【知っておきたい!】「時短勤務」に関して徹底解説!その制度・法律面から、現状まで分かりやすく解説します。

勤務とは、1日の労働時間を減少させて育児に時間を回すための制度です。今回はその制度、法律視点から注目してまとめて紹介。さらに、制度の現場までわかりやすく徹底解説しています。他にも制度のメリット、デメリットなどを紹介。現状とこれからのどのようにすればいいかの対策などの流れも徹底解説しています。

 

 

時短勤務の今後の流れ

 

 

時短制度には理解を深める人は基本的に育児経験者か育児に関わる人や家族などが理解がある人と思います。

20代などの若い社員が中心の会社はあまり理解されない制度かもしれません。

社会は制度の理解や活用する人たちの状況を理解しサポートできる人が増えることが今後の課題となるでしょう。

理解を深めているためには子育てに関係する企業が一致団結しイベントなどで「制度の詳細などを説明」&「利用すれば利用した会社の同僚たちにコーヒー無料や特典サービス」を実行

それにより、会社での「時短勤務者=少ない期間しか働かない」などの誹謗中傷を軽減に取り組む工夫をしていくことも視野にいれると今後理解者&協力者を獲得できるでしょう。

制度を利用した結果として、会社内に良いイベントやサービスや特典などを積極的に行うことで若い人たちの理解を深めていくことが今後とても重要になってくると思います。

 

今後の時短勤務を活用する人へ

 

これからチャレンジする人にアドバイス

 

 

これから制度を利用する人は周りに理解されるための努力を怠らずに真面目に仕事に取り組むことが大切です。

誹謗中傷の言葉を浴びせられたとしても「自分のプライド&メンタル」を保つより「子供の安全」を優先する思考に切り替えることにより一時的に耐える訓練をすることも必要になってくるでしょう。

子供と家族の為にも無理なく努力することが何より大切なので、周囲に努力をしているアピールをわざとらしくない程度にしっかりして周りに見せることが時短成功の近道かもしれません。

 

まとめ

 

 

「育児の苦悩」よりその後の「子供との楽しみ」の方がとっても「長く重要な時間」となる人が多いと思います。

なので、周囲の理解や制度経験者などのサポートを受け、有意義な仕事と子育ての時間を大切にしていきましょう。

仕事と子育ての両立は頑張ればうまくいくものでもないため、旦那や周囲の人のサポートを受けることが有効的です。

人生は自分次第で悪くなったり良くなったりするので「良くない道に進んでいるなぁ」と思う人は一度立ち止まって冷静に考えてから対策を練り行動することをお勧めします。

Geekly Media ライター

1+