【大手企業/リストラ】実際にリストラは起こっている?現状とその要因を分かりやすく解説します!

映画やドラマなどでもよく描かれており、現実でもここ最近ニュースなどで言われているリストラ。最近では大手企業を中心に大量リストラが起こっているといわれていますが、実際にリストラが起こっているのか疑問を持つ人も少なくありません。今回は日本のリストラの現状と要因について、解説していきます。

 

リストラにらますいて考えよう

 

そもそもリストラって何?

 

 

ドラマや映画などでリストラを機に新たな人生を歩むような描写が多く描かれています。しかし現実でリストラにあったことのある人の多くは、そんな余裕はありません。最近では大企業を中心に大量のリストラ早期退職などが行われています。

リストラというのは、簡単に言うと企業が余剰となった人員を整理したり解雇したりすることです。ある日突然会社から伝えられ、まじめに働いている人に対しても起こりえることです。ではなぜ会社はリストラをするのでしょうか。

 

なぜ企業はリストラをするのか

 

企業はどんなときにリストラを行うのでしょうか。企業がリストラを行うタイミングとしては2つあります。ひとつは採算の取れていない部署などを整理するとき、そしてもうひとつは、企業が別の分野に進出するために体制を変えるときです。

リストラというのは、決して会社の経営が苦しいときにのみ行うわけではありません。別の分野に行くときも、既存の体制では対応できないことも当然ながらあります。そうしたときに抜本的な見直しとしてリストラをすることもあるのです。企業にとってリストラというのは決して悪いこととは限らないのです。

 

大企業のリストラの現状

 

嘘のようでノンフィクション

 

 

平成の時代から令和に突入するタイミングで、大企業を中心に大規模なリストラをする企業が多くありました。そのことはニュースなどでも取り上げられています。一見本当に起こっているのか疑う人もいるかもしれませんが、実は本当に起こっているのです

今回大量リストラを行った企業の多くは、採算が取れないためのリストラというよりは、若くて優秀な社員を多く取り入れるためにリストラをしたという企業が多いです。企業間の競争が激しい現在、企業としても若さと技術力のある社員で固めたいという気持ちがあるのです。

 

45歳以上は特に注意

 

 

今回のリストラで特に大きな影響を受けたのは、45歳以上の社員です。企業の中にはリストラと平行して早期退職を募集する企業もありましたが、それらの対象となっていたのは45歳以上の一般社員です。45歳以上の人ということは、まだ大企業で終身雇用されるのが一般的だった時代に入社した人たちです。

終身雇用といわれていた時代は、企業も技術力よりもとにかく人を募集していました。しかし時代が変わるにつれて企業間の競争も激しくなり、企業も次第に技術力を重視するようになりました。そうした企業の動きの第一歩として大量のリストラが行われ、そのターゲットとなったのが45歳以上の社員なのです。

 

なぜリストラが頻繁に行われるのか

 

安定神話の崩壊

 

 

大企業が突如大量のリストラを始めた背景として、大企業の安定神話が崩壊したことがあります。リーマンショック以降世界的に不景気となり、日本もその影響を受けています。最近、政府は景気は良くなっていると発表していますが、本当に良くなっているのであればこんなにリストラをしないはずです。

時代の流れとともに人々のニーズが変化するように、働き方というのも多様化してきました。そして現在では個人でも大企業と変わらないほどの売り上げを出す人も出てきています。そうしたことが重なり、徐々に大企業にあった終身雇用という名の安定神話が崩れてきているのです。

 

企業も40代をいじめたいわけではない

 

先ほどの部分で45歳以上の人を中心にリストラされていることを説明しましたが、ここで言いたいことがひとつあります。それは、企業は決して40代をいじめたいわけではないことです。企業としても、長年尽くしてきた社員を解雇したくはありません。しかし会社を残すためにはそうせざるを得ないのです。

人間というのはどうしても歳を取ってしまいます。当然歳を取るにつれて生産効率なども落ちてきてしまいます。リストラの対象となっている年代の人たちが入社してきた当時は、企業もそこまで専門的なことは教えていませんでした。その結果給料と生産効率がつりあっていない社員が出てきてしまったのです。

 

Geekly Media ライター

どーばー

1+