『勤務間インターバル』を徹底解説!その概要から対策すべきポイントまで幅広くご紹介します。

『勤務間インターバル』という制度をご存知ですか?働き方改革の一つとして、大企業が導入し始めている制度です。導入することで、助成金も出るとされていますので、働き方改革関連法案が成立され、2019年の4月から、企業に対して努力義務として規定されます。今回は、この制度に対して解説をしていきます。

 

ワークライフバランスの充実

 

 

まず一つ目はワークライフバランスの充実です。

単純に考えて、仕事が終わってから、次の日仕事に行くまでの時間が、一定時間確保されているのだから、プライベートの時間が確保しやすくなります。

一定時間が確保されていることで、家族との時間に費やしたり、趣味の時間を確保することができ、仕事とプライベートのバランスは非常に取りやすくなります。

 

例えば家庭がある方でも、残業して、遅い時間まで会社で働いていても、次の日の朝には必ず家族の顔を見ることができるので、家庭との両立も困難ではなくなります。

趣味の時間が確保できなかった方も、仕事終わりに趣味の時間を確保しても、翌日会社に行く時間は遅くなるため、睡眠時間を確保できて、翌日の仕事に対して影響が少なくなります。

 

このようにプライベートの時間も確保しやすいため、ワークライフバランスの取れた働き方ができるようになります。

 

業務効率化につながる

 

 

次に、業務の効率化につながるというものです。

 

仕事終了から、次の仕事開始まで一定時間が確保されているため、仕事の時間が限られてしまいます。そのため、効率的に仕事を進めていかなければ、仕事を完了させることができません。

必然的に仕事を効率的に進めていかなければならないため、会社一丸となって取り組むことになると思われます。

会社が効率化を図るということで、不必要な書類や、手間がかかっていた手続きなども、見直されることになると思われます。

 

予想される上記のような取り組みを見ても、業務が効率化されるという事態が想定できます。

しかし、会社が効率化に取り組むということは、労働者個人としても、業務を効率的に進めていく必要があります。

そうしないと、仕事を完了させることができない上に、成果を上げることができなくなってしまいます。意識して、効率的に仕事を進めていくことが、必要とされてきます。

 

負荷分散が図れる

 

 

最後に、業務の負荷が分散されていきます。

役割などにもよりますが、業務量に偏りが出てきてしまうことは、よくあることです。

 

先ほどの『業務の効率化』にもつながる部分はありますが、『勤務間インターバル』制度は、仕事の時間は限られてきます。

そのため、業務の負荷も、分散していく必要があります。

偏りがあった業務負荷も、分散していかないと、仕事を終わらせることができなくなってしまいます。

 

会社としても、約束の期日までに仕事を完了させなければ信用を失ってしまうため、業務負荷の分散は、当然取り組んでいくことになると思われます。

1人で抱えていた仕事も、チームで取り組んでいくことが必須になったり、プロジェクトの人員が増えたりすることが予想されます。

 

Geekly Media ライター

Terrace Factory

4+