【キャリアアップ】社内で?それとも転職で?キャリアアップにおいて知っておくべき点を徹底解説!

企業に勤めていると、「キャリアアップしたい」と考えることがあると思います。では、キャリアアップとはどういったことなのでしょうか?昇進?昇給?どういったことなのでしょうか?また、キャリアアップを目指すにはどのようにしたらいいのでしょうか?今勤めている会社で頑張るのか、転職してキャリアアップを目指すのか…。解説致します。

 

キャリアアップとは?

 

キャリアアップの定義

 

 

『キャリアアップ』と一口に言っても、実際には明確にどういったことを指すのか理解されている方は少ないのではないでしょうか?

「何となくこういうことだと思う」という方はいらっしゃると思います。

まずは『キャリアアップ』とは「こういうことだ!」ということを明確にしていきましょう!

 

『キャリアアップ』の意味は複数あります。

 

・今勤めている会社での地位の向上や給料が上がること

・高待遇を得られる会社へ転職すること

・能力を上げて経歴を高めること

 

これらがキャリアアップの定義の一例として挙げられます。

『キャリアアップ』の実例としては、以下の様な例が挙げられます。

 

・アルバイトから正社員へキャリアアップした

・成果を上げて昇進・昇給した

・転職して以前より高い給料をもらえるようになった

 

このような例がキャリアアップの実例です。

あなたが考えていた『キャリアアップ』の意味は合っていましたか?

合っていたのなら問題はありません。

しかし、もし意味が違っていたのであれば、これを機会にきちんと覚えておくことをお勧めします!

 

キャリアアップに似た言葉とその違い

 

 

 

『キャリアアップ』の意味はご理解いただけたと思います。

しかし、似た言葉に『スキルアップ』や『キャリアチェンジ』などと言った言葉があります。

この言葉、『キャリアアップ』と同様に、ビジネスにおいて使用される言葉ですが、これらの意味は把握していますか?

「いまさら聞けない!」とそのままにしておかずに、ここでしっかり覚えておきましょう。

 

スキルアップ

 

 

まずば、『スキルアップ』です。

これは『スキル』能力を、『アップ』上げるという、読んで字のごとくの意味です。

スキルアップの目的は、個人の能力を上げることになります。

経験を積むことや、資格を取得することで実現可能です。

仕事をしているということは、それだけでも様々な経験をしますので、『スキルアップ』といえるのかもしれません。

ただし、漫然と仕事をしているだけでは、有益なスキルアップとは言えません。

仕事での経験を、自身の中に蓄積をしていく必要があります。

得た経験を糧にして、自身の仕事の能力に変換していくことで、スキルアップは実現されます。

キャリアアップとは違い、自身の行動一つで実現可能なものです。

また、スキルを上げていくことで、キャリアアップにもつながります。

能力を上げて、成果を上げ、上長に認められてキャリアアップへとつながっていきます。

 

Geekly Media ライター

Terrace Factory

2+