【キャリアアップ】社内で?それとも転職で?キャリアアップにおいて知っておくべき点を徹底解説!

企業に勤めていると、「キャリアアップしたい」と考えることがあると思います。では、キャリアアップとはどういったことなのでしょうか?昇進?昇給?どういったことなのでしょうか?また、キャリアアップを目指すにはどのようにしたらいいのでしょうか?今勤めている会社で頑張るのか、転職してキャリアアップを目指すのか…。解説致します。

 

キャリアチェンジ

 

 

次は『キャリアチェンジ』です。

『キャリア』を『チェンジ』するということは、『経歴』を『変える』ということです。

具体的にはどのような事なのでしょうか?

現在従事している職種とは違った未経験の職種に就くといったことです。

例えば営業職から企画職に就くことや、広報職から事務職に就くことなどです。

経験を活かして別の職種に就くことでも、実務として未経験であれば、キャリアチェンジになります。

キャリアチェンジを実現する方法は、社内で別の部署に異動して、別の職種に就くか、転職して、未経験の仕事に就くかの2つです。

キャリアチェンジはキャリアアップとは異なります。

今までの経歴を一度白紙にしますので、キャリアアップには少しの遠回りだと捉えてしまうかもしれません。

しかしながら、一見遠回りに見えるかもしれませんが、自分の適職へのキャリアチェンジであれば、成果も上げ続けることができ、キャリアアップも早期に実現できるかもしれません。

 

キャリアアップするにはどうしたらいい?

 

実績を上げることが一番

 

 

『キャリアアップ』実現のためにはどうすればいいのでしょうか?

簡単です。成果を上げればいいんです。

成果を上げ続けることができれば、昇進や昇給という結果に、ほぼ結びつきます。

では、成果を上げ続けるためにはどうすればいいのでしょうか?

それはあなたのキャリアプランを明確にすることが重要になってきます。

あなたがどういう形になっていきたいのかを明確にして、それに向けて行動をしていくことで、キャリアアップは現実のものになっていきます。

 

実現したいキャリアプランを明確にしていきましょう。

手順は以下の通りです。

 

〈1〉自己分析による自身の把握

〈2〉なりたい自分を明確にする

〈3〉中期目標を立てる

〈4〉短期目標を立てる

 

〈1〉自己分析による自身の分析

キャリアプランは、あなたの未来の戦略計画です。

その戦略を練るためには、自身の戦力を把握しておく必要があります。

自身の価値観や、強み、弱みをしっかりと把握し、あなたの未来に向けた戦略を立てていくことで、実現可能なプランになります。

ですので、自身を把握するためにも、しっかりと自己分析をする必要があります。

 

〈2〉なりたい自分を明確にする

キャリア目標の最終着地点を決めることです。

「社長になる」や「年収○○万円」などで構いません!

より明確に、より具体的なほうがいいです。

 

〈3〉中期目標を立てる

5年後、10年後にどうなっていけばいいのか、『なりたい自分』を実現するために、どのようになっていればいいのかを、逆算して目標を立てます。

企業などでも、中期計画というものがあります。長期的な目標を実現するための段階的な目標です。

この中期目標を達成した先に、キャリア目標の最終着地点があります。

 

Geekly Media ライター

Terrace Factory

2+