェンジとは?

 

 

ジョブチェンジを日本語にそのまま訳すと「転職」ということになります。

しかし転職という言葉をそのまま使うと同じ営業職で違う会社に移るのも「転職」になってしまいます。

現在日本で使われているジョブチェンジとは同じ業種で会社を移る場合に使う言葉ではなく、

例えるなら営業職から経理職へと職種を変える時に使われる言葉になっています。

職種を変えるジョブチェンジは同じ会社の中でも行われますし、会社を変える時に同時に職種を変えるケースもあります。

 

社内でのジョブチェンジ

 

同じ会社内でのジョブチェンジを成功させるには幾つか制度があります。一定期間中に社内で色々な職種を経験させるジョブローテーション制度や社内でやる気のある社員から職種変更の公募を募る社内公募制度でジョブチェンジを成功させることが出来ます。

しかし、現在日本の会社の人事採用のホームページを見てもジョブローテーション制度や社内公募制度を採用している会社はまだまだ少ないのが現状です。

また社内でのジョブチェンジとしては会社からの命令で職種を変えることもありますが、その場合前向きなジョブチェンジでは無いパターンが多いので自身のスキルアップやモチベーションが上がるジョブチェンジにはなりません。

 

転職でのジョブチェンジ

 

社内で職種を変えるジョブチェンジの制度が無い時はジョブチェンジの制度がある会社に転職してからのジョブチェンジや今までのキャリアをリセットして新しい職種へ未経験にチャレンジするジョブチェンジがあります。

一旦同じ職種で転職してから制度を利用してのジョブチェンジは時間がかかりますし、未経験からのジョブチェンジは金銭面や時間の面でもデメリットがあります。

ここからはジョブチェンジによってもたらされるメリットとデメリットを解説していきます。

 

ジョブチェンジのメリット

 

 

キャリア形成の強い味方になる

 

ジョブチェンジを行うことにより新しいキャリアを獲得することが出来れば自分のキャリア形成の強い味方になります。

営業職一筋の営業マンより営業からマーケターへジョブチェンジをしてマーケティングも出来る営業マンになった方がこれからの時代に生き抜く強い力になります。

 

仕事に対する新鮮さを保てる

 

ジョブチェンジをすれば仕事に対する新鮮さやモチベーションを保ち常に仕事に前向きに取り組む事が出来ます。

同じ職種で同じ会社にいるより色々な職種を経験し社内や社外からも必要にされる人材になれば次々と新しい仕事も舞い込んできますので仕事に対する新鮮さを持ち続けるきっかけにジョブチェンジがなります。

 

ジョブチェンジのデメリット

 

 

未経験スタートによるハンデ

 

社内でのジョブチェンジでも会社を変えてからのジョブチェンジにしても新しい職種に対しては未経験からのスタートになります。

一から新しい仕事を覚えるのは仕事に対するやりがいや新鮮さを持てる反面、慣れるのに時間がかかり新しい職種に対する勉強も必要になってきて最初の内はプライベートに影響を及ぼす場面も出てくるかもしれません。

 

給料がダウン

 

同じ会社内でのジョブチェンジだとそこまで待遇が変わらないと思いますが転職し会社を変えて一から新しい職種へ未経験となると会社側も未経験者採用になり給料がダウンする等待遇面でのマイナスが生じやすくなります。

次からはジョブチェンジを成功させるためにジョブチェンジを成功しやすい人のタイプを挙げていきます。

 

ジョブチェンジを成功しやすい人

 

 

20代の若手、第二新卒社員

 

ジョブチェンジをすると新しい仕事を一から覚えないといけません。

そうなるとやはり20代の若手社員や第二新卒の社員がジョブチェンジの成功がしやすくなります。

若いと仕事の覚えも早くまた体力面や給料面でも会社側から見てもジョブチェンジのしやすい人材として扱われるのです。

 

Geekly Media ライター

3+