【知っておきたい!】「時短勤務」に関して徹底解説!その制度・法律面から、現状まで分かりやすく解説します。

勤務とは、1日の労働時間を減少させて育児に時間を回すための制度です。今回はその制度、法律視点から注目してまとめて紹介。さらに、制度の現場までわかりやすく徹底解説しています。他にも制度のメリット、デメリットなどを紹介。現状とこれからのどのようにすればいいかの対策などの流れも徹底解説しています。

 

時短勤務とは?

 

 

時短勤務とは、「子育てする際に適用される制度(3歳未満)」で、労働を規定以下に減らして仕事ができる子育て「お助け制度(1日6時間勤務以内)」

多くの労働者は8時間労働、この制度は休憩と勤務時間込みの合計6時間以内。実際は5時45分~6時間以内とされています。

この時短制度により子供を保育園に送り迎えが快適にでき、制度で空いた時間に子供との時間を過ごせたり、子育ての強い味方の制度です。

 

知っておきたい制度について

 

 

制度には、時間外労働制限、深夜業制限、幼児養育労働者に関する努力義務といった義務や制限により認められた者が利用できます。

この制度は会社で義務付けられている制度なのでほとんどの会社に導入されていますが、念のため利用する際は会社の規則を確認することが大切です。

定められているとは言え育児制度の認知は全体に広がっているわけでは無いため、円滑に利用するためには上司のサポートと理解が必要になってきます。

上司の立場に立つと労働戦力が減ってしまうことになり、他の社員にしわ寄せの形で業務が行く場合などがあるため早めの相談が大切になってきます。

一般的には制度申請予定日からの1ヶ月前までには申告するようにしましょう

 

導入されている会社

 

制度を利用するには? 【注目点3つ】

 

 

制度の申請では、大きく別けると「申請時の注意点」「不利益取り扱い禁止」「周囲の理解」の3つに分けて注目するべき内容を説明します。

 

・申請時の注意点

下記の項目をチェックしておきましょう。

他の会社内の制度を見直して、必要であれば調整し手続きを進めることになります。

そういった面倒な調整や申請で諦めてしまうこともおおく現実問題時間がかかるので申請準備を早めにすることをおすすめします。

 

・不利益取扱い禁止

不利益取り扱い禁止とは、制度を利用者に勤務中に上司からの扱いや利用者に対して嫌な雰囲気や状態など不利益な扱いをすることを禁止する制度です。

制度を利用したことにより、不利益な契約内容変更&給料減給や昇進妨害などが不利益取り扱いに該当します。

 

・周囲の理解

本人や周囲の同僚や上司などにしっかりと説明し理解してもらう必要があります。理解してもらう事ができなければ仕事を続けることが困難になるトラブルが起こる可能性があります。

制度を円滑に利用するためには会社内の理解してもらう工夫が必要になってきます。

 

制度のある会社

 

 

・SONY

時短制度やフレックスタイム制度などがあり、男性と女性どちらでも申請可能。子供が小学生で6年生3月末までが制度が適用される期間です。

他にも育児代行にかかるお金の補助を受けられる制度や、テレワークなどでの仕事が可能となる制度が長い期間働いてもらうための充実した制度を受けることができます。

 

・トヨタ

小学生が卒業する期間だけ勤務時間の選択が可能な制度があり、8時間から一時間ずつ引いていく時間帯を3時間まで引いた時間から選んでその時間だけ仕事ができ、双方により良い働き方が可能。

 

・サントリー

一日の業務の時間の削減できる制度があります。他にもフレックス勤務やテレワーク勤務などが利用可能。育児代行サービスの補助あり。

 

 

Geekly Media ライター

1+