【知っておきたい】「就活ルール廃止」に伴う影響とは?!メリット・デメリット含めて徹底解説!

今まで経団連が制定していた就活ルールが、この度廃止となりました。これについて現在様々な懸念がされていますが、そもそも就活ルールとはどういうものなのか、そして就活ルール廃止によってどのように変化するのかが注目されています。今回は就活ルール廃止のメリットやデメリットなどについて徹底解説していきます。

 

そもそも就活ルールってどんなもの?

 

内定日や面接日などが決まっていること

 

 

昨年10月、経団連会長である中西宏明氏就活ルールの廃止を発表しました。この発表は多くの企業はもちろん、就活を控える大学生にとっても大きな影響を与えました。そもそも就活ルールというのはどういうものなのでしょうか。

就活ルールというのは、経団連の会員となっている企業に対して、経団連が定めた内定日や面接日、解禁日などを元に就活を進めるというルールです。大学生の就活というのはこの就活ルールを元に就活をし、企業はこの就活ルールを元に新卒を一括で採用しています。

 

罰則とかある?

 

 

就活ルールという名前になっていますが、万が一そのルールを破ってしまったらどうなるのでしょうか。実はこの就活ルールというのは、必ず守らなければいけないというわけではありません。あくまで対象となっているのは経団連に加盟している企業であり、逆に加盟していない企業についてはルールは遵守しなくても良いということになっています。

また会員として加盟している企業でも、あくまで内定日などは決まっていても、それ以外の日程などについては会社独自で決めても問題ありません。あくまで企業団体として、新卒の大学生を一括で募集するための一環として企業間の足並みを揃えるためのルール、という表現が正しいです。

 

なぜ就活ルール廃止となったのか

 

若者が少ない

 

 

経団連が就活ルールを制定してから60年以上たった現在、この就活ルールそのものを廃止することとなりました。ではなぜ廃止となったのか気になる人も多いはずです。いくつか原因はあげられますが、最も多いものとしては若者の人口が少ないという理由です。

ここ数年で日本は少子高齢化が進んでおり、高齢者が増えていく一方で若者の人口というのは年々減少しています。そのため就活ルールを元に新卒を一括採用するとなっても、そのタイミングで入社してくる若者が年々少なくなっている、というのが一番の原因です。

 

外資企業の日本進出

 

就活ルールが廃止となった原因は、決して若者が少なくなったからというわけでもありません。外国企業がどんどん日本に進出しているというのも理由の一つです。アマゾンGoogleをはじめとする外資系企業の多くは、経団連が定めた就活ルールに関係なく、独自のスケジュールで採用をしています。

その結果早い段階で外資系企業が新卒の学生などを取り込んでしまい、結果的に就活シーズンに入社する学生がさらに少なくなっている、という事態になっています。就活ルールというのは、外資系企業が日本進出し始めた時点ですでに機能していなかった、ということになるのです。

 

就活ルール廃止のメリット

 

通年採用が可能に?

 

 

では就活ルールが廃止となった場合、どのようなメリットが出てくるのかということについてここでは解説します。就活ルールが定められていた今までは、どのような企業でも採用時期というのは決まっていました。しかし就活ルールが廃止されることにより、企業によっては通年採用をする企業も出てくるのではないかと言われています。

通年採用するということは、それだけ好きなタイミングで面接を受けたりすることが可能になるということです。そのため、就活シーズンのピークが過ぎてしまったという人や、早い段階で内定がほしいという人にとっては大きなチャンスとなります。

 

自由な採用活動ができる

 

先程の通年採用になるということに関連していますが、就活ルール廃止によって、企業独自の採用活動をすることが可能となっています。内定日はもちろん、採用開始時期や面接日も企業で決めることができるため、企業にとってはより有利に採用活動を進めることができます。

また、外資系企業に多いインターンシップということも容易にできます。実際に働きながらその人の仕事ぶりなどを見て、その上で採用するかどうかを決めるインターンシップは、世界的な企業の採用活動ではスタンダードとなっています。

 

Geekly Media ライター

どーばー

1+