【あなたは知っていますか?】労働基準法における「労働条件の原則」を徹底解説!

働く上での法律を定めている労働基準法。企業で働く側と雇う側のそれぞれの権利と義務を取り決める労働基準法には様々な条文がありますが、それらの条文の最初に当たる第一条に書かれているのが大原則と言える「労働条件の原則」です。今回は労働基準法、そして労働条件の原則について徹底的に解説していきます。

 

まとめ

 

 

労働条件の原則は労働基準法に書かれた様々な条文の中でも一番最初に記載されている訓辞的な内容です。

以降に記載される条文の基本的な理念としての内容なので拘束力などは持っていませんがやはり労働基準法の基本となる文章ではあるので社労士などの試験などでは頻繁に登場する問題になっています。

労働基準法は経営者側も働く側も生きていく上で避けては通る事が出来ない法律の1つです。100条以上にも及ぶ条文がある為なかなか全文を丸暗記というわけにはいきませんが基本理念である第1章第1条に当たる労働条件の原則だけでも覚えておいてはいかがでしょうか?

 

Geekly Media ライター

Lotus0

1+