カテゴリから探す
Geekly
コラム
技術・
テクノロジー
職種・
ポジション
Web・
ゲーム
転職準備
転職活動
  1. HOME
  2. Geekly Media
  3. 転職準備
  4. 【大手企業/リストラ】実際にリストラは起こっている?現状とその要因を分かりやすく解説します!
  • 転職準備

【大手企業/リストラ】実際にリストラは起こっている?現状とその要因を分かりやすく解説します!

映画やドラマなどでもよく描かれており、現実でもここ最近ニュースなどで言われているリストラ。最近では大手企業を中心に大量リストラが起こっているといわれていますが、実際にリストラが起こっているのか疑問を持つ人も少なくありません。今回は日本のリストラの現状と要因について、解説していきます。

 

リストラにらますいて考えよう

 

そもそもリストラって何?

 

 

ドラマや映画などでリストラを機に新たな人生を歩むような描写が多く描かれています。しかし現実でリストラにあったことのある人の多くは、そんな余裕はありません。最近では大企業を中心に大量のリストラ早期退職などが行われています。

リストラというのは、簡単に言うと企業が余剰となった人員を整理したり解雇したりすることです。ある日突然会社から伝えられ、まじめに働いている人に対しても起こりえることです。ではなぜ会社はリストラをするのでしょうか。

 

なぜ企業はリストラをするのか

 

企業はどんなときにリストラを行うのでしょうか。企業がリストラを行うタイミングとしては2つあります。ひとつは採算の取れていない部署などを整理するとき、そしてもうひとつは、企業が別の分野に進出するために体制を変えるときです。

リストラというのは、決して会社の経営が苦しいときにのみ行うわけではありません。別の分野に行くときも、既存の体制では対応できないことも当然ながらあります。そうしたときに抜本的な見直しとしてリストラをすることもあるのです。企業にとってリストラというのは決して悪いこととは限らないのです。

 

大企業のリストラの現状

 

嘘のようでノンフィクション

 

 

平成の時代から令和に突入するタイミングで、大企業を中心に大規模なリストラをする企業が多くありました。そのことはニュースなどでも取り上げられています。一見本当に起こっているのか疑う人もいるかもしれませんが、実は本当に起こっているのです

今回大量リストラを行った企業の多くは、採算が取れないためのリストラというよりは、若くて優秀な社員を多く取り入れるためにリストラをしたという企業が多いです。企業間の競争が激しい現在、企業としても若さと技術力のある社員で固めたいという気持ちがあるのです。

 

45歳以上は特に注意

 

 

今回のリストラで特に大きな影響を受けたのは、45歳以上の社員です。企業の中にはリストラと平行して早期退職を募集する企業もありましたが、それらの対象となっていたのは45歳以上の一般社員です。45歳以上の人ということは、まだ大企業で終身雇用されるのが一般的だった時代に入社した人たちです。

終身雇用といわれていた時代は、企業も技術力よりもとにかく人を募集していました。しかし時代が変わるにつれて企業間の競争も激しくなり、企業も次第に技術力を重視するようになりました。そうした企業の動きの第一歩として大量のリストラが行われ、そのターゲットとなったのが45歳以上の社員なのです。

 

なぜリストラが頻繁に行われるのか

 

安定神話の崩壊

 

 

大企業が突如大量のリストラを始めた背景として、大企業の安定神話が崩壊したことがあります。リーマンショック以降世界的に不景気となり、日本もその影響を受けています。最近、政府は景気は良くなっていると発表していますが、本当に良くなっているのであればこんなにリストラをしないはずです。

時代の流れとともに人々のニーズが変化するように、働き方というのも多様化してきました。そして現在では個人でも大企業と変わらないほどの売り上げを出す人も出てきています。そうしたことが重なり、徐々に大企業にあった終身雇用という名の安定神話が崩れてきているのです。

 

企業も40代をいじめたいわけではない

 

先ほどの部分で45歳以上の人を中心にリストラされていることを説明しましたが、ここで言いたいことがひとつあります。それは、企業は決して40代をいじめたいわけではないことです。企業としても、長年尽くしてきた社員を解雇したくはありません。しかし会社を残すためにはそうせざるを得ないのです。

人間というのはどうしても歳を取ってしまいます。当然歳を取るにつれて生産効率なども落ちてきてしまいます。リストラの対象となっている年代の人たちが入社してきた当時は、企業もそこまで専門的なことは教えていませんでした。その結果給料と生産効率がつりあっていない社員が出てきてしまったのです。

 

 

リストラにあってしまったら?

