【必見!】第二新卒での転職を失敗しないために!抑えておきたいポイントを徹底解説!

今多くの企業で第二新卒の人を募集しています。とはいえ、多くの企業で欲しがっているとはいえ、必ず採用してくれるとは限りません。抑えておくべきポイントを抑えておけば、転職で失敗することはありません。今回は、今多くの企業で欲している第二新卒での転職で、失敗しないためのポイントを解説していきます。

 

第二新卒として転職する際の心得

 

社会人としてのマナーを備えておくべし

 

 

では第二新卒が転職で失敗しないために抑えておくべきポイントはどこなのか、ということについて解説します。主に抑えておくべきポイントは2つあります。まず一つは先程から何度も出てきている、社会人としてのマナーや常識を覚えておくことです。

第二新卒を欲している企業というのは、社会人経験があって柔軟性に優れている第二新卒が大好物です。そのため面接のときなども、常識やマナーの部分を厳しく見てきます。もしも今の時点で不安があるという人は、転職を進める前の段階で習得しておきましょう。

 

入社意欲を全面に押し出すべし

 

第二新卒を欲している企業のほとんどは、入社意欲の高さに注目しています。こちらも先程少し触れましたが、第二新卒で転職する人の多くは、スキルアップのためか現状に不満があるという理由で転職をしています。そのような状態で企業が選ばれると、企業にとってもかなり嬉しいものです。

企業の中には、スキルアップや現状に不満のある人たちを全力で応援したりサポートしてくれる企業もいます。そのような企業に気に入られるには、面接のときに全力で入社意欲を企業に伝えましょう。第二新卒を欲している企業であれば、絶対に力になってくれるはずです。

 

第二新卒はスキルアップのタイミング

 

今回は今多くの企業で欲している第二新卒が、転職で失敗しないためのポイントについて解説しました。これから第二新卒として転職することを考えている人は、ぜひ今回のポイントを抑えて転職を進めましょう。

 

3年いなければいけないというしがらみ

 

 

長い歴史のある企業では、会社に入ったら3年は居続けろ、というようなことを言う企業があります。しかし現在は3年どころか数日で辞めてしまうという人が多いのが現状です。もちろんその辞めてしまった人に問題があるということもありますが、人によっては数カ月勤めただけでどういう会社かわかる人も居ます。

第二新卒と呼ばれる人たちというのは、3年ほど会社に勤めた上でこれからどうすべきか自分で考えている人が多いです。自分の人生というのは最終的に自分で決めるものです。スキルアップや不満があるという場合は、ぜひその問題を解決するために動きましょう。

 

まとめ

 

とはいえ、第二新卒が転職をするには、現時点で在籍している会社の上司などからいろいろと言われる運命が待っているかもしれません。人によってはそこで心が折れてしまうかもしれません。未だに日本では転職は悪いことだという風潮があります。しかし実際は悪いことではありません。

先程も少し書きましたが、第二新卒というのは転職において最高のタイミングです。人生の中でも最も可能性を秘めている時期です。もしも第二新卒の人で転職を考えている人は、このチャンスに乗り遅れないようにしましょう。とくにIT業界への転職を考えているのであれば、ギークリーが全力でサポートします

 

Geekly Media ライター

どーばー

2+