アジャイルHRって一体何?言葉の定義や目的、実践例などわかりやすく紹介します!

「アジャイルHR」と言う考え方を今回は紹介。「一体何?」の疑問点を解消していく事と同時に「アジャイルHR」の考え方の元となる「アジャイル開発」にも切り込んでいき解説。定義や目的をわかりやすく説明していき、アジャイルHRの導入事例や今後の発展、これから活用していきたい人に向けた転用の考え方も紹介します。

 

アジャイルHRって一体何?

 

 

アジャイルHRとは、「アジャイル」 = 「素早い」と言う意味を表しており、「HR」=「人事」を示しています。人事で仕事をこなすための1つの「仕事を効率化する考え方」として注目され、人事での仕事を効率化するスタイルを意味します。

 

この2つの意味を掛け合わせた通り、「素早い人事」と言う意味になり、この考え方は海外では普通に取り入れられている人事のビジネスのスタイルです。

従来の人事の業務スタイルは目の前の仕事に追われ、じっくりと案を練りながら確実に一歩一歩進んでいく業務スタイルでした。

アジャイルHRでの業務をする上での考え方は、従来とは考え方の思考方法などあらゆる業務にいたる、プロセス(工程)が対極をなしています。

素早く効率よく業務をこなしていくのが、アジャイルHRの考え方になります。

海外では人事の仕事を効率よく行う上で、アジャイルHRの考え方が主流となっており、日本で「この概念」を導入する会社は数少なく、現在その効率的な考え方が近年注目され始めているのが「アジャイルHR」と言う言葉になります。

 

言葉の定義や目的

 

①【定義】

 

 

アジャイルHRの定義について発生源は「アジャイル開発」であり、アジャイル開発とはIT業界のエンジニアにおける素早い開発を定義したものから発生しているのがアジャイルHRです。

よって、発生元の定義と同じく開発が人事に変わっただけの意味になるため、芯の定義は素早い人事となり、「人事のあらゆる業務を素早くする」というのがアジャイルHRの定義になります。

 

②【目的】

 

 

端的に言うと成果を上げることが目的です。「人事のあらゆる業務を素早くする」結果として業績が上がり、収益が伸びていくという点にあります。

てっとり早く芯を得ていることが重要で、しっかりと売上を伸ばすにはコミットした結果として、アジャイル概念が重要と明確になることにより、目的のためのプロセス的考え方の一つとして用いられています。

実際に今回の概念を導入した会社では他にも良い効果をもたらす結果に繋がります。

まず会社の組織全体の業務の意識が変わり、組織全体の業務に向かうマインドが変わり、そのマインドが浸透していくことにより、アジャイルHR本来の内容に加えて、全体の指揮や意思疎通が効率良くなります

結果このマインドてき全体に及ぼす効果も、アジャイルの概念と目的が同じなため、良いループに入るメリットが多く挙げられます。

 

【アジャイルHR】なぜ必要になったのか②

 

①【従来から現代へ移行した結果必要になる】

 

 

従来の人事では現在のIT業界の急速な成長により、あらゆる方面から、人事に関わってくる業務などのスピードについていけないのが現状の問題点として上げられます。

そこで、IT業界の急速な成長を助けている開発分野の思考的スタイルを、人事にも取り入れたのがアジャイルHRとなります。

 

②【実務例】

 

 

導入した例として料理のアプリケーションで有名な「クックパッド(Cookpad)」が挙げられます。

「クックパッド」が導入したチームは自律的な思考が生まれ、全体的はもちろん、個人的にも効率化が促進された効果をもたらす事例もあります。

この様な事例もそうですが、導入した結果、「個人の意識」と「チームの意識」と「会社全体の意識」がしっかりと現代の考え方に柔軟に対応し、良い方向に促進される効果も立証されています。

 

分かりやすく【まとめ】

 

①各項目まとめ

 

 

今までの「アジャイルHRって一体何?」、「言葉の定義や目的②」、「【アジャイルHR】なぜ必要になったのか②」で説明してきた項目の内容をわかりやすくまとめます。

 

1:アジャイルHRとは?

