カテゴリから探す
Geekly
コラム
技術・
テクノロジー
職種・
ポジション
Web・
ゲーム
転職準備
転職活動
  1. HOME
  2. Geekly Media
  3. 転職準備
  4. 【転職・失敗しない】プログラマーが転職を失敗しないための4つの方法を徹底解説!
  • 転職準備

【転職・失敗しない】プログラマーが転職を失敗しないための4つの方法を徹底解説!

転職は人生の中でも大きな決断の一つと考える方も多くいらっしゃると思います。一つの会社で最後まで勤め上げることが当たり前ではなくなってきています。今回は、プログラマーに焦点を当て、失敗しない転職のための方法を解説していきます。IT業界は転職が多い業界という方もいらっしゃいます。プログラマーの方は参考にしてください。

 

その一 自分を知る

 

 

プログラマに限らずに、自分のことを知るということは、転職活動においては重要な作業になります。

この作業を『する』と『しない』とでは、とても大きな差が出ます。

では、自分のどういったことを知っていればいいのかから、解説していきます。

 

プログラマーとしてのスキルを整理

 

 

まずは、プログラマーとしてのスキルから整理していきましょう。

IT系の企業は、現在人手不足に陥っているというデータがあります。

(参考:http://www.meti.go.jp/press/2016/06/20160610002/20160610002.html)

 

各企業は、様々な手段で人材を確保しようとしています。

ただ、その方法は、新卒採用で可能性がある人材を確保し、時間をかけて育成していくという、とても時間のかかる方法をとっていたりする企業もあります。

 

しかし、この方法では、数年後を見据えた人材確保の方法であり、直近の人手不足を解消できるようなものではありません。

既にプログラマーとして、ある程度の経験を有しているのであれば、遠くない未来の戦力として計算をできるため、中途採用を検討している企業としては、大変喜ばしいものです。

 

そのためにも、自分が習得している言語や、どのようなポジションで、どのように働いてきたのか、どのようなプロジェクトに関わっていたのか、などを明確にしておく必要があります。

 

これらを明確にすることで、自身がどのような人材であるかを応募企業にはっきりと伝えることができ、転職がスムーズにいきます。

それだけ、自身のスキルを整理することは大事です。

 

+αについて整理

 

 

プログラマーとしてのスキルをどれだけ持っていても、それだけでは十分な武器にはなりません。

プログラマーとしてのスキル以外の武器をアピールすることで、ほかの候補者と差をつけることも重要になります。

 

一例ではありますが、コミュニケーション力は非常に重要になります。+αとしては十分なアピール内容になると思います。

プログラマーは、チームで動く仕事になります。そのため、周囲との円滑なコミュニケーションが重要になります。

 

プログラミングのスキルがいかに高くとも、実務の中で独りよがりになってしまっては意味がありません。

IT企業の採用担当者は、そういったところを見ている人もいます。

「将来的にSE(システムエンジニア)として活躍できるのだろうか」、「周囲と協力して仕事を進めていくことができるのだろうか」など、気にしている企業は多くあります。

そういった意味でも、プログラミングスキル以外の+αが重要になります。

 

その二 なぜ転職したいか

 

 

転職で解決したいことがあるはず

あなたはなぜ転職したいのですか?

きっと、転職することでしか解決できないことがあるはずです。

 

人間関係?

やりたい仕事をできる環境を求めて?

それとも給与?

 

どんなことでもいいと思います。でも必ず、「転職したい」と思ったからには理由があるはずです。

それを書き出してみましょう。

 

 

転職に失敗しないために転職したい理由が重要

 

もう一度聞きます。あなたはなぜ転職したいのですか?

