カテゴリから探す
Geekly
コラム
技術・
テクノロジー
職種・
ポジション
Web・
ゲーム
転職準備
転職活動
  1. HOME
  2. Geekly Media
  3. 転職準備
  4. キャリアアップとは??キャリアアップの方法やメリットについて徹底解説!
  • 転職準備

キャリアアップとは??キャリアアップの方法やメリットについて徹底解説!

企業に勤めていると、「キャリアアップしたい」と考えることがあると思います。では、キャリアアップとはどういったことなのでしょうか?昇進?昇給?どういったことなのでしょうか?また、キャリアアップを目指すにはどのようにしたらいいのでしょうか?今勤めている会社で頑張るのか、転職してキャリアアップを目指すのか…。解説致します。

 

キャリアアップとは?

 

キャリアアップの定義

 

 

『キャリアアップ』と一口に言っても、実際には明確にどういったことを指すのか理解されている方は少ないのではないでしょうか?

「何となくこういうことだと思う」という方はいらっしゃると思います。

まずは『キャリアアップ』とは「こういうことだ!」ということを明確にしていきましょう!

 

『キャリアアップ』の意味は複数あります。

 

・今勤めている会社での地位の向上や給料が上がること

・高待遇を得られる会社へ転職すること

・能力を上げて経歴を高めること

 

これらがキャリアアップの定義の一例として挙げられます。

『キャリアアップ』の実例としては、以下の様な例が挙げられます。

 

・アルバイトから正社員へキャリアアップした

・成果を上げて昇進・昇給した

・転職して以前より高い給料をもらえるようになった

 

このような例がキャリアアップの実例です。

あなたが考えていた『キャリアアップ』の意味は合っていましたか?

合っていたのなら問題はありません。

しかし、もし意味が違っていたのであれば、これを機会にきちんと覚えておくことをお勧めします!

 

キャリアアップに似た言葉とその違い

 

 

 

『キャリアアップ』の意味はご理解いただけたと思います。

しかし、似た言葉に『スキルアップ』や『キャリアチェンジ』などと言った言葉があります。

この言葉、『キャリアアップ』と同様に、ビジネスにおいて使用される言葉ですが、これらの意味は把握していますか?

「いまさら聞けない!」とそのままにしておかずに、ここでしっかり覚えておきましょう。

 

スキルアップ

 

 

まずば、『スキルアップ』です。

これは『スキル』能力を、『アップ』上げるという、読んで字のごとくの意味です。

スキルアップの目的は、個人の能力を上げることになります。

経験を積むことや、資格を取得することで実現可能です。

仕事をしているということは、それだけでも様々な経験をしますので、『スキルアップ』といえるのかもしれません。

ただし、漫然と仕事をしているだけでは、有益なスキルアップとは言えません。

仕事での経験を、自身の中に蓄積をしていく必要があります。

得た経験を糧にして、自身の仕事の能力に変換していくことで、スキルアップは実現されます。

キャリアアップとは違い、自身の行動一つで実現可能なものです。

また、スキルを上げていくことで、キャリアアップにもつながります。

能力を上げて、成果を上げ、上長に認められてキャリアアップへとつながっていきます。

 

 

キャリアチェンジ

 

 

次は『キャリアチェンジ』です。

『キャリア』を『チェンジ』するということは、『経歴』を『変える』ということです。

具体的にはどのような事なのでしょうか?

現在従事している職種とは違った未経験の職種に就くといったことです。

例えば営業職から企画職に就くことや、広報職から事務職に就くことなどです。

経験を活かして別の職種に就くことでも、実務として未経験であれば、キャリアチェンジになります。

キャリアチェンジを実現する方法は、社内で別の部署に異動して、別の職種に就くか、転職して、未経験の仕事に就くかの2つです。

キャリアチェンジはキャリアアップとは異なります。

今までの経歴を一度白紙にしますので、キャリアアップには少しの遠回りだと捉えてしまうかもしれません。

しかしながら、一見遠回りに見えるかもしれませんが、自分の適職へのキャリアチェンジであれば、成果も上げ続けることができ、キャリアアップも早期に実現できるかもしれません。

 

キャリアアップするにはどうしたらいい?

 

実績を上げることが一番

 

 

『キャリアアップ』実現のためにはどうすればいいのでしょうか?

簡単です。成果を上げればいいんです。

成果を上げ続けることができれば、昇進や昇給という結果に、ほぼ結びつきます。

では、成果を上げ続けるためにはどうすればいいのでしょうか?

