【IT業界・働き方】女性が働きやすい環境なの??メリット・デメリット含めて徹底解説!

現代のIT業界では、男性比率が高く心理的先入観から女性が心理的不安を覚えやすい職業と思われているのは確かです。しかし最近では、むしろ女性こそ効率よくかつ収入も良いとされ、働きやすい環境や制度が他の業種よりも見直されています。人手不足ということもあり、スキルを身に付けてしまえば女性にとって有利な働き方が可能となっているのです!

 

IT業界【女性目線】

 

 

女性目線から見たIT業界は男性の割合が多く女性の割合が非常に少ないのが現実。現場はその通りですが、実はIT業界こそ女性が最先端的に働きやすい環境に整備された数少ない職業です。

その理由の背景には人材不足、スキル不足、女性目線のアイディア不足などが大きく挙げられます。

日本人の昔の考え方により、女性は適していないと思われる人が多かった時代から変化し、男性女性共に切磋琢磨していく事が好ましい時代です。女性が活躍できる時代に突入。

スマホなどが出てからはIT業界は急速に変化しその影響は数知れません。新しい時代を作る第一線がIT業界といってもいいくらいに最新技術&ビジネスのアイディアが生まれ競争が加速しています。

最先端の技術が詰まったアプリ、最新技術のロボットやAI、ARゲーム、3Dアニメ、配信サービス、最新家電製品などありとあらゆる日本の技術はIT業界が関わっている現代。自然と需要は急激に加速する一方、その技術や需要の加速の速さにIT業界以外の人たちにはそんな危機的状態を把握できる者はごく少数で、その中でやる気がある女性たちがIT業界に参入しています。

結果それでも人材不足が解決しないため、スキル不問でやる気があれば一から育てると言った育成求人が多くなる業界です。

それはIT業界では求人バブルと言っても良いかもしれません。IT業界が成長を続ける限りこのバブルは崩壊しないため、実は今美味しい話にもかかわらず難しそうというだけで手を出さない人が大半です。少し前までは男性達の職業で、スキル不足の女性は起用されなかった傾向にありました。ですが今はスキルを教えてもらいながら稼げる業界がIT業界です。

スキルが付けば女性のアイディアや感性は今までにないアイディア商品を開発できる事が見込めることが予想されます。

業界全体の問題点は男性のアイディア(男性脳での理論や分析面)は比較的IT業界には豊富に揃っており、一方女性のアイディア(女性脳での対話スキルや感性)はIT業界でも需要が増加しつつ人材不足と言う問題点がはっきりと明確になりました。そこで女性がスキルを身につければIT業界で活躍できる優秀な人材になると考えられ、以降女性の制度や支援が数多く見直されスキルも1から教えてくれると言ったIT企業が増えました。

IT業界が他の業界よりも先に先陣を切って女性の働き困難とされる問題をいち早く解決しようと動いている業界なのです。

IT業界は参入しやすく収益を出すことも早いため法人、個人、企業問わずに多くの人が参入しています。ですがその分撤退する企業も星の数にいます。ですが主に女性が働く環境としては企業に勤める正社員や期間社員、フリーランスとして企業からお仕事をもらう受注者側に立つことが多いと思います。

なので、事業に参入せずとも仕事をこなすことができ、その仕事を取ることにより生計を立てることができるため、長い目で見ても個人ではスキルが身に付き安定した業界と言えるでしょう。

見方を少し変えてみることで以外にも雇用形態関係なく安定して仕事ができ、なくならない業界と言えるでしょう。

 

IT業界の職種

 

女性が働きやすい職業

 

 

 IT業界は女性の働く割合が2015~2019年まで上昇している傾向にあり、これからも上昇すると推測されています。正社員やフリーランスとして女性が働く場合には以下の職種が臨機応変に立ち回れる主な職業が挙げられます。

・Webライター

Webライターは文字を書く事なため主婦の女性に比較的働きやすいと言われる職業。ある程度の文章力や経験がないと受注するのに苦労するかもしれません。ですが他の上げた職業と比較すると一番始めやすい仕事と言えると思います。

 

・Webデザイナー

Webデザイナーは女性が働きやすい職業といえます。スキルを身に付けるのも他のIT職と比べ簡単で覚えやすいジャンルとなります。

比較的理論や分析理論よりもクリエイティブ側の仕事で、打ち合わせなどのコミュニケーションやしゃべる機会が多く取れ比較的女性が働きやすい職種と言えるでしょう。

・システムエンジニア

ソフトウェアの中身のシステムを作る職業になります。様々なプログラム可能な電子機器を中心に開発や運用のシステム作りをする職種です。

職業によって開発するソフトは様々ですが例えるなら家電製品の中身のシステム作りなどの開発。もっと分かるように説明するとスマホの中のシステムを作ると言う職種になります。

・インフラエンジニア

主な仕事内容はインフラ機器の構築、設定を行う職種となります。次に挙げるとセキュリティー対策、予防対策、運用、などインフラ側の幅広い業務が主な仕事内容となっています。

 

 

女性が働きやすい環境

 

環境①女性が会社で働く環境

 

 

