【知っておきたい!】「時短勤務」に関して徹底解説!その制度・法律面から、現状まで分かりやすく解説します。

勤務とは、1日の労働時間を減少させて育児に時間を回すための制度です。今回はその制度、法律視点から注目してまとめて紹介。さらに、制度の現場までわかりやすく徹底解説しています。他にも制度のメリット、デメリットなどを紹介。現状とこれからのどのようにすればいいかの対策などの流れも徹底解説しています。

 

制度・法律面の現状&対策

 

制度の現状

 

 

やはり、制度を使いやすい企業とそうでない企業に分かれてしまうのも現状として問題点に挙げられます。

かといって、育児に悩んでいるにもかかわらず制度を使わないのはとてももったいないと思うのも確かです。

利用可能な場合は育児に理解のある人を見つけてサポートしてくれるようにお願いしましょう。

頼めない場合はきっぱりサポートや理解を諦め自分の人生のため割り切って行動するのも1つの手だと思います。

もし制度を適用できないと言われてしまった場合にはその会社は現代では時代遅れなため、他の会社で働くことも視野に入れた方が良いでしょう。

 

制度の対策

 

 

対策としては、周りの環境が良い場合もあれば悪く適していない場合もあるため、どうしても罪悪感や仕事がはかどらず終わらないと言った悩みが出てくることもあります。

勤務時間と比例してお給料が減ってしまうため生活不安や育児の疲れから制度をうまく使えず逆に悪影響になる場合もあるため周りの理解が重要となってきます。

そのため制度をうまく活用するためには前もって仕事の効率化を図り周囲に頑張っているアピールも時には必要です。

他に利用した際、同僚や上司、後輩などに前もって自分の仕事をある程度把握してもらうことも時には必要。

そのため、資料作りや業務の進行状況や教務のやり方などの手順などの流れを、誰でも分かりやすい内容にするなど工夫していつでも自分がいなくても仕事を終えることができるようにしましょう

 

他にも家庭内乗り換えも必要となってくるため制度を使う際はまず家族に一番最初に話していきましょう。

制度を使ったことがある先輩や制度を使っている最中の仲間が近くにいれば相談することもとても大切です。

そういった理解者が身近にいれば制度の上手く利用できるコツや極意を聞くのが手っ取り早いコツになることもあるので上手く制度を利用する1つのコツポイントです。

 

時短勤務の3つのメリット

 

①余裕が生まれる

 

 

単純に時短制度を使うことによって「育児の時間」や「体調管理など精神的余裕」&「時間的余裕」&「育児的余裕」のメリットが大きく挙げられます

制度を利用することにより数多くのメリットが挙げられます。何より自分が元気に動けないと仕事も育児もこなすことができません。

自分の体調を整えることは育児面、仕事面でも上手くいく秘訣なのでしっかりと体調を整えることが出来るのはとても魅力的なメリットと言えます。

 

②キャパオーバーを防げる

 

 

適正以上の業務を任される心配もなく大変な業務から外されることも場合にはありうる状況です。

一見良くない見方もできますがこの制度を使うときは育児が優先のため育児に集中でき、良い意味で仕事に力を入れすぎずに済むと言う育児視点でみた時にメリットに変わります

他にも周りから制度を使い育児で大変な人だから長い時間がかかる長期的な業務を任せる事は控えてくれるなど、周りの配慮やサポートを受けることができます。

仕事面、精神面でフォローしてもらえるなど、職場がより良い環境に向き仕事ができるようになることもあります。

 

③子供と過ごす時間が増える

 

 

やはり、1番は自分の大切な子供と一緒にいれる時間が増えることがメリットと言えるでしょう。

可愛い我が子と時間を過ごすのは理由が必要なくても常に一緒にいたいと思うのが親心です。

 

仕事の時間よりも子供の時間にあてることがとても大切な時期なので制度を利用して子供の養育が可能です。

他にもママ友と子育ての情報交換のためカフェや喫茶店に行くなど、日頃の育児の疲れをリフレッシュできたり活用法は様々。

旦那さんとの育児分担など家庭により時間を有効活用できる時間が増えてとても魅力的な制度となっています。

 

 

時短勤務の2つのデメリット

 

①罪悪感を感じる可能性も

 

 

やはり大きなデメリットとして常に罪悪感を感じてしまうのがデメリットとなります。

心理的に共に仕事をしている同僚たちより業務が減り楽をしていると思ったり思われたりしてしまうことが現実問題かなり多い悩みです。

子育てを理由にして短い労働勤務時間に変更すると言ったことになります。

制度だとしても仕事が大変な時期に差し掛かってしまった場合は周囲から羨ましがられることなどもあり、気分を害することもあります

なので、前もって制度を利用する際には、自分の立ち振る舞いを変えていくなどして誤解を解き理解やサポートをしてもらえるように心がけて仕事に取り込むことが非常に大事となってきます。

ことの時に自分が制度を利用したことにより、会社にメリットに繋がる工夫を提示することでスムーズに制度を利用することが可能

事前に会社のメリット点のアピールポイントを考え提示する工夫を準備しておくと良いでしょう

 

②任される業務が変わる

 

 

たとえ理解され周囲のサポートを得られたとしても悩みはまだつきません。

それは責任感のある重要な仕事などは労働時間が短いため任せてもらえない可能性もあります。

日頃バリバリ働く人であれば責任ある仕事を任せてもらえないと言うストレスになってくる可能性もあります。

さらに、時間が短くなったとしてもいつも通りの仕事量で働いてしまったりします。

周りの理解が得られなかったりすると短時間で仕事が終われないストレスや周囲の理解を裏切りたくないなどして自分を追い込んでしまう可能性があります。

自分に負荷をかけてしまい仕事を自宅に持ち帰るなどで仕事をしてしまう人もいるため意外にも時間を減らせばいいやと言う簡単なものではありません

それにより逆に寝不足や育児不足、労働時間外の自己労働に変わってしまい正当なる対価をいただけなくなってしまう恐れがあります。

実は本人の理解よりも周囲の人が積極的に進めたり、積極的にサポートしてあげることが1番のベストと言えるでしょう

仕事を選ぶ際にはそういった制度やサポートを前面に押している会社を前もって選ぶこともとても大事になってきます。

自分の会社がサポートをしっかりしてくれそうかなどを踏まえた上で制度を使っていくことが重要になってくるポイントです。

 

 

Geekly Media ライター

0