【徹底比較!】ストック型ビジネス vs フロー型ビジネス!両者のポイントからITとの関係性まで解説します!

働き方改革に伴って副業の解禁の流れになり、個人レベルでも様々なビジネスモデルが注目されるようになりました。そのビジネスモデルの代表的なものとしてストック型とフロー型のビジネスモデルがあります。今回はストック型ビジネスとフロー型ビジネスのポイントとITとの関係性までを徹底的に比較し、解説していきます。

 

フロー型ビジネスのポイント

 

 

フロー型ビジネスの最大のポイントは大きな売り上げを単発で得る事が出来るところです。

 

フロー型ビジネスのメリット

 

フロー型ビジネスが単発で商品や契約で売り上げを得るビジネスモデルなので売り上げが足らない時に金額を下げて販売し短期間で即効性のある収益を得る事が出来る点がメリットです。

また会社を立ち上げた時に単発で目立つ商品やサービスがあれば会社を大きくする起爆剤にもなる売り上げが出来るのもフロー型ビジネスのメリットとも言えます。

 

フロー型ビジネスのデメリット

 

反対にデメリットとしては単発、その都度の売り上げになるので年間の販売計画の見通しがストック型ビジネスと比較して立てにくいところになります。

継続的な収入になってない為に時々に影響した様々な事情により売り上げが左右する事も多々ありますのでフロー型ビジネスモデルは景気の波に左右されやすいビジネスモデルにもなります。

 

両者のITとの関係性は?

 

 

ストック型もフロー型も両方のビジネスモデルはITと密接な関係を持っています。

ここからは両者のITとの関係性について解説していきます。

 

ストック型ビジネスとITの関係

 

ITに関わっているストック型ビジネスは継続的に課金してもらいサービスを提供するサブスクリプションサービスが代表的なものと呼べます。

Amazonもマイクロソフトもサブスクリプションの継続的なサービス提供により安定した売り上げを確保、維持する事が出来ています。

また、個人でもブログを運営しそこから定期的な広告収入を得るストック型ビジネスをする人も増えてきています。noteというサービスで作品や文章をマガジンとして月額で購入してもらうITを利用した個人のストック型ビジネスも普及してきています。

 

フロー型ビジネスとITの関係

 

単発でホームページの制作を受けたり、クラウドソーシングサービスを利用し記事毎にライティング業務を受けるのはITにおけるフロー型ビジネスになります。

スマートフォンの本体やパソコンの商品、売り切りのソフトウェアの販売、契約もITに関係するフロー型ビジネスとして分類されます。

しかし、サブスクリプションサービスの流行で現在のITにおけるビジネスモデルとしてはストック型ビジネスが主流になってきているのが現状です。

 

副業で始めるならどっち?

 

 

2018年からの働き方改革により個人の副業が解禁になっていく中でストック型のビジネスとフロー型のビジネスはどちらがおすすめか解説していきます。

 

Geekly Media ライター

1+