 

在職中に雇用保険などについて確認しておこう

 

 

リストラというのはいつ言い渡されるかわかりません。何気なく仕事をしていたら突然上司からリストラを提案されることはよくあります。しかしそこで嘆いたりしても事態は何も動きません。最低限雇用保険についてある程度理解しておくことで、リストラにあったときでもすぐに動くことができます。

大企業の場合、社会保険に加入している企業が多いです。そしてその社会保険の中には雇用保険というのも含まれています。この雇用保険というのは、失業したときにかなり役に立ちます。突然のリストラに備えて、今のうちにその部分の知識を覚えておきましょう。

 

ある程度資金をためておくべし

 

 

とはいえ、失業保険でもらえるお金だけで生活をするのは無理があります。特に妻や子供など家庭を持っている場合、失業保険だけでは不十分です。そのため、ある程度資金をためておくと良いでしょう。普段の生活で無駄だと思える支出をカットするだけでも、簡単に余裕が生まれます。

そしてただ貯金口座にためるのではなく、積み立てNISAなどでためるようにすると良いでしょう。こうすることでついつい引き出してしまうことはなく、それでいてやり方次第で貯蓄を増やすことも可能です。とにかく何かがあったときのためにお金をためておくのが大切です。

 

明日からできるリストラ対策

 

副業を始める

 

 

40代で特にこれといったスキルもない状態での転職というのは、かなり厳しいです。そこで在職中に副業をしておくことが、かなりおすすめです。

副業を始めておくことで収入を増やすことができるのはもちろんですが、実績や経験を作っておくことで、転職をするときも非常に有利になります。40代になると、どうしても企業は即戦力や技術力を重視します。だからこそ副業で実績やスキルを身に付け、万が一に備えることが大切なのです。

 

お金の勉強もお忘れなく

 

大企業のリストラや年金問題など、最近の日本ではお金に関する問題が次々と出てきています。しかしそのような状態でも何もできないという人が多いのも事実です。その理由として、お金の勉強をしていない人がほとんどだからです。学校の義務教育でも、お金についてしっかりと勉強することはほぼ皆無といっても良いほどです。

リストラ対策として副業をしたり資格取得に励むのは良いことですが、お金の勉強も併せて行うのも重要です。最近では少ない積立額で投資や資産運用をする方法もあるため、そのようなサービスを利用して勉強すると良いでしょう。

 

リストラは他人事ではない

 

今回は今大企業を中心に起こっている大量リストラについて、その背景などについて解説しました。

 

日本の崩壊は既に始まっている?

 

 

大企業の安定神話が崩壊しているというのは、最近の大量リストラのニュースで既に知っている方が多いでしょう。しかしそれよりも前から日本の崩壊が始まっていることをご存知でしょうか。少し前に政府が年金だけで生活することは厳しくなる、という発表をしたニュースを知っている人も多いはずです。

企業の終身雇用などの安定神話、そして日本の社会保障が壊れつつある現在、日本の崩壊というのは既に始まっているのです。だからこそ、今から副業などをして備えることが重要なのです。これからの時代は、自分で動かないと生きていけない社会となるのです。

 

まとめ

 

ここまで大企業のリストラについてまとめましたが、決して会社員という働き方が悪いわけではありません。現在でもフリーランスとして活動する人の中には、会社員としての働き方を否定する人もいます。しかし今の働き方としてベストといわれているのは、フリーランスと会社員という二足のわらじ状態で働く方法です。

大事なのはひとつの職業に固執しないことです。常に収入の柱を複数持つことが、これからの時代重要となるのです。とはいえいきなり二足のわらじになるのは難しいです。だからこそ今のうちに勉強を始めるのです。令和の時代を生き抜くためにも、とにかくまずは勉強しましょう。

どーばー

Geekly Media
ライター

この記事が気に入ったら
シェアしよう!

  • twitter
  • facebook
1+

関連記事

求人数×IT業界での紹介実績数で、納得の転職をサポート。IT業界専門だからこそできる提案力を実感してみてください。