カテゴリから探す
Geekly
コラム
技術・
テクノロジー
職種・
ポジション
Web・
ゲーム
転職準備
転職活動
  1. HOME
  2. Geekly Media
  3. 転職準備
  4. 『勤務間インターバル』を徹底解説!その概要から対策すべきポイントまで幅広くご紹介します。
  • 転職準備

『勤務間インターバル』を徹底解説!その概要から対策すべきポイントまで幅広くご紹介します。

『勤務間インターバル』という制度をご存知ですか?働き方改革の一つとして、大企業が導入し始めている制度です。導入することで、助成金も出るとされていますので、働き方改革関連法案が成立され、2019年の4月から、企業に対して努力義務として規定されます。今回は、この制度に対して解説をしていきます。

 

勤務間インターバルとは

 

勤務間インターバルの概要

 

 

『勤務間インターバル』という制度はいったい、どういった制度なのでしょうか?

単純に考えれば、勤務の間にインターバルをおく、というものになりますよね。『勤務間インターバル』は、勤務終了後に、一定時間以上の休息を設けることです。

 

例えば、勤務間インターバルの設定時間が12時間とします。

20時に勤務が終了した場合に、翌日は12時間後である、8時までは会社に来ないということになります。21時終了であれば、翌日の9時、22時終了であれば、翌日の10時となります。

このように、勤務終了時刻から、定められた時間が経過するまでは、会社に来ないというような制度を、『勤務間インターバル』制度といいます。

 

勤務間インターバル制度の目的

 

健康確保が第一の目的

 

 

『勤務間インターバル』制度の概要はご理解いただけたと思います。では、この制度の目的はどういったものなのでしょうか?

勤務終了時刻から、一定時間のインターバルを設けることで、様々な効果が得られます。

 

一番重要なことは、一定時間の休憩時間を確保することで、健康確保することです。

一定時間の休憩時間を得ることで、睡眠時間の確保や、健康に関する時間を確保することで、過労や、健康を損ねる要因を排除することにあります。

 

次に、ワーク・ライフ・バランスの確保です。

仕事に偏った生活をすることなく、私生活の時間も確保することで精神的な充実を図ることも、この制度の目的です。

 

勤務間インターバルのメリット

 

 

『勤務間インターバル』制度の概要と目的は、理解していただけたと思います。確かに労働者のことを思って作られた制度です。翌日の仕事までの間を確保できることはメリットが大きいと言えます。

 

では、どのようなメリットがあるのでしょうか?

様々なメリットがありますが、今回紹介するのは以下の3つです。

 

・ワークライフバランスの充実

・業務効率化

・負荷分散

 

では、この3つについて細かく解説していきましょう。

 

 

ワークライフバランスの充実

 

 

まず一つ目はワークライフバランスの充実です。

単純に考えて、仕事が終わってから、次の日仕事に行くまでの時間が、一定時間確保されているのだから、プライベートの時間が確保しやすくなります。

一定時間が確保されていることで、家族との時間に費やしたり、趣味の時間を確保することができ、仕事とプライベートのバランスは非常に取りやすくなります。

 

例えば家庭がある方でも、残業して、遅い時間まで会社で働いていても、次の日の朝には必ず家族の顔を見ることができるので、家庭との両立も困難ではなくなります。

趣味の時間が確保できなかった方も、仕事終わりに趣味の時間を確保しても、翌日会社に行く時間は遅くなるため、睡眠時間を確保できて、翌日の仕事に対して影響が少なくなります。

 

このようにプライベートの時間も確保しやすいため、ワークライフバランスの取れた働き方ができるようになります。

 

業務効率化につながる

 

 

次に、業務の効率化につながるというものです。

 

仕事終了から、次の仕事開始まで一定時間が確保されているため、仕事の時間が限られてしまいます。そのため、効率的に仕事を進めていかなければ、仕事を完了させることができません。

必然的に仕事を効率的に進めていかなければならないため、会社一丸となって取り組むことになると思われます。

会社が効率化を図るということで、不必要な書類や、手間がかかっていた手続きなども、見直されることになると思われます。

 

予想される上記のような取り組みを見ても、業務が効率化されるという事態が想定できます。

しかし、会社が効率化に取り組むということは、労働者個人としても、業務を効率的に進めていく必要があります。

そうしないと、仕事を完了させることができない上に、成果を上げることができなくなってしまいます。意識して、効率的に仕事を進めていくことが、必要とされてきます。

 

