【徹底比較!】Sier vs SES!2つの違いはそもそも何?業界事情から将来性まで徹底解説!

企業などで扱うシステムというのは、ただ導入すれば良いというわけではありません。要件定義から始まり、開発が終わったとしてもその後の運用や保守も必要になります。その企業がシステムを導入する際に出てくる言葉が、SierとSESです。どちらも似たような業種ですが、今回はその両者の違いを様々な視点で解説します。

 

Sierとはどういう仕事?

 

複数のシステムをまとめる企業

 

 

企業の業務の効率化には、システムは必要不可欠です。しかし、企業がシステムのみを購入した場合、そのシステムを管理する人や何か異常が起きた際の保守のために、その分野に精通している人員を確保しなければいけません。そこで多くの企業がシステムを導入する際に利用する企業のことをSierといいます。

システムと言っても、単一で稼働するものばかりではありません。場合によっては複数のシステムを一つにまとめて運用することもあります。Sierというのはその複数のシステムを統合してシステムを開発したり、また運用や保守までを一括して請け負う企業です。

 

システム開発から保守まで一括で請け負う役割

 

Sierの良いところは、システム導入からその後の保守までを委託することができるところです。これにより企業は、システム導入のためにわざわざ余計な人員を確保する必要もありません。その分会社のコストも低く抑えることが可能になります。

システム開発から保守まで請け負うとなると、Sier側の仕事というのは多岐に渡ります。システムの要点定義から始まり、実際にシステムを開発したり複数のシステムを統合するなどして開発をすすめます。場合によっては運用保守も任されることもあります。

 

SESってどういうもの?

 

必要な期間や人数に応じてエンジニアを雇うサービス

 

Sierに似たような企業やサービスは、他にもSESというものが存在します。基本的にSierとSESは業務内容としては非常に似ていますが、SESはSierとは大きく異なる点が一つだけ存在します。それは、システム導入が主な目的ではなく、あくまでエンジニアを雇うという部分が主な目的となります。

なぜエンジニアを雇うことがメインになるのかというと、エンジニアを雇うことで、システムの開発や運用保守などの部分において柔軟に対応することができるためです。例えば一定の期間だけ開発のためにSESを利用し、その後の運用や保守などは自社の社員などに任せる、というようなことができるのは、SESだからこその強みです。必要な期間に必要な人数だけエンジニアを雇う、これがSESの主なスタイルです。

 

派遣と混同されがち

 

 

先程の説明を読むと、あることに気づくはずです。それは、ただ単にエンジニアを雇っているのであれば派遣と同じなのではないのか、ということです。確かにこの説明だけを読むと、派遣契約と似たようなスタイルです。実際にエンジニアのみを派遣するという部分では、通常の派遣会社と同じです。

しかし、あくまでSESというのは、派遣契約のようでそうではありません。これは後ほど説明しますが、指揮命令権がどちらにあるのかという部分が、派遣会社と異なります。基本的にSESの場合、クライアントとは派遣契約ではなく請負契約をするのが一般的です。派遣契約と請負契約の違いは、この指揮命令権がどちらにあるかです。

 

SierとSESの違い

 

SierとSES、業務内容は似ていますが企業が欲しているものによって異なっているということを説明しました。実はそれ以外にもSierとSESでは違いがあるのです。

 

報酬の対象となるもの

 

 

Sierの場合は、開発から運用保守まで一括して請け負っています。とはいえ、あくまで企業が欲しているものはシステムそのものです。つまりいくら開発から保守まで一括請負したとしても、実際にその報酬となるものは、開発などに携わった人ではなく、システムなどの成果物が報酬の対象となってきます。

一方でSESの場合は、一定の期間や人数に応じてエンジニアを雇うことをメインとしています。その間にシステムを開発したり運用や保守などを任せるなど、企業によって依頼することは様々です。システムそのものではなく、あくまでエンジニアを雇っているだけということになるため、SESの場合はエンジニアの勤務時間がそのまま報酬となるのです。

 

システム導入を依頼する企業の負担

 

SierとSESで提供するものが異なるということは、それだけシステムに関することを依頼するときの企業の負担も異なるということなのです。企業によっては、IT関連の部署が無いという会社もあれば、きちんとIT関連の部署がある会社もあります。また、同じIT関連の部署がある会社でも、あくまでシステムの運用や保守がメインとなるところもあれば、開発から運用保守まで万能にこなすことができる部署など、会社の部署の人員によっても異なります

企業が新しいシステムを導入する際、まずは自社の人員を元に検討します。そしてSierを使うかSESを利用するかを決めます。自社にIT関連の部署がない場合はSierを利用することで、余計な人員を確保することなく安定したシステムを手に入れることができ、SESについても自社のIT関連の部署の足りない部分をSESで補うということもできるのです。

 

SierとSESの業界事情を見てみよう

 

Sierで得られるチャンスは規模による?

 

Sierと言っても、依頼された会社の規模によってどのような規模のシステム開発を請け負っているかで、Sierそのものの規模も異なります。当然大きな会社のシステム開発などを請け負っている企業であれば、それだけ大きなシステム開発に携わることができるため、エンジニアなどを志望している人にとっては、きちんとした知識や実績などを身につけることができます。

企業にも大企業と中小企業があるように、Sierにも規模によって大小様々あります。中小Sierの場合は、独自のシステム開発案件を取る他にも、大規模なSierの請負をするということもあります。同じSierでも、会社の規模によっては得られるものも大きく異なるというのが現状です。

 

SES偽装請負問題

 

先程SESについての説明をした際、派遣に似ているようで実は全く違うということを説明しました。そしてその説明の中で、派遣と大きく異なるのは指揮命令権がどちらにあるのか、ということを説明しました。請負契約の場合、基本的に指揮命令権はクライアントではなく請負した事業主になります。今回のSESの場合は、指揮命令権はクライアントではなくエンジニアを送り込んだSES会社にあるということです。

しかし実際は多くのSES会社でこの部分を理解していない会社が多く、指揮命令権がクライアントにある状態が多いです。このような状態の場合、労働者派遣法においては偽装請負ということになり、法律上NGとなります。当然このことが発覚した場合、厳しい罰則を受けることとなります。

 

SierとSESの行く末やいかに

 

物事を捉える上でいい点だけでなく多面的に捉えることで、より客観的な判断が可能になります。

将来性についてもしっかり抑えておきましょう。

 

Geekly Media ライター

どーばー

2+