・人事での仕事を効率化する考え方

・海外では浸透しているが日本はこれから導入が始まると推測

2:定義

・IT業界のエンジニアが使っていた開発スタイルから発生したのがアジャイルHR

・「(開発業務を素早くこなす)=(アジャイル開発)」

・「(人事業務を素早くこなす)=(アジャイルHR)」

3:目的

・人事の作業効率の向上で収益に繋がることを目的としている考え方

・目的結果以外にも自律的思考能力が促進され結果目的に繋がっていく良いループ化

4:必要性

・従来の時代の流れから現代の流れへ移行するために必要

5:実例

・人材(個人・チーム・組織)の意識が自律的思考能力の促進立証済み

 

②アジャイル概念の思考と実行の流れ

 

 

アジャイル概念の思考と実行の流れになぜ人事の思考法として活用されるようになったのかについて説明します。

人事がアジャイル概念を取り入れる大きな要因として時代の流れが考えられます。

IT業界の拡大で多様化する現代ですが、様々な要因から時代おくれの組織が増え続けている現代。ものすごい成長で顧客のニーズや業界のビジネススタイルは、急速かつ柔軟に対応していかなければならない時代となって来ました。

そこで必要になってきた概念がアジャイル概念。会社組織の構成に大きく割合を占めている重要な役割の人事にも、大きく現代の流れが反映されてきています。

つまり、アジャイルと言う概念を取り入れ、柔軟に対応していくことが現代においての最大の収益に繋がるプロセス(工程)になります。

そこで今回は、そのプロセスを占める概念を取り入れた人事の仕事内容について簡単に解説します。

 

基本的にアジャイルHRの流れの要素をまとめました。

・企業の問題点となる成長の壁を洗い出しデータで解析

・解析したデータをもとに課題を特定し解決手段の模索

・デジタルデータの収集、分析、解析、の解析結果活用

・解析結果で小さく問題点の解消を目的とし複数回実行

・解消立証済みの要素にコミットし、本格的に拡大実行

上記の内容を下記で簡単に解説します。

 

・アジャイルHRの考え方を簡単に解説

まず、組織の成長のカギとなる要素を洗い出し問題点を特定します。

その問題点を解決するために情報収集、分析、解析を行い、解析結果を活用し、問題点となる要素の改善を小さく実行します。

実行した結果が有効だと立証された場合の結果だけに、コミットし力を入れていくと言うのが、基本的な考え方の流れとなります。

 

【アジャイルHR】の今後

 

 

もちろん、業績を伸ばすためのあらゆる手段として、他にも様々なスタイルが存在します。ですが、人事においての今後の対策としては、アジャイルの概念が最も適していると予測されます。

さらに、アジャイルHRの今後の流れは急速に成長するものと考えられ、アジャイルHRでの人事事業は今後も拡大すると推測できます。

 

これから活用していきたい人へ

 

アジャイルという考え方

 

 

アジャイルHRの考え方の元として「アジャイル開発」が挙げられます。IT業界のエンジニア開発の効率的な促進から、人事業務の効率的な促進の応用が利く「アジャイル」と言う考え方は、これからの現代のあらゆる業界にも当てはまると予測できます。

さらに、他の業界でも置き換えて当てはめていくことによって、効率よく進めることが可能なので、良い考えだと思った人は自分の仕事や効率化したい趣味などに応用し転換して、転用してみるのも面白い考え方で効率的でしょう!

 

まとめ

 

 

アジャイルの本質を理解した人は、この本質となる「素早い」の考え方を活用してあらゆる業界で応用して行くことにより、未来とこれからの時代を生き残る1つの手段として取り入れる事をおすすめします。

新しい時代には柔軟かつ素早く対応できるアジャイルの考え方がさまざまなステップアップの役に立つでしょう!

Geekly Media ライター

2+