【徹底比較!】ストック型ビジネス vs フロー型ビジネス!両者のポイントからITとの関係性まで解説します!

働き方改革に伴って副業の解禁の流れになり、個人レベルでも様々なビジネスモデルが注目されるようになりました。そのビジネスモデルの代表的なものとしてストック型とフロー型のビジネスモデルがあります。今回はストック型ビジネスとフロー型ビジネスのポイントとITとの関係性までを徹底的に比較し、解説していきます。

 

副業でやるならストック型ビジネスモデルがおすすめ

 

 

企業に勤めて個人レベルで行うビジネスとしてはストック型のビジネスモデルをおすすめします。

副業を解禁された時に副業をやるモチベーションは何でしょうか。やはりお金、普段の給料以外のお金を手に入れる事ではないかと思います。

会社の仕事の後や休日にやる副業としては限られた時間を有効に使い効率的に稼いでいきたいものです。

 

従って個人で商品を一から作って販売したいという野望があったりサービスを提供して休日もは普段と違うお客さんに接したいという場合を除いて、限られた時間で効率よく副業で稼ぎたい方は自分の好きな事をブログで発信し収益を得る等のストック型のビジネスモデルが良いです。

ブログ記事を更新していく事はそのブログ自体が個人の資産になり継続的な広告収入を得られる事も可能です。継続して更新していくことが必要にはなってきますがブログの資産価値は継続する毎に上がっていきますので副業としての収入自体もどんどん増えていきます。

 

単発で収入を得ていくフロー型のビジネスモデルはきっちり時間をとって活動してその時間毎にしか収益が得られないのに対しブログ等を利用した個人のストック型ビジネスは自分が本業で働いている間も収益を得る事が可能ですので副業でやるにはストック型ビジネスモデルがおすすめです。

 

ただし、ブログ等のストック型ビジネスモデルは個人でやる方も年々増えてきているので収益をどんどん上げたい人はきちんと戦略を立てて実行しないと思うように収益が上がらない事もあります。

 

個人で楽しんで継続するか収益重視で行動するか色々と試すのが良いと思います。

 

結局ストック型とフロー型どちらがおすすめ?

 

 

 

会社でやる場合でも個人で副業をやる場合でも根本的に安定した収益が重要になってきますのでストック型ビジネスモデルを展開していくのがおすすめです。

またIT関係でのビジネスモデルをお考えでしたらサブスクリプションサービスやブログ等でストック型ビジネスは会社でも個人の副業でもやり易い状況になってきています。

しかし最初からストック型のビジネスモデルを展開するには提供する商品やサービスを最初に知っても必要があり、その点においてはフロー型のビジネスモデルが優れている面も多く即効性もあります。

従って最初にフロー型ビジネスモデルを展開し徐々にストック型ビジネスモデルに移行していくのもこれからのビジネス展開に置いて有効な手段と言えます。両方のビジネスモデルを経験する事は資産として価値のあるものに違いないので良く検討してみてはいかがでしょうか。

 

Geekly Media ライター

1+