負荷分散が図れる

 

 

最後に、業務の負荷が分散されていきます。

役割などにもよりますが、業務量に偏りが出てきてしまうことは、よくあることです。

 

先ほどの『業務の効率化』にもつながる部分はありますが、『勤務間インターバル』制度は、仕事の時間は限られてきます。

そのため、業務の負荷も、分散していく必要があります。

偏りがあった業務負荷も、分散していかないと、仕事を終わらせることができなくなってしまいます。

 

会社としても、約束の期日までに仕事を完了させなければ信用を失ってしまうため、業務負荷の分散は、当然取り組んでいくことになると思われます。

1人で抱えていた仕事も、チームで取り組んでいくことが必須になったり、プロジェクトの人員が増えたりすることが予想されます。

 

 

勤務間インターバルの注意点

 

 

『勤務間インターバル』のメリットは、まだまだあるのではないかと思います。

これだけ見ると、『自分の時間が確保できる』『効率的に仕事ができる』『業務の負荷が分散される』などで、「メリットしかない!」と思われる方も多いと思います。

しかし!予想されるデメリットもあります。

この項目では、注意しなければならい点を紹介していきます。

 

人員の確保

 

まずは、人員の確保が困難になるということです。

例えば店舗の場合、仕事を終了した時間が遅かった場合、開店時間に店員が全員いないというような状況が起こりえる可能性があります。

これでは、経営が成り立たず、企業として意味をなさなくなってしまいます。

 

こういった事態を予測して、余剰の人員を確保しておく必要があります。

ただ、人件費は企業の中の支出部分でも大きなウェイトを占めますので、余剰に人員を確保すると、企業としての存続が危ぶまれてしまう恐れもあります。

また、人材不足の昨今においては、採用は容易にできるものではありません。『勤務間インターバル』制度を導入していくにあたり、企業を動かしていく上でも、人員確保は重要になります。

 

責任者の不在が起こりうる

 

上記で紹介したことにもかかわってきますが、『勤務間インターバル』の影響で、業務時間中に責任者が勤務時間外であるというケースも想定できます。

業務時間中にトラブルが発生した際や、急な決済がほしい時、どうしても判断を仰がなければならないとき、責任者が不在という事態だと、トラブルになりかねません。

 

業務を遂行していく上で、責任者の判断は欠かせないケースがあります。

「いつでもいる」という風に思ってしまってはいけないのかもしれませんね。こういった際に備えるためにも、責任をとれる人員を複数確保しておく必要があります。

 

ただ、責任をとれる人員は、簡単に複数確保できるものではありません。

この問題に関しては、どのようにして解決していくかは、企業ごとに決定してく必要があります。

 

一番重要なことが、トラブルの対応になります。

迅速に事態を収束させる必要があるため、どのような対応が望まれるのかを部署内で共有しておく必要があります。

このように、一つ一つの事態を想定しなければなりません。

 

勤務間インターバル導入にあたっての準備

 

社内のルール作り

 

 

『勤務間インターバル』の導入は、会社のルールを大きく変更する必要があります。

 

出社する時間がまちまちなため、労働時間管理についての決まり事や、退社時間の決まり事、残業に関する決まり事など、思いつくだけでも、これだけの内容を決めていかなければなりません。

その他にも、業務の進行についての決まり事をはじめてとした、業務遂行にあたってのルールを作っていかなければなりません。

打ち合わせの際にいない人員の補填や、情報の共有を徹底しなければならないので、こういう点でもルールを作っていかなければなりません。

 

新たな制度の導入の際には、その準備がとても重要になります。

 

最後に~働き方改革がもたらすモノは

 

 

『勤務間インターバル』について、ここまで解説してきました。

働き方改革関連法案の成立から、労働者の環境整備をしていくことが急務になっています。働き方改革は、労働者にとって喜ばしいものではありますが、求められる業務の量は変わらない恐れはあります。

 

そういった中で、成果を上げていくにはどのようにしたらいいのか、業務を滞りなく遂行していくにはどのようにしたらいいのか。

様々な問題と向き合いながら、この働き方改革を乗りこなしていく必要があるのではないでしょうか。

 

Terrace Factory

Geekly Media
ライター

この記事が気に入ったら
シェアしよう!

  • twitter
  • facebook
4+

関連記事

求人数×IT業界での紹介実績数で、納得の転職をサポート。IT業界専門だからこそできる提案力を実感してみてください。