 

先ほども述べた通り、転職したいと思うからには、現在の職場では、ダメな理由があるはずです。実はその理由がはっきりしていないと、転職はうまくいきません。

企業の採用担当者や採用決裁者は、自社でどのような事をしたいのか、自社でなければならない理由というものを知りたがっています。

マッチングというものはそういったところから始まります。

そうなってくると、やはり転職で解決したいこと、転職で叶えたいことが重要になってきます。

 

最初はきっと、何となく「転職したいな」くらいに思っていたのでしょう。きっかけはそこからです。そこから、自分の希望にあう企業を探していきます。

 

高尚な理由がなければならないということはありません。あなたらしい理由があればいいと思います。

 

その三 プロに頼る

 

 

ITに強いエージェントに登録する

 

IT業界は多くの企業が存在します。さらにその企業は人材不足に悩んでいます。

 

そういった企業は、数多くの人材を確保するために様々な施策をとっています。転職エージェントでも求人募集をかけている可能性も高いと考えられます。

 

また、IT業界に強い転職エージェントなら、様々な企業を網羅していることでしょう。それだけで、選択の幅も広がります。

さらに、転職エージェントは対話をして、自身に合った仕事の内容や企業を推薦してくれます。自分自身では気づかない、自身の強みなども発見してくれます。それだけプロの力は絶大です。

 

この『対話』という過程を踏めるだけでも、転職エージェントに登録する意味はあります。転職のことは、なかなか周囲に相談できません。

ましてや、仕事のことを相談するには、友人や家族では、十分に理解してもらえない恐れがあります。

そういった相談事も、転職エージェントにはできます。

ありのままに相談できる第三者を持つということは、気持ちにも余裕が生まれます。

 

その四 応募書類でアピール

 

 

自分を存分にアピールする!

 

ここまで、自分のスキル、転職したい理由、気づかなかった本当の自分の魅力を知るために、様々な作業をしてきたと思います。

この作業を経て、あなた自身のことがよく理解できたのではないでしょうか?ここまで来たら、あとは応募書類にまとめてください。

 

履歴書では、あなたがその企業を選んだ理由を書きます。

職務経歴書では、あなたのスキルやどのような仕事をしてきたのか、さらには、あなたの長所を記載してください。

 

履歴書の志望動機は、転職をしたい理由や、志望企業でやりたいこと、なぜその企業でなければならないのかをまとめてください。

この履歴書の出来は、志望企業への熱量を図るために使われます。

熱意がない候補者には『会ってみたい』と思えません。

 

『会ってみたい』と思ってもらえる、履歴書作りをすることが、始めの一歩になります。

 

次に、職務経歴書になります。この書類は決まったフォーマットはありません。

だからこそ見せ方も重要になります。

記載しなければならないことは、所属していた企業、その企業でどのような仕事をしてきたのか、その仕事でどのような成果を上げてきたのか、さらにはどのような言語をどの程度まで扱えるのか、自分の長所です。

長所に関しては、エピソードも交えて、できるだけイメージされやすいように記載する必要があります。

イメージしてもらえることで、長所に信ぴょう性が出てきます。

書類づくりはとても重要なものです。『会ってみたい』と思わせるために、一番重要な作業になります。

 

その五 面接で企業を見極める

 

面接は双方にとって相手を知ることのできる場所

 

最後に面接についてです。面接は、候補者をふるいに落とすだけの場ではありません。

候補者人身も、企業を選択できる立場にあるということです。双方にとって、相手のことを良く知る場所であるということを忘れてはいけません。

あなたの希望に合っている企業かどうかを見極める場でもあるので、どんどん質問をするといいでしょう。

ホームページや求人票だけではわからない、企業のリアルを知る機会は、面接しかありません。その面接を有効に使うことが、失敗しない転職のために必要なことになります。

企業があなたに質問して、自社に合う人材かどうかを見極めているように、あなたは企業に対して質問をして、あなたが希望する企業かどうか見極めることをお進めします。

 

~最後に~

 

 

自分を知り、存分にアピールする

 

ここまで紹介してきたとおりに、自分を知ることが失敗しない転職には必要不可欠なことになります。

IT業界だろうと、転職に失敗しないためにやることは同じです。

自分のことを知るためにはかなりの労力がかかります。

嫌なこともたくさんあると思います。

しかし、これらの作業は転職活動にとっても、転職した後の仕事のためにも必要不可欠であるといえます。

あなたのことをあなたが知らなければ、だれもアピールしてくれません。

そういう意味でも、きちんと自分を知って、存分にアピールしましょう!

Terrace Factory

Geekly Media
ライター

この記事が気に入ったら
シェアしよう!

  • twitter
  • facebook
1+

関連記事

求人数×IT業界での紹介実績数で、納得の転職をサポート。IT業界専門だからこそできる提案力を実感してみてください。