それはあなたのキャリアプランを明確にすることが重要になってきます。

あなたがどういう形になっていきたいのかを明確にして、それに向けて行動をしていくことで、キャリアアップは現実のものになっていきます。

 

実現したいキャリアプランを明確にしていきましょう。

手順は以下の通りです。

 

〈1〉自己分析による自身の把握

〈2〉なりたい自分を明確にする

〈3〉中期目標を立てる

〈4〉短期目標を立てる

 

〈1〉自己分析による自身の分析

キャリアプランは、あなたの未来の戦略計画です。

その戦略を練るためには、自身の戦力を把握しておく必要があります。

自身の価値観や、強み、弱みをしっかりと把握し、あなたの未来に向けた戦略を立てていくことで、実現可能なプランになります。

ですので、自身を把握するためにも、しっかりと自己分析をする必要があります。

 

〈2〉なりたい自分を明確にする

キャリア目標の最終着地点を決めることです。

「社長になる」や「年収○○万円」などで構いません!

より明確に、より具体的なほうがいいです。

 

〈3〉中期目標を立てる

5年後、10年後にどうなっていけばいいのか、『なりたい自分』を実現するために、どのようになっていればいいのかを、逆算して目標を立てます。

企業などでも、中期計画というものがあります。長期的な目標を実現するための段階的な目標です。

この中期目標を達成した先に、キャリア目標の最終着地点があります。

 

 

〈4〉短期目標を立てる

短期目標は、1年などのスパンの目標になります。

短期目標を立てて、その目標を達成して中期目標や、キャリア目標の最終着地点になります。

目標を達成するために、短期、中期と積み重ねていくことがとても重要になります。

しかし、それよりも、自身のモチベーションを維持し続けることがとても重要になります。

そのモチベーションを保ち続けることが、とても難しいことになります。

あなたに合ったモチベーションを維持する方法を見つけることも、キャリアアップには欠かせません。

 

社内キャリアアップのススメ

 

 

キャリアアップ実現のためにすべきことはご理解いただけたと思います。

では、タイトルでもありましたが、キャリアアップするためには、社内でそのまま頑張ればいいのか、それとも転職したほうがいいのか。

この内容について解説していきます。

この項目では社内でのキャリアアップについて解説していきます。

 

メリット

 

社内でキャリアアップするメリットは、何といってもすでに下地ができているということです。

すでに現在の仕事でのキャリアは積んできています。

「実績を上げるためにはどのようにすればいいのか」も、理解されていると思います。

そういった面では、社内で頑張り続けることは、キャリアアップする近道なのかもしれません。

 

デメリット

 

会社の状況にもよりますが、新たな役職に空きがない場合、空く予定がない場合は、成果を上げ続けてもキャリアアップが望めないケースもあります。

ポジションがなければ、昇進の機会もないに等しくなってしまう恐れがあるからです。

会社の制度として、キャリアアップを推奨した個々の能力を高めるための研修に参加できる制度や、正当に評価してくれる制度があれば、それをフル活用していけばいいのですが、こういった制度がないのであれば、社内でのキャリアアップは難しいかもしれません。

 

転職キャリアアップのススメ

 

 

次に、転職してキャリアアップする場合についてです。

社内でのキャリアアップに比べ、即効性がありそうな気がしますが、実際のところはどうなのでしょうか?

 

メリット

 

転職してキャリアアップを図る際のメリットは、『キャリアアップしやすい環境を選べる』ことです。

自分で、環境が整っているかどうかを調べ、選択できるということは、とても大きなメリットです。

新卒での就職の際には、そういったところまで目が届かないものです。

しかし、働きだしてみると、そういった制度が整っているか否かというところは、比較的目につきやすいポイントにもなります。

ましてや、自身の収入や、地位に直結するということがありますので、環境に対しては敏感になってしまいます。

 

こういった点を打破して、キャリアアップしていくには、「現状では環境が整っていない」と感じる場合には、大いにメリットがあります。

 

デメリット

 

転職してしまうと、すべてリセットされてしまいます。

キャリアを活かせる転職であっても、転職先での評価は『0』からスタートします。

ということは、今まで積み上げてきた実績も、リセットされるということです。

 

今までコツコツと積み重ねてきた実績をリセットしてでも転職したほうが、キャリアプラン実現への近道だと、冷静に判断できるのであれば、その転職はキャリアアップのためになります。

しかし、むやみに転職をすることはおススメしません。

評価がリセットされてしまうので、一般的に考えれば、キャリアアップのための遠回りになってしまいます。

 

最後に~キャリアアップにはキャリアプランから

 

 

キャリアアップについて解説してきました。

社内でキャリアアップするもよし、転職してキャリアアップするもよし、あなたの状況に合わせてキャリアアップを目指していくことが重要です。

そして何より重要なのは、キャリアプランを明確にすることです。

キャリアプランを明確にして、そこに対して目標を立てていくことが、キャリアアップに向かうための第一歩です!

キャリアアップを目指している方はこれを機に、見つめ直してください!

 

Terrace Factory

Geekly Media
ライター

この記事が気に入ったら
シェアしよう!

  • twitter
  • facebook
2+

関連記事

求人数×IT業界での紹介実績数で、納得の転職をサポート。IT業界専門だからこそできる提案力を実感してみてください。