【知っておきたい!】履歴書の「渡し方」を知っていますか?

面接日の前日はなにかとシミュレーションをしてしまいますよね。そこで気になるのが「履歴書の渡し方」です。封筒やクリアファイルで持っていくのはわかるけど、どのように渡すべきかと悩む人も多いのです。しかし、履歴書を封筒やクリアファイルに入れる意味を知り、渡し方のパターンをいくつか把握しておくことでこの悩みは必ず解消されます。

 

その他のチェック事項

 

封筒の色

履歴書を入れる封筒の色については、特に決まりはありません。白色封筒でも茶封筒でも良いのです。

よほど派手な装飾やキャラクターが印刷されているものでなければ、特に気にすることはないでしょう。

 

できれば折らないほうが良い

そもそも履歴書を三つ折りにする人はほとんどいないと思いますが、A4の状態を保てる封筒やクリアファイルで持参します。手間の問題なのですが、履歴書を見る時、折られていると折り目で見にくくなります。

ただし、郵送による応募の場合は三つ折りでも構いません。絶対に折ってはダメということではありませんので、あくまでも面接官が読みやすいか否かを意識しておきましょう。

 

封筒は封をしなくて良い

履歴書を入れた封筒を糊やテープで封をする必要はありません。あくまでも書類を汚したり破いたりしないための措置です。

 

クリアファイルは新品で綺麗なものを利用する

クリアファイルは使い回しのきく便利なものですが、折れ目が白く濁ったり汚れていると気持ちの良いものではありません。手渡す可能性もありますので、新しいものを準備しましょう。

 

 

履歴書の渡し方に決まりはない

 

 

結論から言えば、履歴書の渡し方に決まりはありません。ただしマナーがあることを意識しましょう。

マナーといっても特別なものではなく、相手に不快な思いをさせないという意味では、日常生活で他人と接する心構えと変わりません。

全体的な意識としては、以下のことを気をつけましょう。

・履歴書を丁寧に扱うために、封筒に入れて持ち歩く

・面接担当者に直接渡す時は、封筒から出して、相手に向けて渡す

・受け付けなどに“預ける時”は、封筒に入れて渡す

これだけ守れば大きな失礼には繋がりません。

 

 

まとめ

 

 

面接では緊張しますし、「失礼だったかも」「失敗したかも」という場面もあるでしょう。その場で出てしまう行動に関しては“仕方がない”のです。

しかし、履歴書を“丁寧に扱う”ことは事前準備として対策できますので、面接の一環として意識しておきましょう。

また、履歴書の渡し方にはパターンがあることを意識しておけば、面接日当日に慌てることもありませんね。

Geekly Media ライター

佐久森

3+