上記でもお話しした通り育児や出産などの女性の立場になった制度が導入されているのがIT業界で比較的女性優遇に積極的な業界です。アルバイトの一部に見られる自由な縛りのない条件に近く、働く環境下においてとても働きやすい環境になっています。

求人情報の詳細を見ると学歴不問、未経験可能、研修教育制度あり、残業なし、転勤なし、私服で勤務可能、育児との両立可能、女性管理職あり、など様々な待遇があり他にも職種により異なってきます。

 

環境②フリーランスで働ける環境

 

上記にも話したとおり働き方は様々あり、フリーランスで自宅やカフェで働くと言う方法も挙げられます。この方法は比較的女性が働きやすい環境だと思います。

フリーランスで働くメリットを挙げるとしたら自分で案件を選択できやりたい時間にやりたくなった時、主婦であれば家事の空いた時間になど納期期限を守れば自由に働くことができます。

場所や時間にとらわれず自由な働き方を実現でき、早く実現しやすいことから多くの人に選ばれている働き方です。スキルを生かし成長していくことにより給料アップが見込めるので将来の不安も軽減されます。

 

メリット・デメリットを解説

 

メリット

 

 

女性がIT業界で働くメリットをいくつか挙げていきます。

男女の違いや差別的な上下関係がなく、仕事で見られるのはスキルのみです。なので、おしゃれな格好や派手なメイクをしていたとしてもスキルがあれば大抵のことは問題ありません

しかもスキルがあれば勤めている会社を辞めたとしてもそのスキルが欲しい企業は多く存在し、転職を機会に給料アップの確率は確実性が非常に高いことからも注目される点です。手に職を持つことが可能ということです。誰だって始めは未経験、実績なし。スキルや経験が無くても受け入れてくれる業界が現代のIT業界とも言えます

IT業界は何も知らない状態でも正社員として雇ってもらいやすく、その見返りとしてスキルアップが求められることが多いため誰でもチャンスがあります

雇う側、雇われる側双方にメリットがあり、学びながら給料がもらえるのが最大のメリットです。

出産などの女性ならではの悩みや問題点を考慮した企業がIT業界には多く、育児をしながらでも働ける体制の完備も充実。リモートワークや在宅ワークを実現しやすく柔軟に働く事ができる環境があります

さらに実力があれば男性以上の高収入を得ることも可能。性別は一切関係ないと言うところがIT企業の強みだと思います。

結婚や出産の理由でいちど会社を退職しても何年後かに会社に復帰または再就職でのブランクがあったとしても仕事に復帰しやすいでしょう。

リモートワークや在宅ワークなら自宅やカフェで、海外旅行のホテル先でも仕事ができ、海外旅行好きの人にもとても良い働き方となります。とても魅力的なメリットが数多くあります。

 

デメリット

 

 

IT業界に慣れないうちは男性の比率が多く女性の割合が少ないこともあり、孤独を感じる可能性もあるのがデメリットと言えるでしょう。

ですが慣れるうちにだんだんとその環境にも適応していくためそこまで気にする必要はありませんもし気になるようであればフリーランスとしてカフェや自宅で働く方法もあります

IT業界は移り変わりが激しく変化に合わせてスキルや対応を柔軟に変更していかなければなりません。なので、マルチに対応できる人が優れていると言えます

一つのことに集中力を発揮する人でも前もってタスクを決めとくことにより柔軟に対応が可能なので、マルチ力に自信がなくても問題ありません

むしろ作業効率面で見ると優れているのでIT業界の変化に注意するだけでスキルや立場はアップすることが可能で適しています

 

今後のIT業界

 

女性のIT業界参入が今後の業界発展に繋がる

  

先ほど話したようにIT業界は変化が早い業界です。技術やトレンドが急速に変化する中、変化に応じて柔軟に対応できる人材が今後IT業界で生き残っていける人材として求められてくるスキルとなります。

IT業界に女性が入ってくる流れは増加し増え続けています。ですがまだまだ女性のIT業界不足とされています。今後の業界発展にも繋がる女性採用や優遇制度は揺るがない社会にますますなっていくことでしょう。

 

IT業界に挑む女性へアドバイス

 

これからチャレンジする人にアドバイス

 

 

マルチ力に自信がある方はいちどスキルを見つけ挑戦してみるのも良いのではないでしょうか。もちろん人見知りで人と合うのが苦手という方や子育出て忙しくて子供の面倒を見ないと行けない人でもフリーランスやリモートワークで働くことが出来る業界は嬉しいですよね

育成採用&手に職が持てる仕事としてIT業界は今バブル状態にあります。この機会を逃さずチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

 

まとめ

 

 

お子さんがいる主婦の方なども自宅で勉強でき、独学で学んだスキルでIT業界に転職する方法もあります。クラウドソーシングなどを用いて自由な働き方を目指してはいかがでしょうか

フリーランスであれば女性でも男性でも関係なく今後の働き方の最先端として注目されるのは間違いありません。いまさら遅いと言う人もいるかもしれませんがいつ始めても遅くはない職業です。10代~60代でも年齢は不問で誰でも始められる業界です。

Geekly Media ライター

1+