『勤務間インターバル』を徹底解説!その概要から対策すべきポイントまで幅広くご紹介します。

『勤務間インターバル』という制度をご存知ですか?働き方改革の一つとして、大企業が導入し始めている制度です。導入することで、助成金も出るとされていますので、働き方改革関連法案が成立され、2019年の4月から、企業に対して努力義務として規定されます。今回は、この制度に対して解説をしていきます。

 

勤務間インターバルの注意点

 

 

『勤務間インターバル』のメリットは、まだまだあるのではないかと思います。

これだけ見ると、『自分の時間が確保できる』『効率的に仕事ができる』『業務の負荷が分散される』などで、「メリットしかない!」と思われる方も多いと思います。

しかし!予想されるデメリットもあります。

この項目では、注意しなければならい点を紹介していきます。

 

人員の確保

 

まずは、人員の確保が困難になるということです。

例えば店舗の場合、仕事を終了した時間が遅かった場合、開店時間に店員が全員いないというような状況が起こりえる可能性があります。

これでは、経営が成り立たず、企業として意味をなさなくなってしまいます。

 

こういった事態を予測して、余剰の人員を確保しておく必要があります。

ただ、人件費は企業の中の支出部分でも大きなウェイトを占めますので、余剰に人員を確保すると、企業としての存続が危ぶまれてしまう恐れもあります。

また、人材不足の昨今においては、採用は容易にできるものではありません。『勤務間インターバル』制度を導入していくにあたり、企業を動かしていく上でも、人員確保は重要になります。

 

責任者の不在が起こりうる

 

上記で紹介したことにもかかわってきますが、『勤務間インターバル』の影響で、業務時間中に責任者が勤務時間外であるというケースも想定できます。

業務時間中にトラブルが発生した際や、急な決済がほしい時、どうしても判断を仰がなければならないとき、責任者が不在という事態だと、トラブルになりかねません。

 

業務を遂行していく上で、責任者の判断は欠かせないケースがあります。

「いつでもいる」という風に思ってしまってはいけないのかもしれませんね。こういった際に備えるためにも、責任をとれる人員を複数確保しておく必要があります。

 

ただ、責任をとれる人員は、簡単に複数確保できるものではありません。

この問題に関しては、どのようにして解決していくかは、企業ごとに決定してく必要があります。

 

一番重要なことが、トラブルの対応になります。

迅速に事態を収束させる必要があるため、どのような対応が望まれるのかを部署内で共有しておく必要があります。

このように、一つ一つの事態を想定しなければなりません。

 

勤務間インターバル導入にあたっての準備

 

社内のルール作り

 

 

『勤務間インターバル』の導入は、会社のルールを大きく変更する必要があります。

 

出社する時間がまちまちなため、労働時間管理についての決まり事や、退社時間の決まり事、残業に関する決まり事など、思いつくだけでも、これだけの内容を決めていかなければなりません。

その他にも、業務の進行についての決まり事をはじめてとした、業務遂行にあたってのルールを作っていかなければなりません。

打ち合わせの際にいない人員の補填や、情報の共有を徹底しなければならないので、こういう点でもルールを作っていかなければなりません。

 

新たな制度の導入の際には、その準備がとても重要になります。

 

最後に~働き方改革がもたらすモノは

 

 

『勤務間インターバル』について、ここまで解説してきました。

働き方改革関連法案の成立から、労働者の環境整備をしていくことが急務になっています。働き方改革は、労働者にとって喜ばしいものではありますが、求められる業務の量は変わらない恐れはあります。

 

そういった中で、成果を上げていくにはどのようにしたらいいのか、業務を滞りなく遂行していくにはどのようにしたらいいのか。

様々な問題と向き合いながら、この働き方改革を乗りこなしていく必要があるのではないでしょうか。

 

Geekly Media ライター

Terrace Factory

4+